でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋根の修理と雪景色

 現在の積雪状況ですが、いつのまにか林道は除雪されて(森林組合の仕事だと思う)我が家に向かう枝道の入り口までは車で行けるようになりました。
 しかし枝道の日陰吹きだまり部分の多いところは未だ1m前後ありまして、自然に消えるのを待ってたら来月になるでしょうねぇ。

 我が家の敷地も南側は似たような状況で家庭菜園をはじめるのはもう少し先ですよ。
 ちなみに未収穫のダイコンやノザワナ等が一部残ってるから食べたいんですが、試しに掘ったら40㎝以上の積雪で探し当てるのが大変だからあきらめましたよ。…この時期の雪はガチガチに固くて「みぞれアイス」を掘るような感覚ですから…(^_^;

 似たような環境(中山間地)の知人談によると「降雪量自体は平年並みだったが低温続きで雪が消えない」とのことでした。


 さて、今日のメイン作業は屋根の修理です。
 とりあえずブルーシートで応急処置はしていたが、さすがに雨漏りの心配がつきまとうから放置できません。
 例によって「仕事がはやくて低予算」を考えたが、結局は同じようにやり直すのが一番という結論でした。

 材料は水道の部品と一緒にリストアップし買っておいたけど、いつものように頭で考えた以上の手間がかかり一日仕事になってしまいましたよ~。
 棟のトタン以外に波トタンも一緒に雪でやられ変形してたから、曲げたり叩いたりの作業に長引きました。
 私は所詮シロウトでプロの板金屋さんじゃないから技術経験に特殊な道具もありません。なのでハンマーとプライヤーにあて木の組み合わせで「何とかならんものか?」と格闘してたわけです。
 

 
 棟のトタンは新品を買って取り替えました。6尺の加工品の方が1畳の平トタンを加工するより安上がりだったんで決まりです。
 そして今回は釘より引き抜きに強いステンレスの木ビスを使い固定してみました。そしてコーキング材は塗装可能な「変成シリコンシーラント」を使用。
 もちろんシロウト考えのでたらめ仕事だから結果がどうなるかはわかりません。
 うん、これでダメならまた考えてやり直してみるだけのことですからね (^o^)

 そういや今回の作業をしてて、職人さんから昔教わったことを思い出しました。
 「屋根の釘打ちは垂木に効かせないとダメだよ」ってことを…。
 思うにそのアドバイスを忘れ野路板だけの部分に釘を打ってたから、想定外の力を受けた今回は雪に持ってかれてしまったんでしょうねぇ…。

 …豪雪や強風の地域じゃなければ問題ないことでしょうが、雪国に暮らす職人の知恵や経験の価値を思い知らされたわけです。
 実際に自分が失敗して実感しないと、親切な助言の価値もわからない私が馬鹿だったという結果の話でした。


 というわけで、とりあえずの作業は完了したけど日が暮れてしまったんで細かい仕上げはまた後日ですね(詰めが甘いのはいつものことだなぁ)。
 

 余談ですが山に戻って以来、体のあちこちが筋肉痛の日々です。
 ま、冬の間に楽をしてたバチが当たったようなもんで、体力が回復するまでは仕方ないことですよね …(^_^;

 




テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

木を伐る作業について少しだけ

 森林を開拓して生活空間をつくるには、樹木の伐採から始めるのが順番かと思います。


 太さが10㎝以下の細い木なら手鋸でも簡単で、1本だけならチェーンソーを持ち出すほどのこともないです。
 私は野良仕事の腰袋に「ゴムボーイ」という商品名の折りたたみ鋸(210㎜)を入れてて、枝切りや大工仕事なんかにも重宝してます。

 それ以上太い木にはこんな感じの手曲鋸を使いましたね。
 ホームセンターで2千円程度の安物だったけど、20㎝くらいまでのスギの木なら大した苦もなくサクサクと切れましたよ。…チェーンソーを手に入れてからは使わなくなりましたが。

 ま、今では伐採にエンジンチェーンソーを使うことがほとんどです。
 特にマツや広葉樹は堅い木が多いから手道具じゃ時間と体力を消耗しすぎますよ。
 そりゃ大昔の人はすべて手作業だったが、ひ弱な私に当時の人みたいな「体力、知恵、チームワーク」を望むのは現実的じゃありませんからねぇ。
 
 たぶん立木の伐採や薪作り等の「玉切り」のみでのんびり作業する用途なら、ホームセンターで3万円前後のエンジンチェーンソーで大丈夫と思います。
 私自身も3万円台の安物で40㎝くらいのカラマツを倒してましたからね。
 ただしログハウスみたいな「反則的な使い方」をするならパワー不足で使い物にならないし、電気式はさらにそれ以下でお話になりませんが。


 立木の場合は倒す方向に受け口を作ってからというのが原則で、昨年のブログ記事にも少し書きました。
 まず作業にかかる前に「樹木の状態」を観察する必用があり、その傾き具合や枝ぶりを見れば自然に倒れる方向の見当がつくわけです。
 しかし自然に逆らう方向に倒す必用も生じるんで、その時は強制的に引っぱることになります(枝を切ったりもする)。
 道具としてはチルホールが一番手軽な気がしますが、チェーンブロックとワイヤーに滑車の組み合わせという方法もあるようです。
 ちなみに我が家には当時(ボロボロでヤバい状態だったが)ユニックがあったからそれで引っぱってましたね。

 立木は広場空間がある方角や斜面なら低い方に向けて倒すのが原則なんだそうです。
 そういや我が家にユニックを入れる道をつくるため、しかも地形の関係からどうしても林の中のカラマツを倒す必用が発生したことがありましたね。
 その時は木々の間のできるだけ広い部分を狙ったのですが、1本だけ予定が狂って他の木に引っかかり倒れず困ったもんでした。


 ところで条件や段取りがよければ30分で4~5本倒すのも可能でしょうが、問題はその後なんですよねぇ…。
 まずは枝を片っ端から切り落としていくのだけど、地面に触れてる枝は下手に切ると木が転がって大けがする危険があります。
 なので動く方向を予想して逃げる体勢をつくっておき、ゆっくり少しずつ切りながら様子をみるわけです。

 ちなみに生木の重量はもの凄く簡単に動かせるシロモノじゃありませんよぉ~(薪ストーブの関係で長さ40㎝に切っても、持って運ぶのは今でも重労働ですし)。
 正確に憶えてないが確か太さ30㎝前後で3~4mに玉切ったカラマツの丸太でも転がすのがやっとで、人力はもちろん軽トラやトラクターで引っぱることもできませんでした。

 当時はユニックやユンボがあったから何とかなったけど、ログハウスの本に書かれてるような人力での建設は初心者、ましてや一人で達成するのは「まず不可能だ」と申し上げておきます。
 …バッテリーが寿命でユニックが動かなくなった時にチェーンブロックで梁を2本持ち上げて組んだ経験はあるんだけど、大変な手間と時間に体力を消耗してこりごりしたものでした (^_^;

 さらには「たかが1本」でも木を倒した後には信じられないほど大量の枝葉が残りますよ~。
 処分するには燃やすか放置して土に還るのを待つのが一番合理的なのかな?
 1カ所に集めるだけでも相当な手間だし大きな山が出来上がるのが現実です…。
 
  最後に木の根を起こす作業ですが、これはもう重機(ユンボ)の力を使うしかないでしょうね。
 そういや昔通ってた土方仕事でユンボが入れられず手作業で木の根を掘り起こしたことがあったが、5人がかりで1日仕事の重労働だったな…。
 我が家でもユンボでいくつか掘り起こしたが、重機の力でも条件で数時間から半日かかる大仕事でした。
 ただ、畑や道路とかにするだけなら30㎝程度掘ってチェーンソーで切りまくって埋め戻せば十分かと今は思うから深刻に考えてませんが。


 あと念のために書いておきますが、このブログを読んだだけで樹木の伐採をしないでくださいね(そんなアホウはいないと思うが)。
 私は林業経験が皆無の素人に過ぎないから、人様を指導したり有益な情報を提供できる立場じゃありません。

 さすがに無鉄砲な私でも初めは経験者の実演から教えてもらったし、大変危険な作業だからまずは経験者に相談することをお勧めします。
 さらに一人作業の危険性を十分に感じたからこそ、カラマツの伐採も後半はできるだけ経験豊富な知人に頼んでしてもらうようになった(切り倒した後は私の一人仕事だが)事実もあります…。

 
 …というわけですが、2日間格闘した割に散漫で中身のない作文になってしまいましたよ。
 うーん、知識経験に乏しい素人のくせに細かく書いてたらきりがない話だし、…この辺でやめときます。

 しかし樹木の伐採は私の山暮らしじゃ今でも恒例作業だから、業者に依頼する余裕がないなら自分でやるのが現実ですよね。
 ま、危険な作業ではあるがある程度の知識経験を身につければ、個人生活の自己責任レベルで何とかなるかとは思ってもいます。


テーマ:家を建てる - ジャンル:ライフ

安易な山小屋建設を夢想してみた

 なんだかのんびり適当にやってる冬仕舞いですが、この写真は人糞肥料を保存してる水槽を冬囲いしたものです。



 まぁ適当なもんでして寸法も水平も計らない「いい加減」を極めたようなやっつけ作業でした。
 屋根の波トタンは仮小屋を解体した時のものだし、それ以外は頂きものの廃材のみで木ビス以外はゴミみたいなモノの集成ですよ~。
 要するに水槽が雪で潰れず雨水が入らなければ良いだけの話ですからね。
 

 ちなみに私の大工仕事は釘を使うことが滅多になく、そのほとんどが木ビスをインパクトドライバーで作業してます。
 なぜなら釘は打つより抜くのが大変だから、簡単に解体してやり直せるビスどめの方が便利なんですよね。

 
 ところででたらめな仕事ながら出来上がりを見て考えたことがありました。
 …この山に来た当初はこんな形の少々大きい小屋を建て(床面積が12畳という構想でした)、それを別荘にしたら終わりにしようと思ってたわけです。

 この手の三角小屋は山荘とかで時折見かけますが、構造がシンプルで雪に強い構造なわけです。
 基本的に小屋組(屋根工事)のみで完成してしまうから、基礎ができた上なら仕事は早いと思いますよ~。
 構造材はホームセンターで安価に購入できるツーバイ(2×4)材で十分かと。ちなみに我が家の屋根垂木はツーバイ材ですが7寸勾配で3mを越える豪雪に耐えてますからOKでしょう。

 で、表面積の大半を占める屋根材は安価な波トタンで済ませ、妻側は好みの材料で仕上げたら良い雰囲気になりそうです。
 弱点としては妻側以外は壁が垂直じゃない(上に行くほど先細り…)から床面積ほどの広さが感じられないのと、タンスや食器棚とかの収納にデッドスペースができることかな。
 だからたぶん世間並みの生活をするには、あまり快適じゃないかなぁ…と考えてしまいますけどねぇ。

 それでもその手の家具類をあまり持ち込まないシンプルな山暮らし生活を目指すなら、余白を工夫するアイデアも生まれて逆に面白い課題になるかもしれませんね。
 たぶん基礎工事も含め、この程度のものであれば(いい加減な経験から考えた試算ですが)、2~30万程度の予算で建ちそうな気がしましたよ。


 などと人糞肥料の囲いを見て、しゃがんでタバコを数本吸いながら簡単安価に建てられる山小屋を妄想してたひとときでした…。

 こんな調子でサボりながら作業してるもんだからさっぱり仕事が進まないわけですが、そんなムダ時間を楽しみながら日々を過ごせるこの頃がとても嬉しかったりもします (^_^)



テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

いよいよ念願の屋根塗装 …3

 屋根の塗装ですが、やっと晴天続きに恵まれて3日間集中してできましたよ~。

 とにかくこれが最後のチャンスと思ったんで、他の作業はすべて放り出して食事もパンやイモにカボチャ(ホイルに包んでストーブの上に置いとけば食べられるんで)とかで済ませ、来客がないことを祈りながらペンキ塗り最優先の日々でしたねぇ…。


 他人が読んでも面白くないでしょうが、個人の備忘録として書き留めておきます。


 服装はペンキで汚れるだろうから、一番古くてボロい作業服を着用。
 履き物は地下足袋も持ってるけど履いたり脱いだりが面倒だから、投げ売り品を買っておいた足袋靴を使用。靴底が生ゴム系なんで滑りにくいです。

 

 刷毛はローラー式(波板用)を始めて使いました。細かい部分は小さな刷毛を使いますが、ローラーは仕事が早くて私みたいな素人でも簡単に塗れますね。
 塗料は当初油性のを予定してたが(油性が良いという職人さんのアドバイスによる)ローラー刷毛が「水性専用」と書いてあったんで仕方なく水性塗料にしましたよ。

 ちなみに既存のカラートタンは油性の焼き付け塗装と思われ、油性の上に水性は塗れないとのことです。
 しかしすでに色あせて粉を吹いた感じに劣化してるから、磨いてから塗れば大丈夫と思いました。
 …たぶん一般住宅のトタン屋根のほとんどは油性塗料だと思うし、それでも大丈夫だからこそ水性塗料が売られてると考えたわけです。
 とにかく理屈を並べる前にやってみて、それでダメならまた考えればいいやっ…という例によって投げやりな姿勢です。




 トタンはナイロンタワシでひたすら磨きました。
 しかし波板は作業が面倒で結構な重労働ですよ。たぶん右腕の筋肉はかなり鍛えられた感じだし体重も減りましたね。
 サビが出てる箇所は真鍮のワイヤーブラシで落とします。軽いサビなら鉄より真鍮の方が効率的だと思います。
 ちなみに磨く前と後を比べた写真です。




 今回はせっかく塗ったのに雨が降ってきて流れてしまったのが2回ありました。
 天気予報が当てにならない時期と地域だから、塗料をムダにしてしまい困ったもんですよ。
 さらに頑張って午後4時以降に塗ったやつも夜露で流れてしまいましたねぇ…。

 現実的にこの時期は、せいぜい昼前(朝露が消えてから)より午後3時過ぎくらいの間しか塗れないと思いました。
 それ以外の時間はトタンを磨く下準備ですが、これがまた予想以上に手間がかかるというか塗ってる時間より全然長かったりするんだな。
 しかも落ち葉の季節だから風吹けばすぐにこんな感じ。



 これじゃマメに排除したって塗料と落ち葉がどうしても多少は混ざってしまい、綺麗には塗れませんね。
 ま、考えてみれば日が短くていつ雪が降ってもおかしくないこんな季節に、素人が屋根のペンキ塗りすること自体「根本的に間違ってる」ような気がしましたけどね。
 しかし真夏は屋根が焼けてて死にそうになるから、結局は春から梅雨前の昼が長い時期か猛暑が去って紅葉する前の秋口くらいが適期みたいです。

 などと今さら気付いても遅いし、ここで投げ出すわけにも行かないんで何でもいいから区切りを付けましょうよ。


 ところで今回の屋根塗装は場所にもよるけど原則「下から上に」塗ってゆきました。
 というのは上から塗ると命綱に塗料が付いてしまうからですね。
 そして棟に近い部分は残して、最後にロープをどけながら塗ってゆくわけです。




 というわけで何とか全体の塗装を終えることができました。
 見れば塗りむらが目立つし本当は2度塗りしないとなんだけど、もうそんな時間はないと思います(塗料も残りわずかですし)。
 目的としては「とりあえず雪が落ちればよい」んで、続きは来春に剥げた塗料の補修とかも兼ねて2度目をやろうと考えました。

 で、一応は塗り終わった屋根の写真を撮ってみましたよ。
 西日のせいでカメラを構える自分の影が映ってしまったが、これもご愛敬かなぁ …(^_^;



 どっと疲れが出た3日間だったけど、久々に真面目な仕事をした達成感と満足な気持ちを得られました。


 余談ですが、一息入れて一服しながら屋根から眺める景色には幸せ感がありましたねぇ。

 

 何もない青空、冬を迎える季節の森。
 それらを疲れた無心でボーッと観てて想ったのは、結局私は国家や企業とかへまともに所属できないロクデナシに過ぎないということです…。

 だけど山の木々の中、そこで生活する生き物虫けら達の中に、できれば所属したいものだなぁ…なんて想いましたよ…。




テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

いよいよ念願の屋根塗装 …2

 半月くらい前から屋根の塗装をやってるんですが、さっぱり進みませんねぇ …(^_^;
 というのも最近は雨がちの天気だし、人様の仕事も結構入ってきてるから作業に適切な日がほとんど無いんですよ~。

 しかも天気予報が当てにならない時期というか地域だから、一日雨のはずが全く降らなかったり晴れの予報なのに雨だったりと困ったもんです。
 今回購入した水性塗料は油性より扱いやすくていいが、反面乾く前に降られると見事に流れてはじめから塗り直しになってしまいます。
 ま、こんな時期に屋根のペンキ塗りなど根本的に間違ってるんだなぁ…と思いましたが、ここで投げ出すわけにもいかないから続けてるわけです。


 ところで一部を除き7寸勾配(35度)の屋根だから命綱がないと作業できません。
 なので棟にロープを渡すわけですが、約6間のスパンがあるから長さが足りず煙突の囲いで(傷まないよう当て木をして)中継してますね。


 (これは半月くらい前の写真で、現在は紅葉がかなり進んでます)

 私はいつ死んでもいいやっ…と考えてるロクデナシですが、さすがに不条理な死に方は好まないんで(落ちたら痛いのがイヤだっ)万一に備え命綱を2本張ってます。



 腰袋の安全帯も棟からじゃ長さが足りないんで、とりあえず荷締めベルトをダブルで使用。
 たぶん登山用とかに良い道具があるんでしょうが、予算がないから今あるモノで何とかするのが基本ですね。


 ところで長引いてる最大理由が、下地のトタンを磨く作業だったのは予想外でした。
 真面目に錆を落として丁寧に磨いてたら、もうそれだけで1週間はかかりそうです。
 なのでだんだんというか加速度的な手抜き作業になって行き、それでもこの季節に夏の格好で汗だくになってる自分がバカバカしくて面白かったりしますよぉ …(^_^;


 で、一応効率を考えて波板を効率よく磨く道具も作ってはみたのですが…



 基本はナイロンタワシで錆びが多い場所にワイヤーブラシを使用ですが、同じ作業を繰り返す職人じゃないんで効率よい道具を考え工夫するヒマがあったら「手を早く動かす」のが総合的に一番効率的かと思いましたよ~。


 というわけで、とりあえず屋根の半分は塗れたかな。
 私は赤色が好きで、屋根も赤がいいよなぁ…って思ってたんですよ。
 できれば薪ストーブと同じみたいなワインレッド系の濃い赤が希望ですが、ホームセンターには「赤さび色」しか見あたらないんで妥協した次第です。



 …写真じゃ手前上部分が塗れてないんですが、これは雨で流れてしまったんですよ。
 天気予報じゃ「夜遅くから雨」とのことだったんですが、夕方に塗り終わったとたんに降ってきてガッカリです。
 水性塗料だから乾く前だと跡形もなく流れてしまいすねぇ。これで3回目ですよぉ…。


 ま、お天気だけは手が出ない領域だから、降られて仕事がパァになったところで「怒り、悲しみ、後悔」等の感情はわきません。
 …確かに経済的にはカツカツだけど、不運を楽しむくらいの余裕はあるつもりですからねっ (^o^)
それに自然相手の生活って、万事がこんな調子だから慣れてますよ…。

 だけど「別に超能力とかは欲しくないが、せめて天気を正確に知る能力だけは身につけたいものだなぁ…」なんては想ってみました。
 




テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。