でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストーブの煙突とダンパー

 半月くらい前の話ですが、薪ストーブの前面扉を開けると煙が出るようになりまして「煙突が詰まったかな?」と思い煙突掃除をしたところ(かなりのススが出た)良くなりました。

 しかしそれから1週間もたたずに再び煙が出るようになったんで「もしかしてアレかな?」と考えて久々に屋根に登ったところ、



 あ、やっぱ雪で潰れた煙突トップにススやタールが付着し、ほぼ完全に詰まってましたよぉ~。
 なにしろ乾燥不十分な薪や乾燥しててもススが出やすいマツの廃材にカラマツなんかを焚いてるもんですから、2次燃焼のストーブでも相当なススが出てしまいこまめな手入れが必用なわけでした。

 で、とりあえずハンマーで叩きワイヤーブラシで取り除いたところ解決しましたよ。
 



 余談ですが昨年塗装した屋根のペンキがあちこち剥がれてますねぇ。
 あれは水性塗料をローラー刷毛で塗ってみた作業でしたが、友人の弟がペンキ屋さん(塗装職人)なんで聞いてみたところ「屋根に水性はダメで油性塗料がいい」「ローラーは塗料の食いつきが良くないから刷毛でしっかり塗った方がいい」とのことでして、うーん事前に相談しときゃ良かったと後悔した次第です (^_^;

 ま、今のところはそれでもちゃんと雪が滑り落ちてるんで2~3年後に再び塗り替えかなぁ…って思いましたよ。


 話は戻りますが煙突の詰まりは困りものだけど実は「詰まる寸前」の方がストーブ本体からの熱もよく出て薪の持ちがいい事実を経験的に知ってたりもします。
 そこで取り付けてみたのが煙突用のダンパーです。
 


 構造的には煙道内部に円盤を仕込んだわけで、つまみを縦にすると煙がスルーして倒すほどに吸い込みを邪魔するようになってるんですね。

 そして実際に使用した感想ですが「効果あり」と思いました。
 細い薪やよく乾燥した堅木なんかは火力(吸気)調整レバーを目一杯絞っても、燃えすぎてしまい無駄に燃焼して熱を出してしまう傾向があるけど(たぶん2次燃焼室から空気を取り込んでしまうのが原因と考えてる)煙突ダンパーで調整すると無駄な炎を抑えることができて温度も下がらないし、結果的に燃費(燃焼時間)も良くなりましたよ (^o^)
 
 実はこのダンパー、数年前からストックしてた部品なんですが使わないまま放置してありました。
 我が家にはそんな感じで頂いたり買い置きしてあるが未だ使ってない材料が沢山ありまして、ここらでそれらを使用しながら処分するのが課題になってます。


 ここに来て一気に寒くなり雪も積もって真冬の気候になっているこの頃です。
 そして最近私の頭を支配してるテーマが「薪ストーブの能力をどこまで引き出せるか」ということで、今まで後回しになってた我が家の内装や細かい作業に取り組んでるところでした。





テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

電気の追跡調査

 昨日居間にあるサブPCの電源を入れたら起動しませんでした。
 それは中古品と手持ちのパーツで組んだやつで特にHDDが古い(160GB)なので、当初はHDDが逝ったと思いましたよ(過去にも経験してますし)。
 
 ところがスピーカからブツブツ変な音がするしモニタの様子もおかしいから、もしかしてPCの電源部が逝かれたかな?とも考えたが何とも不可解な挙動です。
 で、試しに風呂場のコンセントから延長コードで繋いでみたところ問題なく起動して使えますよ~。

 なので繋いでる居間のコンセントを疑ってみたところ電圧が不安定というか、特に負荷をかけると接触不良気味な感じで明らかにおかしい。
 ちなみに私は中高生の頃にアマチュア無線や電子工作に凝ってた時期があるんで、テスターとかの測定器は今でも持っています。
 そしてそのうち完全に電気が来なくなってしまいました…。

 分電盤のブレーカーを見たが居間に繋がってるやつは落ちてないけど、電気は全く来てません。
 そこでブレーカーの故障を疑ってみましたが、気が付くと居間だけじゃなく2階の電灯と玄関脇(外回り)のコンセントも停電状態になってますよ~。
 ネットで調べたらブレーカーという部品自体は滅多に故障するもんじゃないみたいだし、大体ほぼ同時に複数が連チャンで壊れるなんて通常じゃありえない話です。
 うーん、最近は雷もありませんでしたしねぇ…。


 ところで分電盤ってのは電気を引いてる家ならどこにでもあるモノで、我が家のはこんな感じ。



 左側の黒いのがアンペアブレーカー(リミッター)で、我が家は40アンペア契約、その隣(赤と黄色のボタンが付いてる)が主幹の漏電ブレーカーですね。
 そして右側に上下5列づつ並んでるのが配線用の個別ブレーカーです。

 通常は「単相3線200ボルト」で引き込まれていて、黒白赤という3本の電線があります。
 白は中点で「黒白」「赤白」に繋ぐと100ボルト、「黒赤」だと200ボルトが取り出せる仕組みだそうです。


 で、テスターで測ったところ停電してるのは下半分のブレーカー群なんですよ。
 とりあえず白いカバーを外して、さらに上下ブレーカーの間にあるカバーも外してみました。
 もちろんこの辺の工事は無資格の私にはできず検査も通らないし、それ以前に強電の知識に乏しいから電気屋さんにお任せの部分です。

 写真を撮っとけば良かったと思いましたが、初めて見る個別のブレーカーには導線じゃなく銅板の立体構造で振り分けてるものでした。
 その銅板をショートするように数匹のカメムシが死んでまして、もしかしたら連中が原因か?(鳥やネズミが原因の停電とかありますよね)と思って取り除いたが効果なし。…カメムシも野垂れ死になのか感電死かわからない結果でした。

 で、さらに観察してみると「黒白」「赤白」で上下のブレーカー群に振り分けてるんですね。
 そこで漏電ブレーカーの不良を疑ってテスターを当ててみたら、下に行ってる「黒」からの電圧がありませんよ。
 さらにアンペアブレーカーの入り口を測ってみたら、やっぱ「黒」に電気が来てませんねぇ。


 ということは引き込む以前に3線の1本が死んでるんだと判明しました。
 さらに敷地内の電柱電線も目視してみたが断線は見つかりません。
 ま、電気工事は無資格じゃできませんが、測ってチェックすることくらいは問題ないと思います…。

 屋内の分電盤以降は我が家の所有物で自己負担になるそうですが、外のメーター以降は電力会社の所有物で責任が生じることは知ってました。
 なので即、電力会社に電話しましたよ~っ。
 分電盤の故障なら電気屋さんや有資格の知人にお願いして実費がかかるから悩ましく頭が痛いが、屋外ならタダで済む話なわけです!

 電話の担当者は「すぐに手配してお伺いしますっ」とのこと。
 …その言葉通り30分もしたら我が家に来てくれました。職員は若くて理知的に見える感じの良い方でしたよ。
 私が知り得た現状を話すと「ヒューズが切れた可能性があります。もしそれなら10分ほどで直りますよっ」とのこと。
 話では送電線にも安全のためヒューズが設置してあるそうで、手慣れた感じで電柱をスルスル登っていきました。

 そして上空から「やはりヒューズが切れてたんで交換しました。回復してるか確認してくださ~い」と言われ見たところ、ちゃんと復旧してましたよ (^o^)
 というわけですが、原因を疑問視する様子もなかったので「よくあることなんですか?」と聞いてみたら「よくはないけど時々あることです」とのこと。
 …私が半日かけてたどり着いた以上のことを、やっぱプロの業者は知り得てるんだなぁ…と感心しましたよ。


 個人的にはできるだけ自分の生活を独りで完結させたい希望があるんですが、このように手が出ない専門分野はやはり「その道のプロ」にお願いするしかありません。

 確かに今の我が家は「95%以上を独りで建てた」自負もあるのだけどそれは作業だけの話で、実際は縁のあった沢山の人たちから助言助力の好意をいただいて成し得た結果であり、決して自分の能力実力だけで出来たものじゃないことだけは決して忘れちゃいけないと想ってます…。

 そういや電気の引き込みだって、お世話になった工務店(私はそこで土方のバイトをしてた)の社長が「アイツは貧乏だから最低限の工事で安く上げてやってくれ」と言ってくれたおかげで分電盤も中古品を用意してくれたりして格安で済んだ経験がありましたよねぇ。


 私は独りで過ごすことがやっぱ好きだし、たぶん今は世間でも人付き合いが最も少ない方の人種だとは思います。

 だけど今まで人との関わりを断ちたかった反面、それでも「人様との繋がりって本当に大切だよなぁ…」って山暮らしを始めてから実感する現実が多い事実もあり「結局は上手にバランスを取りながら生きてゆけたらいいんだろうなぁ…」などと考えてるわけでした。





テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

我が家の悪臭対策

 前にも書きましたが我が家のトイレは「簡易水洗」です。
 …過去記事と重複する部分も多いのですが再度書いてみますね。

 予算的には浄化槽を使う水洗式と変わらなかったんですが当時は電気が来てなかったし(浄化槽には電気が必用)、我が家では「無料だが貴重品」である水を大量消費することは許されないわけです。
 それに手造りの水道(電気ポンプで揚水してる)は年に数回はトラブルを起こし修理しないと水が出なくなる状況ですから、電気と大量の水を消費するトイレは採用できず簡易水洗式となった次第です。
 ただ少量の水で流すが基本的には昔ながらの「汲み取り便所」ですけど…。

 現在は汲み取った「モノ」を1年ため置いて発酵させてから畑の肥料に使ってます。
 しかし来客にあまり水を流されると肥料分が薄まってしまい、かつ頻繁に汲み取る羽目になるから考えたのが「畜圧式噴霧器」を使うことでした。
 通常の簡易水洗だと一回にコップ1杯分ほどの水を流しますが、これを霧吹きじゃなく糸状に水が出るように使って流す(というか洗う行為に近い)と水の消費が劇的に減ります。
 噴霧器のタンクは4リットルですが、独り暮らしの時は半月くらい持ちますよ。
 …我が家に初めて来たお客さんに、まずはトイレの使い方を説明するのが私の仕事でありますね (^_^;


 そしてここ数年は流す時にペットボトルに入れた「EMボカシ」をひとつまみ程一緒に混ぜるようにしてて(これは面倒なことだから来客には説明強要はしません)発酵促進と悪臭対策を兼ねているつもりでいました。

 だけどここ数年はそれでもトイレの悪臭が気になる(特に夏場)ようになりましたよ。
 構造的に簡易水洗は悪臭が上がらないはずなんですが、やっぱ流す瞬間に蓋が開いて便槽(肥溜め)からの匂いが逆流するみたいです。
 ま、臭突にファン(換気扇)を付ければ解決することでしょうが、個人的に電気のない生活をした経験からか生活に必須の部分はできる限り電気(他人)に依存したくない希望があるんですよねぇ…。


 ま、消臭剤や芳香剤のたぐいを置いてみたりもしたけど、ここらで根本的に解決してみたい気分になりましたよ。
 そこでいろいろ試してみたんだけど、まずは発酵促進という考えで噴霧器の水を数百倍希釈した竹酢液にしてみました。

 それから私は糠床で漬け物を作ってるんですが、床に溜まった野菜の水分や洗った漬け物から出る糠をシンクに流さず取っておき、用を足したついでにトイレに流すようにしてみました。
 それとコメのとぎ汁(玄米を食べることが多いからあまり出ないんだが)をペットボトルで黒砂糖やEMボカシで発酵させたやつ(本来は畑用に使ってる)も時々入れるようにしてみました。
 以上は乳酸菌等々沢山の微生物や酵素が生きてるもんでしょうから、何かしらの効果があるんじゃないかと思った次第です。

 …EM菌みたいにお金を払って買うものだと私の「野垂れ死に向かう」先細り人生じゃ将来性がないんで、とにかく身の回りにあるモノで何とかしなければ…って考えてるわけですね。

 で、その結果ですが明らかな効果があり、芳香剤とかを買う必用がないほどになりましたよ~ (^o^) 
 しかし個別のデータを取ることもなく無節操にあれこれやってしまったから、いったい何がどれほど効いたのかわかりませんねぇ。
 どれか一つが特に効果あったのか、それとも複合的に効いたのかさえもさっぱりな状況です…。
 ま、これが来年以降も通用するかはともかく学問的なことより身の回りにあるモノを活用して何とかなったこと自体が嬉しいわけですね。
 

 余談ですがキッチンの生ゴミ処理は、コーヒー豆と茶葉の出がらしをEMボカシと混ぜてタッパーに入れたものを床にしています。
 しかし一杯になる頃にはそれなりの悪臭(ドブみたいな匂い)がするようになってました。
 一応生ゴミを入れるたびにマニュアル通りEMボカシも一緒に入れてたんですが、これも考えを変えてみた。

 コーヒー豆と茶葉にEMボカシを入れるところまでは一緒だがさらに米糠を混ぜ合わせ、生ゴミを入れるたびにEMを追加する替わりにタッパーをシェイク(数十秒程度だが)するようにしてみましたよ。
 …米糠でEM菌を繁殖させ、悪臭を出さない好気性微生物を繁殖しやすいよう空気を入れてみるよう考えてみたわけです。
 そしてシェイクできなくなるほどになったらすぐ堆肥場に出してしまうようにしたら、これまた匂いがしなくなりましたよ~。
 これならホームセンターで購入してるEMボカシも大幅に節約できますね。


 というわけで、今の私はできるだけお金を使わず(他人への依存をせず)に我が家だけで完結循環できる方法を構築してみたいと考えています。 

 もちろんまだまだ完璧にできる状態に程遠い現実ですが、それを模索することが面白くて山暮らしの生きがいになっているわけですよねぇ…。



テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

大八車のシャンデリア?

 ずいぶん前のことですが知人から大八車の車輪を頂いてありました。
 田舎や観光地に行くと時々見かけるやつですね。

 我が家に来たのは野外に放置して汚れてたので、サビを落としペーパーで磨いてニスを塗ってみましたよ。
 そして使い道はすでに決まってて、居間のシャンデリアにしてやろうと考えたわけです。
 といってもオリジナルのアイデアじゃなく、どこかのログハウスで見たから「マネしてやろう」と思っただけなんだけど。


 しかしこれを丈夫に見栄え良く吊す決定打がどうしても決まらず、そのまま5年くらい放ってありましたよぉ。
 ま、私の山暮らしは思いつきで突撃しては結果のふがいなさに再度考えて修正する行動パターンが多いのですが、もちろんこのように「はじめから完璧な結果を求め」考えるだけで終わって行動しないこともあります。

 で、今年はおカネを稼ぐための仕事量(日数)が増えてしまい今日は1週間ぶりの休日。
 久々に(苦手な)部屋の片付けや模様替えをしてたら、床でたてかけてある例の大八車がどうしても邪魔になってしまいましたよ。
 このようにじっくり考えてるヒマがない時の方が行動が早かったりするもんで「もう何でもいいから吊り下げよう!」となった次第です。


 というわけで余り物のチェーンとロープでやっつけ仕事です。



 …とりあえず邪魔ものが片付いたんで良かったことにして、細かいことは気が向いた時にまた考えましょう。


 ちなみに配線ですが電気の引き込み工事の時に業者さんが気を利かせてくれたのか、電灯の近くにコンセントを付けてそれ経由で明かりが灯るようにしてくれましたよ。
 おかげで工事は短時間で終わったし、シーリングファンなんかもここから電源を取ってます。

 電球はLEDですが下半分しか照らさない弱点があり三つ叉ソケットを付けて上半分を照らす電球(丸太の影で見えないが)も同時点灯できるようにしてあります(来客時以外に灯すことはあまりないけど)。
 三つ叉のもう一つには暗くなると自動点灯するLEDの豆ランプが付いてまして、夜に帰宅した時は便利ですね。


 余談ですが最近はLED電球が安くなりましたねぇ。
 初めて購入した時は4千円近くして勇気と決断力が必用だったが、今じゃ千円以下でも買えるんで玄関とトイレ以外ほとんどをLEDに替えてしまいましたよ。

 しかしです。
 個人的に白熱灯の色や暖かい雰囲気が好きでLEDもキッチン以外「電球色」を使ってるんだけど、やっぱこの色や雰囲気はニセモノですよねぇ…。
 もう慣れてしまったから何とも感じなくはなったが、そういや白熱灯から付け替えた時の寒々とした無機質感を思い出しました。

 特に赤い薪ストーブが気持ち悪い色になるのが面白くないよなぁ。
 一応あれこれ付け替えて一番マシな色になるLEDを付けてるが、これが白熱灯だったら(自然光より)鮮やかな赤色に見えるんですよ~。
 話によると欧米では生活空間に蛍光灯を使うような無神経?なことをしないそうで、たぶんですが薪ストーブも夜の白熱灯に合わせた調色塗装をしてるんじゃないかと思ってみました。


 そんなわけですが、電球1個じゃ「シャンデリア」とはいえませんよねぇ。
 車輪を入手した当初は小さな電球をいくつも付けて…などと考えてたんですが、特にこれで支障ないし何より貧乏な私には電気代がもったいない!
 
 なのでLEDの小電球がもっと安くなったらシャンデリアみたいなことも検討してみようかと思ってるところでした。

 




テーマ:家具・インテリア - ジャンル:ライフ

水道と風呂のよろこび

 昨日今日は崖の途中にある水源地の復旧作業をしてました。

 まずは新しい電気コードを水源地まで引き回してポンプにつないだが、モーターは回るけど水は出ませんねぇ…。
 なので現場を調査すると、まずは水槽に注ぐホースの詰まりとポンプのホースカップリング金具の破損を発見。
 
 さらに数年前に枯れて倒れたナラの巨木がさらに滑って地面をえぐり配管を直撃、埋設した塩ビパイプがひん曲がり潰れてましたよ~。
 うーん、本当は倒木を片づけたいんだが人力じゃビクとも動きません。
 チェーンソーで玉切ってくしかないでしょうが、何せ崖の途中でしかも雪が溶けたばかり(西斜面なので早く消えた)で、グチャグチャ滑りまくりの恐ろしい状態だからちょっと無理ですねぇ。
 
 なのでできるだけ仕事がはやく低予算の応急処置を考え、雪道を歩いて必要な材料を買いに出かけました。
 で、とりあえずやってみたのがこんな感じ。



 いわゆる「バイパス手術」みたいなもんですね。
 ちなみに少し上にある白い固まりは残雪で、その上の紐みたいなのが電線です。
 ホースは農業用ポンプでよく見かける25㎜の丈夫なやつで、これにした理由はネズミにかじられないため(電線かじられて切断したことがある)と20m近い(正確に測ったことないが)高低差を押し上げて相当な水圧がかかるためです。
 当然ホースの接続もバンドでしっかり固定しないと外れて暴れるのは経験済みです。

 ま、ご覧のとおり極めていい加減な仮設作業でして、よい子の皆さんはマネしちゃいけませんよっ。
 もちろんこれじゃ冬は越せないから、それまでに何とかしなきゃいけませんけど…。

 とにかく他にもやることがてんこ盛りな上に人足はたった一人の山暮らしです。
 ひとつひとつを細かく完璧納得いくようこだわってたら、生活が成り立たなくなるんですよぉ~、という言い訳でした … (^_^;


 ところで風呂や洗濯用のシステムにも想定外の事故が起きてまして、水槽が空になってました(これも直さなきゃなぁ…)。飲用の水槽は別にしてあり無事だったんですが。
 というわけでやっと風呂に入れまして、そのありがたさを実感したわけです。

 しかし水の出が本調子じゃなくエアが入ってて、原因は吸い上げのパイプかポンプ自体の調子なのか?と考察中ですが、とりあえず水が出たんだからと細かいことは後回しになりそうです (^_^;





テーマ:生活向上のために - ジャンル:ライフ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。