でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クモの死にざまに…

 我が家の中にはクモがあちこちで生息しています。

 さすがに目立つ場所に巣を張られたら見苦しいから問答無用の撤去ですが、目立たぬ場所でやってる分には構わないんで放置してますよ。
 私の気持ちが通じたのかは知りませんが、今は嫌がらせのように屋内に巣を張る奴はいなくなりましたね。


 ところでキッチンの端っこ、窓の左隅っこ上の全く邪魔にならない場所にいつも生息してるクモがいます。



 脚を除いた体は1㎝にも満たない小さい奴だけど、もう何年もここでひっそり生きてますねぇ。左に見える丸っこい玉は卵みたいで、孵化するのを見守ってるのは間違いないかと思います。
 しかしこの時期はもう獲物はほとんどかからないだろうし、ほとんど飲まず食わずで番をしてるみたいですよ。
 全くといっていいほど動かないから時々息を吹きかけたりしてみると、少し動くんでちゃんと生きてはいるみたいです。

 そういや先日、別の場所ですが巣にカメムシが掛かり大騒ぎになってました。
 カメムシも自分より小さい相手だと相当な強気で威嚇してたし、クモの方も一応捕獲しようという意志は感じられるがひるんでしまって脚を一本チョコチョコ出しては引っ込めの状況でした (^o^) …結局は逃げられてしまいましたけどね。


 ま、正直クモの生態には関心ないんで、正確な時期は憶えてないが確か春頃かな?
 卵がかえると体が1㎜に満たないほどの子グモ(百匹以上はいると思う)が大量発生する場面を時々目撃します。
 そして2~3日は周辺にたむろしてるがそのうち消えてしまう…きっと窓の隙間から外へ旅立ったんでしょう。そうでなきゃ今頃我が家はクモの巣だらけになってるでしょうからねぇ。

 …自分の子供達が無事に生まれ旅立ってゆく姿を見届けるクモの気持ちを考えてみましたよ。
 なんか人間の多くは自分たち以外の生物に「喜びや楽しみ等々」みたいな人間的感情?を認めてない風潮があるような気がします。
 でも山暮らしの体験から想うに私が出会って見聞きする山の生き物たちは歌ったり遊んだりしてる鳥や哺乳類たちはもちろん、小さな虫けらだって自分で考えては立ち止まったり行き先を決めたりとそれぞれに個性があるように見えてしまいます。

 だからクモだって子供達の誕生と無事な姿を見ることに幸せや喜びを感じてるんじゃないかと想えてなりません。
 クモの寿命ってそんなに長くないと思われます。
 たぶんその中の数匹がここに残り、この安全な場所?で子孫を残す役割を負ってるのかもしれないと考えたりもしましたよ…。


 ちなみに人間界では「益虫」とか言われてますが、個人的にはどーでもいい話です。
 とりあえず家主の私に迷惑や不愉快な気持ちを起こさせなければ、こんなボロ家を気に入ってくれて悪い気がしないってだけのことだな。

 確かに人間とは全く異質の生き物ではありますが、自由に生きて子孫を残したい気持ちには私と繋がる部分があるんじゃないか?という気もしてますよ (^_^)


 ちなみに最近はトイレの、やはり窓の左上の隅っこに生息してるクモがいることに気付きました。
 やはりそいつも卵のそばで動かずに見守ってる状態です。

 そしてその10㎝ほど下にはもう一匹のクモがいますが近くに卵は無くて、よく見たら干からびてカビが生えてますよぉ。
 本能と仲良く自由好き勝手に生きた上で、最期に子孫繁栄の様に満足して世を去ったんでしょうか…?
 個人的にはそんな生き方がとてもうらやましく思えますが、人間以外の生き物には普通のことなんでしょうね。
 
 たとえ天寿を全うしたとしても、山の生き物たち最後に待ってるのは「野垂れ死に」なわけです。
 だけど山暮らしで沢山の生き物たちの死骸を見た経験から、やっぱ正しい死に方はこれなのでは?と考えてる自分がいます。

 そんなことから私は「死んでも葬式や墓は不要」と考えてるんですが、これ以上「バカキチガイ」と人から思われたら困るんでブログ以外の現実では他人様に多くを話さないことにしています…。

 
 

テーマ:ナチュラルスタイル - ジャンル:ライフ

リスと出会う朝

 今朝、コーヒーを飲もうかとキッチンに立ったら、

 

 窓の前にあるクルミの木にリスです。数年前からここで共に暮らすいつもの奴ですね。
 相手も気付いて目が合ってしまい、警戒はしてるが今回は逃げる様子もないんでじっくり写真を撮らせてもらうことにしましたよ~。



 美味しそうに一所懸命クルミを食べてる姿がカワイイですね。
 ま、ネズミの体と尻尾が大きいだけの奴と言われればそうなんですけど …(^_^;

 


 色合いが好きなんでカメラは今でもオリンパスの古い「E-1」をよく使ってますが、あれは結構クセのあるやつで私の腕じゃ使いこなすのが難しい。
 今回みたいに手持ちで望遠(ズーム)レンズを使用する時とか面倒な条件の時は、素直に「手ぶれ補正」が付いた新しめのボディを使うがやっぱ正解でしたよ。




 で、食べ終わってヒマになると身繕いなんかしてますねぇ。
 …自分が大好きだから、その体を大切にしたい気持ちが伝わってくるような気がしました。




 個人的には動物好きなつもりだし、できれば山の生き物たちと仲良くしたいという願望はあります。
 でも私自身が餌付けされたくないタイプの人間か?と思ってるんでエサで釣ったりはしたくないんだなぁ。
 それにリスに関していえばこの時期、食べるクルミやドングリは地面にいくらでもありますしねぇ…。

 なんというか理想的には私が外で一服したり寝転がってる時に、近くに現れて一緒に昼寝してる程度の関係でいいわけです。
 同じ時と場所で生活してるんだけど、生きるスタイルがまるで違う者同士だから別に深くて親しい仲になる必用もないでしょうからね。

 しかし今の世の中には無意味な殺生をする人間も多いことだし、私だってろくな人間じゃないのだから基本的には人間になつかない方が良いだろうと想い、とにかく「人を見たら逃げるが勝ち」ってのが現状では正解だとも考えてるわけです…。





テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

今年こそはカメムシ対策

 私は風呂好きじゃないんで暖かい時期は湯船につかることがないんですが、最近は気温も下がってきたからちゃんと風呂を沸かすようになりましたよ。


 で、浴室に入って驚いた。壁に沢山のカメムシが這い回り飛び回ってますよ~!
 今の我が家は中古のユニットバスなので侵入する隙間がないはずだが、よく見ると換気扇がその経路と確認出来ました。
 換気はダクトで壁から出してるんだけど、網とか付けてないからそこから入ってきたんですねぇ。
 今日は沸かしてる間浴室の照明を消し忘れてたんで、たぶん壁の穴から光が見えて集まってきたのでしょう。カメムシも光に向かって行動する習性がありますから…。

 ざっと数えて10匹以上が這い回り飛び回って湯舟にも落ちてくるし(湯に触れると例の匂いを出します)のんびりできる状況じゃありません。
 しかも頭に止まってるのに気付かず流したとたんにあの臭気です。…臭くてかなわんから再度洗髪したわけですよぉ (^_^;

 今日は風呂の残り湯で洗濯する予定だったが、それどころじゃないから中止。
 とりあえず屋内の拡散防止に扉を閉めて、さらなる侵入防止ということで換気扇を回しっぱなしにしときました。


 ま、先日から屋内で単発的に発見してるんだけど、この時期にこれほど出てくるようじゃもしかして久々の大発生かもしれませんよ~。

 そういやキッチンの換気扇もカメムシが侵入する隙間があるし、自作の窓も経年変化で隙間が生じています。
 ログの隙間はコーキング材で大体塞いであるが、まだまだ完璧じゃありません。


 というわけで刺したり食い物を荒らしたりとかはしないが、非常に迷惑な存在であります。
 もちろんカメムシ自体が悪じゃなく、連中に侵入されるような家を建てて住んでる私の問題かとは考えますが…。

 でも大量に入ってこられた後じゃ手遅れになるから、とにかく明日はカメムシ対策をしなければって考えてしまいました…。



猛暑とトノサマガエル

 うーん、帰宅して体験した猛暑には参った。
 北海道に避暑してたのはたぶん正解だったんだろう、などと思った今日でした…。


 優先順位として跡地に秋冬野菜を植える関係からジャガイモ掘りをはじめたのですが、あまりの暑さに気持ち悪くなって…。
 一応鉢巻き頭に麦わら帽子をかぶり首からタオルを掛けて完全防護してたつもりだったが熱中症になってしまったみたいです。
 悪化させるとやっかいなんで作業を中断し、扇風機で体を冷やしてから昼寝タイムにしましたよ。


 しかし今年の猛暑は尋常じゃないっ。
 6月頃から気付いていたが日差しと熱が強烈で、目を閉じてても太陽の位置がピンポイントでわかるほどでしたねぇ…。

 しかも今は9月の中旬です。
 すでにヒグラシの声は無く時期に乗り遅れたツクツクボウシがわずかに鳴いてるだけで、今は秋の虫が昼間から聞かれる状態であります。
 それでも日光だけは季節はずれの強力パワーで注いでるんですよ~。

 何か非常に違和感を感じるわけですが、話じゃ今年は太陽活動が異常に活発なんだとか。
 反面私の体調はそんな太陽と裏腹に毎日やたらと眠い状態で旅先じゃ昼寝ばかりしてましたよねぇ(ちなみに普段は昼寝する習慣はない) …(^_^;


 1ヶ月留守にしてすっかり荒れてしまった家庭菜園についてはいろいろ書きたいこともあるんですが、とりあえず小さな田んぼは水が干上がり失敗してました。…コメじゃなく藁を作って終了っという感じです。

 で、水を補給するためイネの横に水槽を置いといたんですが、



 あれっ、カエルが住んでるみたいですよ~っ!
 ちなみに水槽は左官用の「舟」と呼ばれる道具で、この中でモルタルやコンクリートを練ったりします。
 ま、しばらく使う用がないんでとりあえず水溜めの容器に使ってたわけです。

 よく見るとトノサマガエル(ダルマガエルかも?)みたいで3匹いますね。



 ちなみに昨年もバケツイネにカエルが遊びに来てたのを目撃したし、たかがバケツや水たまりでもアメンボや正体不明の水棲生物が発生するのが不思議ですねぇ。
 ここは地形の頂上付近だから自然落下で水を引けず天然の池も無い環境ですし。

 でも裏の崖下には湧き水を引いた田んぼの跡があってホタルも生息してるんだけど、わざわざ水のない上の我が家までカエルやイモリ達が遠征してくるのは面白いもんですね。
 そういや今年は蚊が大発生して大変なことになってますが、カエルが食べてくれるのか「舟の池?」にはボウフラがいなくてありがたい話です。

 
 ところで私はこんな生活をしてる割に自然や生物生態系の知識に疎い方でして、このブログをやるまでロハスやビオトープなんて言葉すら知りませんでしたよ。
 だけどこんな雨水が溜まっただけの小さな水たまりでさえ、生活空間として利用してくれる生き物がいるってことは山暮らしの人間として嬉しく想う出来事でした。
 
 なので我が家に「小さな池」を作ってみようかな、なんて考えたりもしてるところです …(^_^)



テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

山に住む虫と鳥に人間の近況

 うーん、いつの間にか8月になってしまいました…。
 例の台風以来気温の低い日が続いたが、ここにきて30℃に達する真夏日が戻ってきましたよ。


 先日話題にしたセミですが、ヒグラシを別にすれば例年通りに鳴いてて昨年より少し多いような気もしてます。
 そういやヒグラシって集団で鳴く習性があるのかな? 聞いてると最初に1匹が数秒声をあげると数匹から10匹くらいがそれに応え、その連鎖反応で大合唱に発展してゆく感じですよ~。

 我が家では初夏からトンボがボチボチ飛んでまして、今年は登場が遅かったがこちらも例年通りみたいです。
 これでアカトンボが出てきたら「秋が早そうだ!」と思うけど、今のとこ目撃してません。

 今年はカマキリをよく見かけますがまだ成虫になってないみたい。コオロギやバッタ類も豆粒みたいに小さい時期ですね。
 あと今年はチョウやハチ類が極端に少ないです(なのでイモムシ毛虫もあまり見かけない)、とりあえず野菜の受粉をしてくれる程度には飛んでるんで個人的には今んとこ無問題ですが…。

 あと害虫?のウリハムシが2年連続で大発生してますよぉ。
 今はキュウリやカボチャとかウリ科野菜の元気がよくて葉を食えないらしく、弱ったジャガイモの葉やピーナッツにシソの葉なんかを食してました。


 野鳥に関して珍しいと思ったのは今でもウグイスやクロツグミが歌ってることでしょうか。

 もちろん春先みたいに長時間鳴いてることはありませんが、ヒマを見つけちゃ出てきて楽しんでる感じです。
 ウグイスは今年デビューした新顔みたいで、型にはまらないオリジナルの鳴き方を研究してるみたい。
 しかし線が細くて声の通りがイマイチですねぇ。しかも威嚇するときでさえ聞いててムカつくようなけたたましさがなく、鳴き方のオリジナリティを工夫してるみたいな調子です。
 ま、個人的には面白いやつだと気に入ってて、できれば長生きしてもらいたいなぁ(ウグイスは10年以上生きられるそうです)と想うわけでした (^_^)

 一方クロツグミも先日面白い場面を耳にしました。
 いつものレパートリーを早口で、しかも即興アレンジを交えながらあれこれ歌ってたんですよ(現代音楽ならジャズ、クラシックならトッカータみたいなもんでしょうか?)。
 しかも自信がないのかボリュームは控えめの、お披露目目的じゃなく自分のためだけにやってる感じで、もしかしたら作曲中なのかなぁ?なんて考えてみました。
 で、今日の昼間は今までの曲を少しいじって一工夫したような歌、そして夕方には今年の新曲を初披露してくれましたよ~っ (^o^)

 私は最近(ここ数年)好きな楽器や歌をサボりがちですが、連中の音楽に対する姿勢は見習わなくちゃ…なんて想った次第です。


 というわけで、最後に私の近況です。
 胸の痛みが治まらないので先日病院で看てもらったら肋骨を折ってた事実が判明し、仕事をしばらく休養することになりましたよ …(^_^;

 ま、今年はあまりに忙しく山暮らしの作業がろくにできない状態で「何とかしなければっ」と思ってたところなんで、良い理由ができてラッキーだったかもしれません。

 考えてみればおかげ様で当座の生活費は稼いであるし、独り暮らしのお気楽身分だから深刻になる要素もない。
 それに肋骨はこれといった治療法もなく、基本は放置して自然治癒に任せるしかないそうです。…つまり無理せずのんびり過ごすのが一番というわけですねっ。

 もちろん今でも痛みはあるが、レントゲンで観たら骨は一応くっついてたし(半月くらい骨折したまま働いてたんだなぁ…)とりあえず車の運転や日常生活レベルなら支障はありません。
 なので2年ぶりの北海道旅行に青森ねぶた経由で行こうかなぁ、なんて考えてるところですよ~。

 そういやかれこれ2年近く日帰りの旅行すらしてませんでしたから、たまには呑気な旅を楽しむのもアリかな?と想うわけでした。




テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。