でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての薪割り機と腰痛

 ついに我が家に薪割り機が登場しましたっ!



 もちろんこんな数十万もする高額機械を買えるわけもなく借り物ですが…。

 話じゃ国産の薪割り機は非力で(最近のはそうでもないらしいが)やはり舶来品の方がパワーがあって優秀なんだそうです。
 だけどエンジンだけは故障知らずで耐久性のある国産にかなわないから、ホンダやカワサキ等に交換するとか。
 今回のはカワサキのOHV単気筒エンジンが搭載されてましたが、個人的にはこの手のエンジンを積んだオートバイを作ってほしいものですよ~っ。

 
 で、早速使ってみましたが、やっぱ油圧の力は凄いですねぇ…。
 今までの斧で割ってた時の数十倍も楽ですよ。
 手作業だと木口の割れ目や節の位置とか考える必要があるが、そんなの全然関係ない。いつもは苦労する節をものともせず引き裂いてしまうわけです。

 慣れれば3日もあれば1年分の薪が作れてしまうそうで「いけないモノを知ってしまった…」と、もう斧を振り下ろして汗だくになる世界には戻れないと思いましたよぉ …(^_^;

 
 ところが困ったことに作業を始めてすぐに腰を痛めてしまいました。
 なにせ4ヶ月近く都会で引きこもり生活をしてて、すっかり体力が落ちてることを忘れてたわけです。
 というわけで1時間ほどで作業中断になってしまいました。
 
 丸太はストーブに合わせて40㎝にカットしますが、それでも生木のカラマツは十分に重いです。
 そして調子に乗って不用意な中腰作業をしたから、痛めてしまったんでしょうねぇ…。


 ま、こんなことで不本意な結果となりましたが、薪割り機の威力は感動的でした。
 一応2日の約束で貸していただいたのですが、たとえ腰が大丈夫だったとしても作業を終わらせるのは無理だったでしょうね。

 次はいつになるかわからないが、今度はあらかじめ長さに切ってすぐにどんどん割れる段取りにしておかないと3日で終了させられないと思いましたよ…。


 

テーマ:快適な生活のために - ジャンル:ライフ

刈払機のノコ刃

 敷地をコンクリートやアスファルトで固めない限り、山暮らしで草刈りは必須作業です。

 「植物だって生きる権利があるんだし、適当に生やしておけばいいじゃないか?」というのは都会暮らしをしてた頃に私が考えたことでした。
 ところが実際に山暮らしを始めてから「放置すると手が付けられなくなる」ことを知りましたよ~。

 雑草は夏になると背丈を超えて繁るし、雑木は数年で撤去が困難になるほど根が張ってしまいます。
 前に諸事情で2年ほど草刈りをしないことがあったが、元に戻すのが大変でしたよ。
 なので少なくとも年に数回は敷地の草刈りが必用なわけです。


 ちなみに今一番欲しい道具が刈払機(草刈り機)ですね。
 現在使用中のはボロボロの廃車状態で何年も放置されてたのを頂いて、それをとりあえず動くように修理したのを何とか使ってます。
 だけどもう限界が近いようでして、とにかく調子が悪くて困ってますよ。
 思い切って新品を購入すればきっと10年は心配いらずで使えるんだろうけど、貧乏なので決心が付かないままでいます (^_^;


 ところで使用する刃だけど、私はチップソーで決まりです。
 使い捨て(一応目立ては可能ですが)だけど私の場合は敷地と林道の草刈りだけだから数年は持つし、ササや3㎝以下くらいの樹木なら簡単に切れますからね。
 ま、石とかに当ててチップを飛ばしてしまうから個人的には安物の刃で十分です。

 森林組合で働いてた知り合いの爺ちゃんはノコ刃を愛用してました。
 切れ味が少しでも落ちるとすぐに別の刃に替えながら日に数枚使って、帰宅してから目立てをしたそうですよ。
 私も教わって目立てをした経験がありますがチェーンソーより難しくて、神経を使う割に上手く出来ずあきらめてしまいました。

 あとナイロンの紐も愛用者が多いけど、あれは刃物でスパスパ切らずに引きちぎる感じで草に与えるダメージが大きいそうです。なので再び伸びるまでの時間差が大きいのがメリットとか。それと刃物じゃないから石や固形物に当たっても問題ないのが良いですね。
 で、私も試したことがありますが、庭や田んぼの草なら楽勝だけどササや樹木には無力だし紐がよく切れるんだな。さらに小石に当たると自分に飛んできて痛いし、引きちぎった草の汁や繊維が服に付いて、刃物に比べるとかなり汚れるんですよねぇ。

 というわけで結局はチップソーに落ち着いたわけです。


 そういや先日2日ほど草刈りの仕事に出ましたが、そこでは機械を貸してくれるから自分のを持ち込む必用がありません(私のは人様の仕事に使えるようなシロモノじゃないし助かります)。
 …そこで見慣れない刃に遭遇しました。



 石に当たっても刃にダメージがない構造で、切れ味が落ちたらひっくり返して使えるそうです。
 砥石で簡単に研げそうだし興味が出たから実際に使ってみましたよ。
 …でも切れ味はチップソーには劣って、ササやヨシ(アシ)は何とか切れるけど細い樹木は無理でしたねぇ。
 それと確かに石とかには安全なんだろうが、当たると凄い音やショックがして驚いてしまいます。

 うーん、山暮らしの草刈りではやっぱチップソーが王道なんでしょう、と思った次第でした。



テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

ボロ車のハイテク事情

 そういや明日から休日の高速道路が安くなるそうですね。
 私もそれに合わせて山に帰ろうと考えてるけど、困ったことにまだ荷物をまとめてなかったです (^_^;


 ちなみに以前も書いたけど愛車はワンボックスの軽自動車で、10年選手で走行距離が12万㎞というボロ車を2年前に買いました(タイミングベルトは交換済み)。
 パワステ、パワーウインドウ、オーディオ等の便利機能が全く無いマニュアルミッションの商用車で(税金が年額たったの4千円!)、内装の痛み具合から現場仕事で使われてたと推測されます。
 でも調子はすこぶる良くてエンジンは一発一瞬で始動するし、燃費はちょい乗りで12、3㎞(旅では18㎞いきました)、そして100㎞以上のスピードで巡航も可能だからまだまだ乗り続ける予定ですよ~。


 購入時は何も付いてない車だったけど、現在はいくつかの便利グッズを取り付けてます。
 まずは前の車から外したFM付きのCDプレーヤを付けました。最近は家で音楽を聴くことが減ったから車に乗る時くらいは聴きたいわけです。

 それと私は天才的な方向音痴なんでカーナビも付けましたよ。知らない土地だと間違いなく迷ってしまうから、無駄な時間の節約に必需ですね。
 とはいえ内蔵は取り付けが難しそうだし、オートバイや歩きで使うことも考えて格安のポータブルタイプにしました。ま、遠出や出稼ぎ以外で使うこともないから普段は外してますが。

 あと「一度役に立ったら元が取れる」という話なんで、中古のレーダーも去年から付けてます。
 確かに取り締まりやオービスにちゃんと反応してるんですが、私の場合は捕まるようなスピードで飛ばすことは滅多になく、考えてみたら高校時代に原付免許を取得以来、今まで一度も速度違反で切符を切られたことがなかったですねぇ…。なので今のとこ「元が取れてない」です。

 で、近ごろ話題のETCですが、こちらは今の車を買ってすぐに取り付けましたよ。
 当時は割と高価で躊躇したけど、友人から「ネット通販なら3千円以下で買えるよ」と教わったんで2千円台のを見つけて注文しました(カードは無料で作れた)。
 高速道路なんて年に数回しか走らないが、田舎だと時間帯で半額になる割引制度があるし、一度使えば元が取れるんですよね (^-^)
 カーステ等も含め基本的に取り付け工事は自分でやるから手間だけで工賃不要だけど、さすがにETCは本当にゲートが開くのか非常に不安で、初回はブレーキに足を置きながら徐行通過したものでしたよ (^_^;
 

 そして旅に出る時のために後部座席を取り払い、替わりにベッドを設置してあります。と行っても自作の箱をふたつ並べ固定しただけで中はモノ入れですが。
 ベッドの横にはカブ号(スーパーカブ)を積めるよう床に金具を付けました。狭いけど一応カブ号を積んだまま寝起きや自炊ができる空間は確保してます。
 ノートPCの使用や充電、ケータイやデジカメ類の充電も可能だから、最低限の車中生活はできるようになってます。
 あとバッテリーに負担がかからないよう、ルームランプは消費電力の少ないLEDに交換しました。
 ついでに緊急時に備えてキャンプ道具一式を常に積んでありますよ。
 

 というわけで私は車そのものにこだわったり、おしゃれやドレスアップに凝ったりする気は全くありません。
 あくまで道具や実用品として考えてます。

 実際に田舎というか私のように孤立した山暮らしだと、車がないと生活が成り立ちませんしねぇ…。
 


テーマ:快適な生活のために - ジャンル:ライフ

ケータイで思いつくまま与太話

 私が使ってる携帯電話はこれです。



 かれこれ5年近く使ってボロボロですね(この前の機種も壊れるまで約5年使いました)。
 単に生活に必要な道具だから、末永く使うのが一番ってだけのことです。


 私がケータイを持ったのは結構昔で我が家にまだ電気が来てない頃でした。
 当時は高価な贅沢品だったけど仕事や仲間との連絡に支障があったから無理して購入しましたね。そういやあの頃は女子高生どころか仲間内でも個人でケータイを持ってるのは他に一人だけでしたよ。
 …電気が来てない仮小屋住まいなんで、充電は車のバッテリーを使ってました。

 町を歩くとケータイ見ながら歩いてる人を沢山見かけますし、依存症になってる方も多いと聞きます。最近はネットにカメラだけでなく、テレビやお財布機能等々まで付いてるそうだから手放すことができないんでしょうねぇ。
 一方私は電話とメールさえできたら十分だし、忘れて持ち歩かないことも多い。なので「ケータイなのに連絡が付かないっ」との苦情をよく頂きます …(^_^;


 ケータイを持つようになって変わったことのひとつに、腕時計をしなくなったのがありますね。
 私は元々体に身に付けるものはピアスやネックレス等はもちろん、腕時計すら好まないんですよ。だから時計機能があるケータイを持つことで解放されたわけです。

 あとストラップにアクセサリー類をぶら下げるのも邪魔なんで好まない。でも人が面白いもんを沢山ぶら下げてるのを見るのは好きですね (^o^)
 だけどひとつだけぶら下げてるのがこれです(山暮らし中は生活必要上、LEDの懐中電灯も付けてますが)。



 缶コーヒーのおまけで、出稼ぎ中に職場の方から貰い物です。フィギュア系に興味もないけど、これだけは一目で気に入りましたねぇ。
 …ウルトラセブンみたいな超人でさえ「普段は額に汗して働いてる」みたいに思え、私のお守りにしてます。

 仕事なんて世の中や人様のために体と時間を使い、正当な対価を頂けたらそれで十分だと思いますし、一生の生活安泰とかまでを求めてないんですね。
 私はその手の「安心安全」は山暮らしに求めることにしてドロップアウトしてしまいましたから…。


 そして山暮らしから学んだことですが、本物の「利殖」ってのはゼニを右から左に回して儲けることでなく、例えば一粒の豆と対話して共に成長しながら、結果的に数十倍の収穫をすることなのかなぁ?とも考えてしまいました。


 というわけで思いつくまま話が飛びまくりで収集つかなくなりましたが、「道具に振り回されず、地道に額に汗して生きてゆこう!」というテーマだったことにして作文を終了しますね …f(^-^;
 


テーマ:使用している携帯電話 - ジャンル:携帯電話・PHS

道具を持ち歩くアイテム

 本日から3日の予定で(できるかなぁ…)ベランダの屋根工事にかかるのですが、所用で外出したので始めたのは午後になってからでした。


 ところで作業する道具を持ち歩くアイテムを紹介しておきます。
 
 まずは一番よく使う「インパクトドライバー」を身につけるためのものですが、今までは腰袋に入れてました。
 ところがそれだと腰に結構な負担がかかるし、独立したホルダーも探したけどピッタリなものが見つかりません。
 で、長年探してた末の決定打がこれです。



 首や肩からぶら下げるベルトなんですが、これだと腰が楽で助かりますよ。仕事の相棒が使い始め、具合が良いので私もマネしました。
 使わないときはブラブラしないようできるし、ベルトのちょうど良い場所にビットを付けておけたりと、なかなかの優れものです。


 腰袋は最近新しいのを追加しました。野良仕事と大工仕事では持ち歩く道具が違うんで分けたかったんですね。
 だけど革製の良いモノはやっぱ高いんで、布製で980円の安物を買ってきましたよ。



 開口が大きくて浅めだから収納性や道具の取り出しは楽ですね。その反面浅いから長めの道具は落ちやすく、ハンマーや水平器なんかを入れると危なっかしいです。
 値段の割には造りや使い勝手も悪くないし数年は持ちそうなんで、最近の大工仕事や人様の仕事に出るときはこれを使ってます。
 

 普段よく使う道具はこちらのプラボックスに入れてます。
 


 もっと大きい方がたくさん入って良さそうだけど、そうなるとあまり使わないもんまで入れてしまい重くなるから、この程度が持ち運びには楽ですねぇ。
 蓋を閉めれば中は雨に濡れないし、結構丈夫だから椅子や踏み台代わりにも使えたりします。


 貧乏だからブランド品や高価なモノは何ひとつ持ってないけど、自分にとっての必要性を考えたり試行錯誤しながら選んでいった道具達は使い込むほどに愛着がわくもんですねぇ (^-^)
 

 

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。