でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子工作とアマチュア無線

 この冬はなぜか突然電気関係の趣味が復活しまして、ハンダごてを握って電子工作をはじめたり古いアマチュア無線機を押し入れから引っぱりだしたりしてます。
 処分を逃れた機器やパーツ類の大半は山に保管してあるんだけど、まだ実家にも多少残っていたわけですね。

 山暮らしをはじめる前に無線局の免許を切らしてしまったが、資格自体は終身有効だから山に戻ったら再開局してみようと思いましたよ。
 本当は今すぐ開局したい気分だがHF(短波帯)が100W機で免許証を山に置いてきてしまったんですよねぇ(3アマ免許は実家にあったが)。
 それに集合住宅の実家で今さらアンテナを立てる気もないんで、今は電線を室内で適当に張って受信してますよ。


 で、最近はアマチュア無線局の免許は持っていた方がいいかも?と考えるようになりました。
 というのもニュースで近ごろ中東方面の争乱が報道されてますが、民衆の暴動を抑えるために政府がインターネットを遮断したとかの情報もあるわけです。
 
 確かにネットの世界は非常に便利で動画みたいな大容量データも簡単短時間に送受したり、HPやブログみたいに情報を常時サーバに保管していつでも閲覧DLできます。
 さらにBBSやIP電話にツイッターとか通信手段はなんでもあり状態だから、今じゃ不便な無線なんか流行るわけがありませんよねぇ…。

 しかしインターネット回線は「他力本願」のシステムだから、何らかの理由や事故で切断されると我々には手も足も出なくなってしまう。
 その点アマチュア無線なら自力で通信システムを構築できるから、非常時のコミュニケーション手段として有効かな?なんて思いました(停電してもバッテリー運用できるし)。
 

 そこで久々に無線関係の情報をネットで収集してるところですが、今の私には浦島太郎の世界で現状を理解するまでしばらくかかりそうですよ~ (^_^;
 個人的には昔流行ってた「パケット通信」に興味がある(当時はPCが高価で手が出なかったなぁ)んだが、現在はネットに押されて滅亡してるみたい…。

 確かにモデム(死語?)レベルの速度じゃ現在のネットみたいな実用性は皆無だが、緊急時に文書や写真データ程度でも送受信できるシステムは貴重な気がするんだけどなぁ…。

 その代わり電波でチャットする「PSK31」というデジタル系?の通信方法が現在はあるようで、しかも長波帯(いつの間にか許可されてたよ!)から利用できるそうです。
 うーん、現在の無線はPCとの親和性も進んで楽しく遊べそうな感じですね。
 …かつて熱中したCW(モールス符号)を、今さら思い出してやってみる気はすでにありませんし。


 そういやHF(短波帯)の無線機は小電力で世界中と交信が可能だし、ゼネカバ機能付きなら中波から短波を広帯域に受信できるんでイザという時の情報収集にも役立ちそうです(外国語が理解できればの話ですが)。

 …まともなアンテナの無い実家ではAMラジオを聞く程度のもんですが、山の我が家なら中波(1.9MHz帯)のアンテナ設置も可能なわけで今から楽しみにしてますよ (^_^)


 というわけで中学生の時に開局して以来、電子工作や無線機の改造に熱中した少年時代を思い出して懐かしくなりました。
 そして当時は単なる趣味の世界でしたが、今はそれを山での「便利生活」に応用する方法をあれこれ考えてるところです。





テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

自分でも音を楽しむ

 そういや最近は家でも再び音楽に触れるようになりました。
 なぜか近ごろは風や雨の音色に鳥や虫の声、それに自然の静寂を好むようになったらしく、人工的な音楽がなんか億劫になってたみたいです。
 
 ま、音楽鑑賞というより"YouTube"で好きな曲を拾っては一緒に歌ったり、久々にギターを抱えて弾き語りの練習をしてみたりって感じなんですが…。
 しばらく自然の音に浸ってたら、自分もなんだか体を使って表現したい気持ちになってきましたよ。

 とはいえ、現状の私にできることは過去に知り得た既存の曲くらいしかないんで、とりあえずできることでいいからやってみたくなったわけですね。
 しかし春から歌ってない生活だから当初は全く声が出ないし、楽器も思い通りに指が動きませんでした。
 …それでも少しはマシになったが過去に当たり前にできたことができなくなってるのって、結構悔しいもんがありますねぇ。

 ま、プロを目指すわけでも人前で披露する予定もないのだから、趣味としてお気楽にやればいい。
 昔はコンクールに出たりとかしたこともありましたが、今はせいぜい「山の鳥たちと共演できたら面白いなぁ」って程度の楽しみですねっ (^_^) 


テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

不便で愉快な乗り物たち

 我が家のボロ車はマフラーが腐って外れたんで、応急処置した話を先日書きましたね。
 しかし「次の車検まで持てば…」などという甘い考えは通用しなくて、結局2日で元の爆音仕様に戻ってしまいましたよ (^_^;

 新たな修理法を考えて部品も買ってあるんだけど、相変わらず忙しくて優先順位的になかなかやってる暇がない。
 というかオートバイもあるから、最近はそちらで移動してますね。


 で、近頃よく乗ってるのがこちら、



 ホンダのXLRという250ccのオフロード車ですが、これは私のじゃなく友人から借りてるやつです。
 元々は同僚の納屋に眠ってたのを彼が譲り受けてレストアして動くようにしたが、ここ1年はほとんど乗ることもなく春以降は全く動かしてないそうですよ。
 時々は乗ってやらないと再び調子が悪くなってしまうし、ということで借り受けて現在我が家で活躍しています。

 かれこれ20年近く前の旧車だけど、すこぶる好調ですよ~。
 私もこの系等のホンダ車を何台か乗ったが、性能も良くて扱いやすい上に燃費や耐久性にもすぐれたエンジンですよねぇ。
 経験上ツーリングに出るとリッター40㎞、200ccなら45㎞を記録してます。
 もちろん我が家の軽自動車より全然速いし、性能と燃費を考えたらカブ号に替わるメリットもあるわけです。

 ちなみに同じ排気量で2ストエンジンのカワサキ車を所有してますが、そちらは爆発的な加速と爆音で(ノーマルですが)非常に楽しいっ!
 ただし燃費は車より悪いんで完全な趣味車ですね。現在は自賠責も切れて要整備状態だから友人宅の車庫で眠ってますけど…。


 一方、こちらはお馴染み「孝行息子」のカブ号です。



 確か一昨年のガソリン高騰の時はこればかり乗ってたら例年よりガソリン代が少なくて済んだし、大雨で林道が崩れた時もカブだったらなんとか通ることができましたよねぇ…。
 孝行のご褒美?に今はミシュランのタイヤを履かせてます (^o^)

 だけどXLRばかり乗ってるとイジけて調子悪くなってしまうんで(オートバイやカメラみたいにデリケートな機械にみられる現象かと思います)用途に応じて使い分け、忘れたり見捨てたりしてないことを示さなければ…。
 で、今日は半日だけ人様の屋敷へ草刈り仕事に出たんで、野良仕事の友であるカブ号が出動しました。

 …やっぱヘルメットよりも麦わら帽子が日本一似合ってる二輪車だと思いました (^o^)
 それに何よりカブでもなんでも、私はオートバイで走ってると楽しい気持ちになって自然と笑顔の運転をしてますよ。


 考えてみたら初めて自動車(ボロボロの軽トラ)を買ったのは山暮らし3年目だし、あの頃は旅先でもオートバイですべての用を足してたんですよねぇ。
 今じゃ車で移動するのが常識で、電気も引いたからPCや家電品に囲まれて生活することが当たり前になってしまいましたよ…。
 
 今回久々に体験した二輪車生活は、仕事の道具類や買い物の余裕もある合理的なパッキングが要求されるし、すぐに雨具を取り出せるようにしておかないといけませんね。
 
 いろいろと不便ではあるが、冬季や大荷物を運ぶ時以外はおカネもかからず必用十分な乗り物ではあります。
 将来さらなる貧乏になっても、最後はカブ号だけ残して生活できそうな気もしたわけです… (^_^)




テーマ:小さな幸せ - ジャンル:ライフ

スーパーカブは貧乏旅行に最適か?

 先日はカブ号で行った貧乏旅行の思い出なんかを書いてみました。
 実はもう1話書いて完結しようと思ってますが、どうなるかなぁ…?


 さて、ここ数年は旅先でカブに乗って旅する人をよく見かけるようになりましたねぇ。
 そういや一昨年の話だが、泊まったライダーハウスに5台のカブが並んだこともありましたよ~。
 その低燃費と耐久性は一般人にも知れ渡ってらしく、貧乏旅行といえばスーパーカブのイメージもあるようだけどどうなんでしょう。
 個人的には長期間の旅を2シーズン経験し、今でも車にカブ号を積んで旅先でプチツーリングしてる身としては「実はあまりお勧めしません」というのが正直な意見です。

 当時は70㏄のカスタムモデルに乗ってましたが、荷物は前も後ろもてんこ盛りの凄い量でしたよ。
 さすがにそれだけ積むと足回りの負担は相当でフレームはよれてフラフラするし、元々利かないブレーキがさらに利かなくて危険です。
 小さなエンジンをぶん回して平地は時速70㎞巡航、ほぼアクセル全開だから燃費もリッター35㎞しか走りませんでしたしね。
 さらに非力だから峠越えじゃローかセカンドじゃないと坂を登らないし、下りでは自転車に抜かれてる有様です (^_^;
 なので安全性や快適さを考えればカブの旅は苦行に近いもんがありましたねぇ…。

 個人的には貧乏旅行なら、ズバリ125㏄クラスの4スト単気筒のオフ車がお勧めです。
 このクラスは「原付2種」という区分になるから、税金や保険等の維持費はカブとほぼ同じだし車検もありません。
 絶版車だけどスズキのジェベル125なんかはシンプルな空冷OHCエンジンで、話じゃ旅ではリッター50㎞走るとのことでしたよ。
 私が所有した経験からもこの手のエンジンは250ccで40㎞、200ccで45㎞走ったし(燃費にすぐれたホンダ車ですが)、車体(フレームや足回り等)の丈夫さとブレーキの利きも申し分ないから荷物を沢山積んでも安心です。
 それとエンジンが大きい分パワーがあるから、車の流れにも乗れてカブより安全ですよ。

 
 それでも私がカブ号に乗り続ける理由は「世界一のオートバイメーカーが誇る歴史的名車」であることと「人類に最も貢献した二輪車」に乗る誇りと喜びがあるからなんです。…大げさじゃなくて本気でそう思ってますからね~。
 
 これ以上は省略できないほどにシンプルな構造と、日常的な整備をしてれば故障する心配がないことも重要で、事実今まで一度も壊れた経験がありません。
 普通に乗ってる分に消耗品のタイヤとチェーンは1万㎞前後は交換不要で、構造上オイルフィルタが無いからエレメント交換も不要です。
 もちろん燃費も良く50ccならリッター50~80㎞走るし、4速モデルなら90㎞以上走ると旅先で会ったカブ乗りから聞きましたよ。

 あと、エンジンオイルが減ってしまう(構造上の仕様とか)のが弱点だけど、反面オイルが無くても走るし壊れないのは一部で有名な話ですね(私も経験済みだけど責任は持ちませんよ)。
 ただし90カブは設計が違うからオイルが切れると煙を噴いてヤバいと、乗ってる友人は話してましたが…。


 ところで今日は友人が新車(原付2種)を買ったんでその見学と、私もカブ号に乗って一緒にパーツショップに行ってきました。
 そういや高校時代はよく仲間達とつるんで走ったものでしたが、考えてみたら本当に(都内では)久々の経験ですよ。
 彼はタイヤに相当なこだわりがあるんで、渋る私にタイヤとオイルの交換を強く勧め「山の宿賃代わりに出資してやるから交換しろっ」と言うから、お言葉に甘えて交換しました。…ありがたい話ですねぇ (^o^)
 
 そしてカブのくせにエンジンオイルは「WAKO'S」で、タイヤはなんとミシュラン製(これが1本2~3千円位で安いんだな)ですよぉ~!
 で、実際に乗ってみたところ確かにエンジンは高回転でも楽な感じだし、タイヤのおかげでブレーキの制動距離が明らかに改善されてます。
 カブのブレーキはのんびり走るなら必用十分だけどスピード出すとあまり利かないんで、やっぱ良いタイヤを履くのは安全面からも正解なんだなぁ…と思った次第です。
 
 というわけで、これからも末永く乗り続けるつもりですよっ (^_^)



テーマ:スーパーカブ系 - ジャンル:車・バイク

カブ号でお散歩の日

 実家には愛車のスーパーカブを持ってきてるんですが、そういや全く乗ってませんでしたよ~。

 ふた駅くらいの距離なら歩くし、それ以上は電車に乗ってますからね。
 しかし長期間乗らないと調子悪くなるし、今日は気温も高いことだから約3ヶ月ぶりに動かしてみましたよ。

 とりあえず30回くらいキックしたらエンジンは始動しました。
 しばらく空ぶかしすると調子が戻ってきて、バッテリーも昨年交換したから大丈夫です。だけどテールランプが切れてたんで、これも交換しました。


 久しぶりに街中を走ってみると、やっぱオートバイは乗ってるだけで楽しいもんです。
 小さなエンジンだけど4ストシングルの鼓動は心地よくて大好きですよ~ (^o^)

 特に用事もないが近所のホームセンターと二輪のパーツショップ、最後に河川敷へ行ってきました。



 この場所は子供の頃からの馴染みで、自転車で遊んだり従兄弟とセリ摘みなんかもしましたねぇ。
 原付免許を取った頃も仲間と土手や河川敷を走り回ったことを思い出します。

 だけど今は「オートバイ進入禁止」になってて、仕方なくUターン(自転車はOKとのことですが)。
 それにあちこちで工事が行われて関係車両がたくさん出入りしてました。 
 確かに整備され綺麗になってたが原野みたいな草むらや泥だらけでボコボコの場所は見あたらず、昔みたいに好き勝手に暴れらる場所は無くなってしまった感じです…。
 
 
 というわけで久々のカブ号で走り回ってきました。
 燃費や耐久性は素晴らしく、田舎の農道や林道はもちろん都会の街中を走っても違和感のない乗り物で気に入ってます。

 ところで最近は約50年振りのフルモデルチェンジをして、個人的には「スーパーカブ110プロ」がとても気に入ってますよ~(買える予定はないが)。
 ちなみに今のカブ(2代目)は10年くらい前のモデルですが走行距離はまだ1万㎞弱で、さらにあと10年近くは乗れそうな感じですねぇ…。

 だからこれからも当分は私の相棒として活躍してくれそうです (^_^)



テーマ:スーパーカブ系 - ジャンル:車・バイク

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。