でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメムシと一緒に上京

 毎度のことですが冬に我が家から荷物を運ぶとカメムシがもれなく付いてきます。

 一応注意はしてるけど、わずかな隙間に潜り隠れてしまう習性なので厄介です。
 で、寒さを逃れて越冬するための本能みたいなので暖かくなると出てきますね。

 実家の部屋でも十数匹のカメムシが現れては追放処分になってます。紙切れに誘導したのを窓を開けて弾き飛ばすやり方ですね。
 「もしかしたら繁殖するかな?」と考えてもみますが、都会の水は合わないようで近所からカメムシの話を聞いたことはありません。

 実家で半月以上過ごしほとんど退治したと思いきや、未だ忘れた頃にひょっこり出没しますねぇ。
 ま、地道に相手するしかないようです。


 ところで「カメムシの大発生する年は雪が多い」って話を聞いたことがありましたね。
 今年は我が家の地方じゃここ数年で最も多い積雪だとか。
 隣町に住む友人は同じ東京出身で(私と違い家族と定職を持ってますが)、もう移住して15年以上たつけど「初めて見るドカ雪だぁ~っ」と、先日電話してきました。
 
 ちゃんと記録してないから雪とカメムシの因果関係はわからないが、今回は例年になく数の多い冬でした。
 それに気が付いてから進入してきそうな隙間を結構塞いだんで屋内は大したことないけど、野外で片付けしてると物の隙間や裏側にカメムシが大量に張り付いてましたねぇ …(^_^;
 
 余談ですがカマキリの卵を産み付ける高さと積雪の関係を研究してる方もいるそうですね。
 雪の少ない地域では根拠があるのかもしれませんが、個人的に見てきた限りでは積雪との関連はないと思ってます。
 なにしろ我が家周辺は例年3m前後積もる(局地的)豪雪地帯です。よほど高い場所に産み付けない限りは全部埋もれてしまうから濡れても冷たくても大丈夫な構造なんだと考えてますよ。
 そして雪が溶けてしばらくすると、毎年ミニカマキリが登場してますしね。


 ちなみに実家は高層住宅でして、部屋にカメムシはもちろんハエやカにゴキブリも生息してません。
 そういう意味では快適なんですが、「ゴキブリも住めない場所で生活してる」って考え方もあるのかな? …と思ったりもしました。


スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/988-0b9cad69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。