でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家の冬囲い

 樹木の冬囲いについては先日書きましたが、建物は窓ガラスが割れないようにします。

 屋根が7寸勾配あるから雪は自然落下するのだけど、何しろ全盛期は3m前後の積雪がある場所です。
 雪が軒まで積もったらそれ以上は落下できないので、そうなったら屋根に積もり始めるわけですね。

 余談ですが我が家の雪下ろしはハシゴ不要で、そのまま屋根のてっぺんまで登れます。上から雪かきしながら降りてくればいいので、足下に注意すれば特に危険な作業じゃありません。

 で、窓より高く積もった雪が時々崩れガラスを直撃して割ってしまうことがあります(経験済み)。
 なので割れないように窓ガラスに覆いをする必要があるわけです。

 雪国は厚手の板を使うのがスタンダードですが、それだと室内が暗くなってしまうので我が家では透明な波板を貼り付けています。
 もちろん歪んで窓に当たらぬよう幅の狭い板で補強しておきます。
 
 例年なら半日以上かかる作業ですが、今回は工夫して(その分時間がかかったが)次回からは1時間以内に終わるように(たぶん)してみましたよ。
 そういや写真を撮ってなかったんで、春になったら説明文を書いてみようかと考えてます。


 しかし最後まで囲わなかったのは正面のベランダ。
 構想では透明な厚手ビニール(廃物が手に入った)で囲い、春以降もそのままにしておく予定だったが、やってる時間がありませんでした …f(^_^:

 で、仕方ないから前回同様にブルーシートで囲って終了です。



 手順としてはシートをタッカーで仮止めして、それから細い板で打ち付け固定します。
 釘を使うと後が面倒なんで、インパクトドライバーでビス止めが正解ですね。


 というわけで相変わらず「いい加減なやっつけ仕事」で昨年も終わりました。
 それでも少しずつは進歩してるのかな…?

 ま、私はつらくて大変なことを好まないんで、苦しくない程度に進んでゆけるのが良いと気楽に考えてます。



スポンサーサイト

テーマ:ナチュラルスタイル - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/977-a13ee2a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。