でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葉野菜を掘って収穫…

 そういや昨日はこの冬一番の寒さで、夕方の時点でマイナス4℃!
 明け方はさらに下がったと思うが、今日は気温も上がり過ごしやすかったです。とはいえ昼間でも最高2℃でしたが…。

 さて本日は冬至で我が家の祝日です(理由は過去に書いてます)。
 個人的には一応カボチャと身欠きニシンを食べるお約束にしてるのだけど、今日は何をおいてもダイコンが食べたかったぁ。
 雪が積もってから何本か収穫したのはみずみずしくて歯ごたえも良く、ダイコンおろしにしても辛みが少なくなってました(なぜか今年のダイコンはとても辛いです)。

 菜っ葉類は霜や雪に当たると葉が凍らないように糖分を生成し、甘みが増すそうです。
 なのでもう少し雪に当ててから収穫しようと考えてたら予想外の大雪に埋もれてしまいましたよ~ (^_^;

 ちょうど漬け物や菜っ葉が切れたことだし、面倒だけど雪を掘ることにしました(閉じ込められて買い物に行けないことだし)。
 手順としては人間が入る穴をまず掘ります。
 測ってみたら80㎝近い積雪なんで雪上から掘り当てるのは疲れるし、ダイコン抜きも寝そべってすることになるんで、まず作業場所を確保してから。…要領は土木工事の「2段堀り」と同じですね。

 すでに何もない雪原になってますが、植えた場所は憶えてるんで掘ったら出てきましたよぉ。



 当然ですがペッタンコの平面状態です。
 これでもちゃんと生きてて、雪解けの春には花を咲かせるのだから大したやつですよねぇ(例年なら3m前後の雪の下で越冬するわけだし)。
 とりあえず2本抜いておけば大丈夫なんですが、ハズレを引いてしまいました。



 今年のダイコンは葉の大きさは似たり寄ったりだが、大きさのバラツキが相当にありますよ。
 できれば大きいのを収穫したかったけど、これ以上雪を掘る気力もありません。そしてもうすぐ暗くなる時間だから(なんたって一年で一番昼が短い日です)「もういいやっ」って感じですね。
 写真は泥だらけですが雪をこすりつけると綺麗になって、あとで洗うのが楽ですよ。


 で、食味ですが、ダイコンおろしにしたら辛みがさらに抜け、甘みと調和して食べやすく美味しかったです。
 葉っぱも生食してみたが、アクが抜けてクセもなくサラダにしてもOKですね (^o^)

 ダイコンは上半分をおろして食べ、下半分は糠床行きです。
 葉の一本分はおひたしに、残りはストーブの横に一日置いて柔らかくなったやつを糠床に入れます。


 ちなみにダイコンは沢庵漬けに、隣に植えてるノザワナは塩漬けにして、その隣のホウレンソウはサラダで食べたい希望があります。
 しかしダイコン2本だけ抜いた今日の作業は、百姓というより土方仕事に近いもんがありましたから年内にどれだけ収穫できるかわかりませんねぇ …(^_^;




スポンサーサイト

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/963-aa47126c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。