でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大雪降る中の生活

 今日は実家に荷物を運ぶ予定でしたが中止となりました。
 というのも予想外の大雪になってしまい、危なくて車が出せないんですよ~。

 とりあえず明るいうちに車を動かしてみたところ、積雪20㎝位の中で何とか走らせることはできました(わずかな距離でしたが)。
 現在は薪小屋の屋根で見るに30㎝はありますね。
 予報では50センチ前後積もる可能性があるとのことで、こりゃしばらくは車で脱出不可能!…要するに山に閉じ込められてしまったわけです (^_^;

 こんな時はジタバタしても仕方ないし、素直にあきらめるのが一番です。
 ま、年内を過ごせるだけの食料燃料はストックしてるんで、当面は生活に支障ありませんしねぇ。
 友人に連絡したところ今回は平地でもそこそこ積もってるそうで、寒波が去るまでおとなしくしてるのが正解でしょう。
 しかしこの時期にこれほど降るのは珍しいです…。


 たぶん来週中には車を出せるようになると思うけど、運悪く間をおかずに第二弾の大雪が来たら根雪になって(過去に一度ありました)車での脱出は不能になるかもしれません。
 こうなった以上は「もう車が出せないかも?」と最悪の事態を想定して、その時はどうするか考えることにします。
 例え3mの雪が積もったとしても、かんじき履いての脱出はできるから(経験済み)貴重品だけ持って駅まで歩けば良いわけです。
 行き先が実家なんで着の身着のままでも大丈夫ですから…。

 お天気とかの「どーにも手が出ないこと」は、最悪のことを考えつつも気楽に観てるしかありませんよね。

 あと、水だけは電線がいつ切れるかわからない状況なんで(空中配線してて未撤去です)ポンプが動くうちに目一杯ため込んでおきましたよ。
 これでとりあえず年内の飲料水と風呂は何とかなりそうです(そういや昔、越冬中に断水し雪を入れて風呂を焚いたことがありました)。


 というわけでこんな日は雪の固まりや折れた枝(当たれば死ぬほど太いやつ)がどこから降ってくるかわからず、危なくて外仕事はできません。
 だから屋内の片付けをするとか、火の番をしながらネット三昧とか、一杯やりながら弾き語りしてみるとか、昼寝するとかで有意義に過ごすのが「雪山時間」の正しい使い方だと考えてます …(^o^;



スポンサーサイト

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/955-4883dc40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。