でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近見かけた山の生き物たち

 というわけで未収穫のイモ類を2日(実際には半日ずつの作業でしたが)かけて片付けたわけです。

 この時期にしては珍しく澄んだ青空も観られたのですが、天気予報が全く当てにならない冬の気候になりましたねぇ。


 人様の仕事じゃないから適当に休んで一服しながらの作業でして、ふと見たらトンビがのんびり飛んでる姿を目にしました。
 今日は1羽だけでスイーッと通り過ぎたけど、数年前に見かけた時はつがいと子供の3羽でした。…そう考えたのは1羽だけ飛び方がぎこちなくて、親と思われる他の2羽が小まめに付き添ってたからです。
 トンビはもちろん餌となる獲物を探してるんでしょうが生きるためにギラギラしてる様子もなく、単に日常生活のことだから普通に楽しんで飛んでるだけって感じに見えました。

 そして小鳥の群れが現れました。
 …シジュウカラかヒガラと思われるのですが(詳しくないから断言できません)、ざっと見ても百羽位の集団行動で飛んでますよ~。

 たぶん毎年恒例のことなんでしょうが、それを発見したのは山暮らしで初めてのことでした。
 ま、個人的にはどーでもいい連中なんで気にせずイモ掘りをしてたわけですが、気が付くと群れの何割かが近くのクワの枝に止まってこちらを見てるんですよ。
 別に自意識過剰じゃないつもりだが、どう見ても連中の顔はこっちを向いてるし(用もないのに)好奇心から私を観察してるように思えます。
 中には地面に降りてきて枯れ草の隙間からこちらを伺ってる奴等もいるし、12月にイモ掘りしてる人間がそんなに珍しいんですかねぇ…。

 鳥って瞬時に逃げられる翼を持ってるせいか、結構ヒマに任せて人間を観察しに来てるような気がしてます。
 特にメジロなんか、手が届く距離まで近寄ってこちらを観察してますよ。もちろんすぐに逃げられる体勢を取りながらですが。

 ところで連中を観て想うのは「本能+α(個性?)」で生きてるのかなぁ、ってことです。
 その範囲で行動してる分には小さな争いや揉め事があっても「種族や群れの繁栄」に迷惑をかけないし、本能に反しないレベルだったら「個人の自由もOK」ってことが地球から保証されてるんじゃないでしょうか?
 だけどそれ以上の「我欲」に対しては許されないものがあるんじゃないか? と最近考えてるところです。。


 ところで先日、久々にキジの子供達を見かけましたよ。
 羽は生え揃ってたけどまだ少しモサモサしてるし、成鳥よりは明らかに小さくて丸っこい幼児体型でした。
 少しの間「どうしようかっ?」と2羽で相談しながらウロウロしてる感じだったけど、そのうち脇の藪に消えて行きました。たぶん親鳥が近くで心配してたと思われるが姿は見ませんでしたね。
 そういやキツネを見かけるのと反比例でキジを見なくなってたんですが、なぜか今年はキツネを見ない年でした。
 
 
 ついでに今晩(3~4日ぶりに)山を降りて買い物に出かけたんだけど、途中の林道でウサギと出会いました。
 見ればすっかり真っ白な冬毛に生え替わってて、凄いジャンプ力で疾走してましたよ~ (^o^)

 
 そんなわけで最近見かけた山の生き物話でしたが、考えてみたらこの時期はあまり動物を見かけないものです。雪が積もったらまたそれなりに姿を見せてくれるんですが…。
 きっと今の私と同じように雪が降る前は皆それぞれに忙しくて、遊んだり歌ったりしてる場合じゃないのかもしれませんよねぇ。

 ま、私の場合は積もってしまったらあきらめが付くわけで、開き直ってのんびりできるんですが (^_^;

 
 
スポンサーサイト

テーマ:自然の中で - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/945-4be54ff9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。