でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェーンソーに思うこと

 出稼ぎに行くまで食いつなぐ必要で、先週から働きに出ています。でも割と特殊な職種なんで毎日は仕事がないんですね。

 で、その仕事が無いときにと請け負ったのが「薪つくり」です。建物を壊したときに出た廃材の山が、その材料です。

 基本的に一人作業なので、我が家に居るときと同様、気楽に仕事ができます。我が家も薪ストーブをメインに使い、自宅で薪をつくってるから手慣れたもんですし。
 チェーンソーは自分のを持ち込みですから勝手知った道具で、ログの我が家を建てたとき以来の大活躍です。しかも今回はお金をいただけますしね (^-^)


 私が使っているエンジンチェーンソーは国産の「コマツゼノア製」です。知り合いの農機屋さんから買うことにして、国産、舶来も含め数社のカタログをもらって検討しましたが、最後は農機屋さんの意見で決めました。
 値段的に変わらないから、最後までハスクバーナ(スウェーデン製)と迷ったのですが、曰く「昔の国産チェーンソーは話にならない出来だったけど、現在は舶来品と比べて遜色がない。今じゃプロも使ってるし、修理や部品のことを考えたら国産でいいんじゃないか」とのことでした。
 以来、十数年これを使っていますが、修理に出すような故障もなく(さすがはメイドインジャパン!)、消耗したチェーン以外に交換した部品も今のところないです。
(でも補修パーツのことではスウェーデン製の方が良いのかな、と考えてもいます。20年以上前のキャンプ道具の部品が今でも注文できるし…)
 
 ちなみにホームセンターなどで売っている安いチェーンソーは、枝打ちや薪つくり程度には使えますけど、ログハウスではパワーがなさすぎて使い物になりません。
 私も当初はホームセンターで買ったチェーンソーを使っていましたが、丸太の縦切りができないから(できなくはないけど、とんでもなく時間がかかって実用外です)、仕方なく今のを買った次第です。
 確か当時で13万くらいしましたね。私が所有する最高額の道具ですが元は取れたでしょう。

 チェーンソーはログワークでは花形的な存在ですが、個人的にはあまり使いたくない道具でもあります。理由は扱いや手入れが面倒だからです。 代替できるなら極力丸ノコ等を使いますね。 
 使い方にもよりますが、すぐにノコ刃が減って切れ味が落ちてしまうので、一日何度も目立て(刃を研ぐ作業)しないといけないし、切り粉が内部にたまりやすく掃除も面倒です。
 また、キャブレターや切削用のオイルも詰まりやすいので、燃料やオイル補給時にはかなり気を使います。
 
 また、「とてつもなく危険な道具」だと常に意識していた方が、ケガする確率は少ないと考えています。
 高速回転する刃がむき出しの上に、構造上安全装置やカバーが付けづらい構造だし、キックバックやチェーン切れ時は自分に向かって刃が飛んで来るしで、道具としては不完全で相当に危険なシロモノだと思いますよ。
 しかもマシントラブルが多い。修理には出さずに済んだけど、私も何度泣かされたことか…。オートバイの整備ができる人なら、何とかなることが多いですけど。


 それでも使われているのは、これに換わる道具がないからなんでしょうね。
確かに手入れの時間を入れても、チェーンソーの効率にかなわない作業がありますから。



 薪ストーブを使っている知り合いで、薪は手ノコで切り斧で割ることを主義とする人がいます。
火のありがたさを実感できるから手作業にこだわっているそうですが、それは彼みたいに時間やお金に困っていない人だから、できることなんだと思いました。

 私みたいに、食いつなぐために自分の時間を切り売りしてる人間には、やはりチェーンソーは必需品です。そして、できれば薪割り機も使ってみたいですねぇ…。
 
 
 DCP_2045.jpg

スポンサーサイト

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/94-17c3676f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。