でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見通しの良くなった山暮らし

 いつの間にか紅葉もほぼ終わり、大半の雑草も枯れてしまいました。

 ちなみにカラマツの紅葉時期にはバラツキがありまして、我が家の敷地で最後に紅葉してるのがこれです。

 

 雑草もそのまま越冬する奴がポツポツと残ってる程度ですね。

 周辺が枯れて目立ってきたのは、確か8月頃に種まきした菜っ葉類のスペースです。

 

 そういやアオムシに食われて絶滅しかけたのを確認以来、雑草に埋もれたまま忘れてましたよ。
 コマツナは食べられそうだけど、ラディッシュ(二十日大根)なんか秋冬野菜のダイコンより葉が大きかったりしてますねぇ。

 ついでに秋冬野菜ですが、ノザワナとその向こうのダイコンは十分に収穫できる大きさになりましたよ~。



 だけど右手前のホウレンソウと奥にあるシュンギクはまだまだで、ちょっと味見した後は来春の収穫になりそうですねぇ。
 

 そういや歩いてたら枯れ藪の中にカボチャを見つけました。



 ま、勝手気ままにツルを伸ばして人知れず実らしてる連中なんで、雑草が枯れて見通しが良くならないと発見できない奴もあります。
 枯れ草の奥に、こんなのも見つけましたよ。



 モノトーンとセピア色の中だから、目立つ柿の実色カボチャが発見できるわけです。
 で、今回は4つのカボチャを手に入れましたよ。


 というわけで、草木が枯れ落ちると夏場には見られないものが発見できたり隠れてた山の地形が見えてくる季節です。

 個人的にはそんな「見通しの良くなった時期」が好きで、山を離れるのがもったいない気がしてる毎年のことでした。


スポンサーサイト

テーマ:生活の中で - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/931-d27612b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。