でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薪ストーブの修理メインテナンス

 我が家はメイン暖房に「レゾリュート・アクレイム」という薪ストーブを使ってます。
 そういや仮小屋時代からかれこれ10年以上となる長い付き合いでしたね。

 現在のアクレイムは内部を耐火煉瓦構造にしたタイプですが、私のは内部も鋳物パネルでシェイカーグレート(灰落とし機構)が付いてる旧型です。
 昨年は背面の内部パネルがダメになったんで、応急処置で耐火煉瓦を積んでおきましたよ(過去ログに書いてある)。
 しかしこれだと長い薪が入らなくて(旧タイプは50㎝近い薪が入れられます)不便だから、変形して痛んでるが一応使える鋳物パネルがあったんで今シーズンから再度使用してました。
 

 今回メインテナンスというか修理した理由は「気密性が悪くて薪を無駄遣いする」のがテーマでした。
 くさびを外して背面パネルを倒せば2次燃焼室が登場するけど、耐火セラミック製のボックスがこんな感じです。



 …完全に逝ってるというか、明らかに寿命ですよねぇ。
 ちなみに2次燃焼室が壊れるのは、背面の鋳物が変形して圧迫するのも原因です。
 一応2次燃焼の空気が吹き出す部分は生きてるんで、予算も無いことだし交換は来年以降としました。
 
 そしてパネルは一応使えるが変形して隙間だらけなんで、同じ形にロックウールを切って裏側に貼り付けましたよ。
 これでとりあえずは排気の流れが正常になったはずです。
 余分を見てはみ出した部分は押し込んで気密性を高めるようにしたつもりですが、どうでしょう?(直接炎が当たる場所でロックウールの耐久性はわかりませんが)



 旧型はアーチ状の鋳物に3枚合わせの小さなパネルを組み合わせた構造で、たぶんこれで熱膨張に対応する考えの設計なんでしょう。
 ところが本体の大きさの割に炉が小さいから見た目ほどの熱が出ない機種なんで、無理して焚きすぎるユーザーが内部を傷めて破損するケースが多発したんじゃないか?と考えてます。
 
 あと構造的に問題があると思うのは、



 サイドの内部パネルですが、ボルトまわりが割れるのは持病なんだそうです。
 確かに構造を見ればこのボルト1本で外部パネル全体が支えられてるわけで、しかも空気層があって(ご丁寧に断熱材まではさんである)温度差がありすぎるわけです。
 しかもこれ、本体を全部分解しないと交換できない作りなんで厄介なわけですよ~。
 本体の上下パネルを4本のロッドで締め付けてる構造だからこれが原因でバラバラに壊れることはないけど、ちょっとヤバいかもしれませんね。

 ま、結果論で無責任にケチを付けるのは簡単なんだけど、設計者の苦労を踏みつけるようなことを書いてはいけないと思いました…。
 (現行の内部が耐火煉瓦になってるモデルは、以上の問題を解決して心配ないそううです)

 それから開口部のガスケット(パッキン)ですが、クッキンググリドル(薪投入口)部分は交換。
 正面の扉部分は弾力が残ってたからまだ使えると判断して締まり具合を調整しました。



 中央長方形の金具を外すと調整用?に3枚の厚手ワッシャーが咬んでたので、1枚を除いたところちょうど良い感じになりました。


 ちなみに私がアクレイムの構造に詳しいのは、一度バラバラに分解して部品交換しながら再組み立てした経験があるからなんですよ。
 もちろんそんな事をしたらメーカーや販売店の保証を受けられないけど、我が家の薪ストーブは(持ち込む時に手伝ってもらった以外)炉台や煙突工事はもちろん、本体のメンテも「すべて自己責任で行い、業者には一切文句を言わないっ」と明言してるんで、好き勝手にやりながらも(儲からない客でしょうが)お付き合いしてもらえてるわけです。

 
 というわけでメインテナンスと修理(応急処置)を終え、焚いてみました。 

 

 気密性が良くなったから空気を絞ると、薄いオレンジから青白い色の炎がフワフワと幻のように舞いますねぇ(私のカメラじゃ忠実に撮影できませんが)。
 水平燃焼がきっちり行われてるようで、炎が上がっても薪は下の方しか燃えてませんね。
 そして燃費や熱の出方も明らかに良くなったと思います。


 個人的にはアクレイムの上位機種である「アンコール」に今でも憧れがあって欲しいんですが、ここまで付き合った以上は「別れられない腐れ縁かな?」とも想ってます(もちろん良い面悪い面も含めて今でも好きだし)。
 もしかしたら浮気する可能性はありますけど、それでもこいつとは一生添い遂げることになりそうな気持ちで考えてますよ。


 

スポンサーサイト

テーマ:ナチュラルスタイル - ジャンル:ライフ

コメント

ちょっと前の某オークションで色違いの白が70万~出てたタブン工事費込みの値段だろうけどちょっと価格の高さに驚いた、ストーブも高いのだろうけど工事費もやっぱいくのねそれなりに。

  • 2009/11/29(日) 03:01:31 |
  • URL |
  • 市 #JalddpaA
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

工事費や煙突代込みの一式で、100万前後ってのが相場みたいだよ。
自動車に比べたら車検もなくて末永く使えるから高い買い物じゃないかもしれないが、自分の年収を超えてるし無縁の世界だね。 

  • 2009/11/29(日) 22:39:59 |
  • URL |
  • むてっぽー #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/921-d770bf14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。