でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通話が改善されたFOMAの話

 何ヶ月か前にケータイをmovaからFOMAへ変更したことを書きました。

 ところが困ったことにFOMAだと我が家じゃ電波が弱くて、1階の室内じゃすぐに切れてしまいまともに通話できません。
 movaの時は野外に出ればOKだったが、FOMAではそれでも途切れてしまう。
 結局は2階に上がれば一応切れずに通話可能なんで、呼び出し音が鳴ると速攻で階段を駆け上がる日々でした。

 私は電話連絡をすべてケータイで行ってる(固定電話の番号は家主の私も憶えてない)から、プライベートはともかく仕事関連で連絡がつかないのは非常にまずいわけですね。
 なのでドコモショップに相談したところ「調査員を派遣します」との返答で、先日訪ねてきましたよ。

 ちなみに通話エリア外の場合は相手にしてもらえないそうだけど、マップを見せてもらって驚きました。
 なんと我が家周辺の地域がFOMAのエリアにしっかり入ってましたよ~っ(私以外は誰も住んでないのに…)。
 さすがにハイスピード圏内からは外れてましたが、一応通話エリア内のユーザーから依頼があった時は先方も動かざるを得ないそうです

 で、調査員の方に測定してもらった結果は「通話に支障があるほど明らかに電波が弱い」んだそうです。
 話によると原因は「基地局のアンテナが我が家の方向を向いてない」「FOMAは周波数が高い(波長が短い)から樹木の影響を受けて電波が届きにくい」「山で見通し距離があるのが災いして、通話困難な遠方の基地局を拾って切り替えてしまう」等々の理由があるそうです。
 …私も一応「2級アマチュア無線技士」ですから、電波の性質を含め話は理解できたつもりです。

 そしてFOMAもmovaの周波数である800MHz帯も使用してるのは初耳でしたよ。
 話では最短の基地局から800MHz帯の電波を受けて使用してる分には安定して通話できるはずだが、その電波が弱くて不安定だから問題が起きてるみたいだとのことです。


 ということで先方から「室内補助アンテナ」設置の提案を受けました。吸盤で窓ガラスに貼り付け有線でケータイに電波を導く方法です。
 試してみたところ、窓の室内側では変わらなかったが外側に貼り付けると改善がみられましたね。
 原則返還要求のない無償レンタルとのことだし、私もこれで様子をみることで納得した次第です。

 試しにこれで実家や友人に電話してみたら、今までと違って途切れることなく通話ができましたよ。
 とりあえずはこれで私のケータイは問題なく使えるようになりました。

 しかし私のは改善されたわけですが、来客のケータイは相変わらずの問題が残りましたね。
 ま、それは我慢してもらうしか仕方ないでしょう。
 考えてみたらこんな山奥にケータイの電波が届くだけありがたい話ですしねぇ…。



スポンサーサイト

テーマ:快適な生活のために - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/917-ddae79af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。