でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

油揚げとキツネ憑き

 私が酒の肴によくつまむのは豆類に魚の干物とかが多いですね。
 今頃の季節なら漬物用の身欠きニシンなんかバカ安だし、一夜干しの魚をさらにストーブの横に吊して干物を作ったりしてますよ。

 で、最近よく食べてるのが「油揚げ」です。
 酒量と食事量が減ってるにもかかわらず体重が増えてきてる(というか腹が出てきてる)し、体調的に動物タンパクを控えたいと思ってるから油揚げが良さそうな気がしてるんですね(植物性だが脂肪が多いのは気になってるけど)。
 当初はソースとチーズを乗せて焼き「ピザ風」にしたりとか少しは凝ってみたが、結局は単純に暖めて醤油で頂くのが簡単で美味しいみたいです。
 ただ、全体がスポンジみたいで油まみれの奴じゃなくて、薄手でしっかり豆腐が芯に残ってる地元の豆腐屋が作ってるのを買ってます(2枚50円で安いし)。


 ところで油揚げの消費量が増えたのは「キツネ憑き」にあったんじゃないか?とも考えてみたのですが、特にキツネを虐待したり恨まれるようなことをした憶えはありません。職場でも私に対する態度に変化もないから、挙動不審とかしてないと思いますよ。
 ま、林道にて車でキツネを追いかけ回したことはあったけど、意図的にやったわけじゃなく進行方向に逃げる方が悪いと思いますしねぇ…。

 それ以前にキツネが本当に油揚げが好物なのか疑問ですよ。
 元々が自然界に存在しないもんですからね。


 余談ですが母から「キツネに化かされた話」を聞いたことがありました。
 …私の爺ちゃんは非常な働き者で、一日の終わりに自分の山を見回ってから帰宅する日課だったそうです。
 ところがある日、いつまでたっても帰宅せず家族が心配してたところ深夜になってやっと帰ってきて、爺ちゃんが言うには「キツネに化かされたよぉ~」とのこと。
 何でも長年歩き慣れた山道なのに、いくら歩いても元の場所に戻ってしまうことの繰り返しで…。別に酔っぱらってたわけじゃないし、後にも先にもその日だけの不可解な出来事だったから母もよく憶えてるそうですよ(落武者が隠れ住んだと伝えられる山奥の田舎話です)。
 だから今でも「キツネは人を化かすことがあるっ」と私に断言してます …(^_^;


 そういや今年は山でキツネを見かけませんでしたね。
 私が山に来た頃に地元年寄りから「地域のキツネは絶滅した」と聞いてたけど、最近はボチボチ見かけて繁殖してるのも確認してたんですが…。

 そしてタヌキ、リス、ムササビ、ネズミ、モグラといった山に生きる哺乳類たちが、最近個体数を減らしてるのが間違いないのはわかります。
 人間みたいに連中も厳しい時代を生きてるんだろうなぁ…とは思いますが、たぶんそれって人間の責任が大きいんじゃないか?…と考えてたりもしてます。
 


 
スポンサーサイト

テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/914-9ee95a50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。