でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

末席のグルメ旅

 昨夜は人様の仕事にて「重要な客を迎える接待」がありました。
 本来は正社員でもない「忙しい時だけ現場お手伝い」身分の私が参加する必然は全く無いんですが、呼んで頂いたことに感謝ですね。

 もちろん床の間を背に座れるわけもないが、末席でおとなしく飲み食いに集中できる方が逆に気楽でありがたいことでしたよ~。
 

 泊まった宿は都会の一流どころで鳴らした料理人が食事を仕切ってるそうで、器や盛りつけも上品だったし美味しかったですねぇ。
 ひとつひとつの量はとても少ないが、とにかく次から次へと「これでもかぁ~」と運ばれてきますよ。
 しかし食い道楽の趣味がない私には刺身と鮎の塩焼き以外、何という料理なのか全然わかりませんでした。
 正直「美食家」じゃないんで「見た目も美しく、とても美味しかった」以外に評論のしようがありません…。

 で、もったいないし出されたものは全部頂くつもりだったけど、トータルの量が多すぎて腹がパンパンになり(元々が少食だし)最後の方は残してしまいましたよ。
 酒は久々に日本酒を飲んだけど、地元銘酒の限定品(興味ないんで銘柄は忘れた)とかで口当たりもよく非常に美味しかったです。…一応遠慮して、普段飲んでる安焼酎を頼もうと思ったが(こっそり聞いてみた)当然置いてませんでしたね (^_^;
 
 そして寝室では軽くて暖かい羽毛布団にくるまって朝を迎えました…。


 ちなみに食うこと自体にこだわりがないから普段は粗末な食事で、美味しいもんはたまに食べれば良いって考えの生活です。
 そして本当に美味なるものは、ごくまれに頂く機会でもあれば十分だから、今回はラッキーでしたよねぇ (^o^)

 とても楽しい宴席でしたが、私はいまさら「海千山千」の世界に身を投じる気は全くありません。
 …見物してるだけが面白いと割り切ってますよ。
 貧乏で何かと人様に見下される「山暮らし」ですが、なんと言われようがこれが一番性に合ってると実感してますからねぇ。


 で、帰宅した今夜はいつも通り「大五郎(一番安い焼酎)」をチビチビ飲みながら、チンケなおつまみをかじってます。
 だけど結局は独りで過ごすこんな夜の方が疲れも取れるし、一番気持ちが安らぐ時間なんだと再認識しましたよ…。 
 
 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/913-92617998
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。