でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柿の実食べてるこの頃です

 今年初めてカキの木に花が咲いた話を(確か6月1日に)書きましたが、その後日談です。


 当時はあまりに沢山の花が咲いてるので、実ったら枝が折れてしまうんじゃないか心配でした。
 背丈は3m位あるけど幹は500円玉くらいの、雨が降るたび雫の重さにに耐えられずお辞儀する程に細くて華奢な奴ですからねぇ(あまりに情けないから竹竿で補強しときましたよ)。
 しかし後日知り合いの爺ちゃんに聞いたところ「カキの木は身の程をわきまえてるから、余計な花を自分で落とし体力にあった実しか付けないんで大丈夫だよ」との話でした。
 
 実際見てると確かにどんどん花(付け根に小さな実が付いてる)を落として、最終的に数えたら20個の実を付けただけでした。
 人間みたいに我欲の重みで自滅しない分、賢い生き物なんだと感心しましたよ (^_^)



 すでに私も何個か食べてますが、例によって特に感動することもなく普通に美味しい「甘柿」でしたよ。
 そういや今年は自分で植えた果樹の苗で始めて収穫できた(ブルーベリー、イチジク、カキ)年で、そのことに感慨を憶えました。
 野菜と違い植えてから実るまで何年もかかるし、その後は毎年恒例の長い付き合いになる植物ですからねぇ…。


 ちなみにカキの実は他の生き物たちも好物みたいで、小鳥たちは枝に止まって実を突いてるしカラスは一度地面に落としてから食べてるようです。その残りをタヌキやネズミたちが食いに来るみたいですね。クマも木登りして食べるけど、それは我が家で見たくない光景です …(^_^;

 ま、別に独り占めする気もないし、私も含めて山に生きる皆が楽しんだら良いと思いますよ。カキの木も(子孫繁栄のために)沢山の生き物たちに食べてもらいたいと思ってるでしょうしね。
 そして理想的にはクワの実みたいに、山の連中が寄ってたかって来ても食いきれない実りになれば良いと考えてます。


 ところで田舎の庭先には普通にカキの木が植わってるものですが、それを最近の子供たちは「汚らしいと気持ち悪がって食べないんだよ」とあちこちで聞きますね。
 都会育ちの私とすれば、無農薬無肥料の自力で生きて実らせてる果物なんて貴重品だと思いますけど。
 個人的には店頭で売られてる果物の方が「よっぽど気持ち悪い」と考えますが、受け止め方は人それぞれですよねぇ…。



スポンサーサイト

テーマ:食品・食べ物・食生活 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/907-d8450eaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。