でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貧乏を満たす物欲

 今日の夕食時に、ふと気が付いたのが「もしかして今年は年収100万に届かないのかなぁ…?」ということです。

 そういや山暮らしを始めて以来そんな程度のもんで、良くても年収300万に届きそうな年なんて一度もありませんでしたよ …(^_^;
 そんな貧乏人だから詐欺師や悪徳セールスマンも来ないし、借金の申し込みや保証人の依頼もない。それに怖い職業の人はもちろん、女性が近寄ってくる気配すら全くありません(もちろん貯金はございませんし)。
 なので私の場合「野垂れ死にする」心配はあるが、練炭焚かれて死亡する可能性はなさそうですね。
 
 で、収入の割にお金にあまり困らなかった理由を考えるに、今年はモノをほとんど買ってないことに気付きました。
 一番の高額商品といえば「Ableton Live」というDTMソフトくらいで、それでも数万円レベルです。それに合わせてDTM機材をいくつか購入したが、いずれも安物やジャンク系ばかりでしたし(その辺の話題は過去に書いてます)。
 

 ちなみに私は「物欲」を否定したり「清貧」などという思想とは程遠い存在で、我が家は来客が呆れるくらい趣味関係のモノがあふれて収拾がつかない状態です。
 たけどまともに買ったもんはほとんどなくて、知人から譲ってもらったりジャンクや投げ売り処分で手に入れた品ばかりですけどね…。


 そして最近は内容(品質、ブランド)はともかく、欲しいモノは一応ほとんど手に入ってしまったので特に買いたいものが無くなってしまった…。
 もちろん物欲が消えたんじゃないわけです。例えばギターなら今でもやっぱマーチンやアダマスが欲しいと思ってるけど、私にそれだけの価値を弾きこなす技術や感性が無いことも知ってしまった事実がありますよ。

 カメラやオートバイ等々だってそうです。
 当然最新型の高機能高性能に憧れはするけど、現在持ってる奴で私には十二分なシロモノなんだから「何がなんでも欲しいっ!」とは思わなくなりました。
 結局は「自分の身の丈にあったモノが一番!」と実感するようになってからは、縁があった(予算とタイミングが合った)時に運よく手に入ったならいいよなぁ…って程度ですね。
 さらに不要な機材を処分して、本当に好きで必用なモノだけ残し身軽になりたい、とも考えてます。
 
 ついでに書くと、ブランドやカタログデータばかりに拘って、批判や他者攻撃ばかりで意味のない世界も垣間見た気がしてます。
 始めから良いモノを手にするのも方法だと思いますが、安物を使い倒して必要性や価値を実感してから、本当に良いモノを納得ずくで手に入れるのもアリだと考えてるこの頃でした。


 よくわからないけど、どうやら貧乏だから物欲が満たせないわけでもなく、お金をつぎ込んだから高尚なものが得られるわけでもないみたいな気がしてます…。

 そういや昔、私より高価な写真器材を揃えてた知人が最近言ってましたよ。
 「高いカメラやレンズを買うほどに良い写真が撮れると思ってたが、そうでないことがわかったからカメラをやめた」って…。



スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/904-e1dcb461
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

物欲と幸福との関係--貧乏を満たす物欲

貧乏を満たす物欲 --でたらめ山暮らし ブログ版  この方の記述内容と私のライフスタイルは極めて似ているように思えます。  私もオカネ...

  • 2009/11/12(木) 22:42:18 |
  • レフタブログ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。