でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてのコンニャクイモ

 今年初めて植えてみたコンニャクイモですが、枯れてしまったので掘り起こすことにしました。
 枯れたといっても、熱帯の植物なんで気温が下がって収穫期が来ただけのことですが。

 少し掘って腐った茎を抜くとこのとおり、



 ピンク色の新しい芽が待機してますね。
 「ちゃんと生きてるから来年も植えてくれ~っ」のサインだと思いました。
 ま、私も初めての作物ですから勝手がよくわかりません。
 適当に掘ってたら(おおざっぱな性格なんで)木子をポキポキ折ってしまいましたよ。

 で、今年の収穫です。



 正直これで上出来なのか不作なのか、さっぱりわかりません(10本植えたうち2本は途中で枯れてしまいましたが)。
 とりあえず植えた時より大きくなってるのは確かですが。
 
 後ろにある一番でかいやつはコンニャクの原料として売られてたのを植えてみたわけで、さすがに大きくなりすぎました (^_^;
市販のカボチャより二回りは大きく重たいし、そういや葉も傘を開いたみたいに巨大でしたよ。
 左側は市販の種イモを植えたもので、右側は木子を取って植えた結果です。
 一番手前に転がってる細かいのが、今回採れた木子です。

 ちなみに木子とはイモから腕を伸ばしたように生えてくるやつで、それを折って植えると種イモになりますよ。
 不格好で小さいながらも、ちゃんとピンクの芽がついてます。


 ところでコンニャクは気の長い作物でして、秋に掘り起こして春まで暖かい場所で保存(サツマイモみたいに気温が低いと腐ってしまうそうです)。
 春になったら再び植え付けて、本当の収穫まで3年かかるそうですよ。
 そういや昨年ニラとアスパラを種から植えてみたが、ニラはやっと今年収穫できる大きさになったし、アスパラはまだ来年以降の課題だけど楽しみですね。 
 

 前にも書いたけど、農家で出してもらった「自家製コンニャク」の食味が忘れられなくて、植えてみたわけです。
 しかし個人的には「植えて育てる」のが面白くて、本来の目的である収穫や調理の方に、あまり興味がいかない現実がありましたよねぇ…。



スポンサーサイト

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/897-129286bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。