でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴミ処分と電気の話…

 掃除や片付けが大の苦手です…。
 しかしいつまでも放置してるわけにもいかないから、重い腰を上げることにしました。


 で、まずはゴミの処分です。
 「燃えるゴミ(可燃物)」は以前は我が家で燃やしてたが結構手間だし、結局は処分に困る灰(畑に蒔くわけにいかないし)が残ります。

 なので最近は自治体の処分場に持ち込んでますよ。車で10分かからない距離だし、その方が手軽なわけです。
 本日は10㎏ほど持って行ったが費用は百円以下でした。
 発泡トレイやペットボトルは近所のスーパーが無料回収してるんで、たまったら持って行きます。

 燃えないゴミは別の施設で引き取ってもらえるし(10㎏あたり百円前後だったかな)、金属類は廃品業者に持ち込めばわずかな金額だが買い取ってもらえますね。
 
 
 そして前からやろうと思いつつも後回しになってた冷蔵庫の片付けをしました。
 冷蔵庫ってのは管理を怠れば保存と同時に「腐敗物製造器」ともなるわけです。
 …まぁ見たくないものがいろいろ出てきまして、賞味期限を2年も過ぎた食材とか腐ったりカビの生えたもんもありましたよ (^_^;
 ちなみに生ゴミ等の腐るものは堆肥場に投げ込めば来年の肥料になるんで、処理作業自体は楽なもんです。


 しかし考えてみたら電気のない生活をしてた頃の方が、食材を無駄にすることが少なかったと思います。
 腐りやすいから肉や魚をあまり食べなかったし、余れば干したり佃煮等にして常温保存できるよう加工してましたね。
 ま、その分買い物に行く頻度が増えて、時間とガソリン代がもったいなかった面もありますが…。
 キャンプ用のガス冷蔵庫を導入した頃も、クーラーボックス程度の容積しかないから冷蔵保存する食材を厳選してたわけです。


 山暮らし10年目に電気が開通して以来、あらゆる面で生活が便利で楽になりましたねぇ(こうしてネットもやってるし)。
 私は独り暮らしだから、生活(家事)に取られる時間を節約でき他の作業に使えるようになったこと自体は画期的でした。
 特に発電機を回さなくとも電動工具が気軽に使える大工仕事は、とても効率的で仕事がはかどりましたよ。

 …電気も水道もない状況で、仕事に通いながら生活する(さらに当時は家の建築中だったし)忙しさは、経験者以外には理解できないことでしょうけど。

 その反面、便利さに負けて堕落したり失ったものもあるような気がしてます。
 今は電気のある生活じゃないと困るけど、もしも家族がいて役割分担をきっちり出来るなら「電気のない生活」ってのも価値あるものかもしれない?…なんて考えたりもしました。

 


スポンサーサイト

テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/889-912574e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。