でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山を登った鮭

 相棒の親戚が漁師さんでサケ(鮭)をたくさん頂いたそうですよ。
 そして我が家にもお裾分けがやってきました~ (^o^)



 もちろん一匹丸ごとの生で今朝水揚げしたやつだそうです(海で捕ったやつだから、身にブナと呼ばれる色はあまり入ってません)。だから今日中になんとか処理しないといけませんね。
 ちなみに私の魚をさばく腕前は全く自慢できるもんじゃなく、とりあえずハラワタを取り除き頭を落とすまでは苦にならないが、半身におろしたり刺身に切ったりは話にならないレベルです。
 なので処理後の写真は恥ずかしくてお見せできません …f(^_^;


 内臓類ですが白子は冷凍にし、心臓は塩コショウで串焼きにしました。
 血合いはスプーンですくって塩醤油漬けにしたけど、これは「めふん」と呼ばれる塩辛になります。
 …一応北海道でサケの水産加工バイトを5シーズン経験してるから、腕はともかく食べ方はそれなりに知ってるわけです。
 他の内臓も食べ方があるみたいだけど、後はカラスにお裾分けですかねぇ。

 それとサケの頭は大好物で、切り身と頭が出てきたら私は間違いなく頭を選んで食べますね。
 たっぷり塩して(減塩なんて知ったことか!)冷蔵庫へ。塩が回ったら冷凍して、後はめでたい日にでも食べましょう (^o^)

 で、身の方は今回「醤油、みりん、日本酒、香辛料等々」の調味液に漬け込んで冷蔵庫行きです。
 これはまた後で保存用に加工する予定でいます。
 
 
 というわけで突然我が家に上陸したサケでしたが、大切に食べれば1匹が1ヶ月分くらいのおかずになったりもします。
 北海道で知り合いの爺ちゃんに聞いたけど、子供の頃は塩分たっぷりの「塩鮭一切れ」でご飯が何杯も食べられたそうですよ。
 今日はまだ心臓の串焼きしか食べてないけど、考えてみたらありがたい魚なんですねぇ。


 そういや北海道の知人が作る「トバ(サケの寒干し)」の原料は「ホチャレ(産卵後の死にかけたサケ)」ですが、市販品と違った風味があるし日持ちもするから重宝する酒のつまみですよ (^-^)




スポンサーサイト

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

コメント

鮭バイ1シーズンで挫けた自分は未だ鮭不得意です、すし屋さんでも絶対イクラ頼みません、イクラのありがたみをバイトしてた賄い飯でなくなりました。

鮭は捨てる所が無いと言われる位優秀な魚らしいけど、あの加工所は凄かった、色々経験させていただきました、ほっちゃれ、ぴんこ、BB雄・・・・・・枠買いの頃の鮭投げう~~~ん、鮭ポマード、、、、火だるまピーク1.。

  • 2009/10/25(日) 01:35:34 |
  • URL |
  • 市 #JalddpaA
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

お互いにいろいろあったけど、思い出せばあの年が一番面白かった気がしてます。
さすがにバイト終了後は鮭を見たくないが、相変わらずイクラは好物で毎年作ってるし、トバもただいま制作中。

ちなみに今年のアキアジは不漁らしいね。
羅臼のスケソウみたいに獲れなくなって、そのうち高級魚になってしまうかもよ~。

  • 2009/10/26(月) 22:41:16 |
  • URL |
  • むてっぽー #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/888-247dfeb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。