でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野に咲く嫌われ者

 近ごろ旬の花といえば、セイタカアワダチソウが代表的?ですね。

 元々は北米からの帰化植物らしいが、河川の土手や空き地に休耕農地等々、大群落を作って非常に目立つ存在です。
 今年は特に大繁殖してると個人的に思ってますが、そのことを話すと仕事の相棒は「そうかなぁ…?」。ベテランの職人さんも「前からこんな調子だろ?」との返事で、私の思い込みなんでしょうかねぇ…?

 もちろん客観的データをとったわけじゃないから正確なことは不明ですが、そう思うようになった原因は今朝になってわかりましたよ~。
 それは今年初めて我が家の敷地にセイタカアワダチソウが生えてきたからです。



 たぶん毎朝見て存在を知ってたから(今になって考えると、それでも意識認識してなかったことが不思議です)無意識のどこかに刷り込まれてたんでしょう…。
 「人の気持ちなんて、いい加減なもんだよなぁ」と改めて意識した自分でした。

 そういや山を降りた平地ではありふれてるが、山の我が家で見られない植物は沢山あります。
 しかし私が生活するようになってからは、それらの植物が徐々に入り込んできましたね。
 たぶん靴の裏やタイヤに貼り付いた種を知らずに持ち込んだのかな?って考えてます。

 
 ちなみにセイタカアワダチソウはドクダミやササみたいに地下茎で増えるそうなんで、一度増えたら相当にやっかいな奴と思われます。
 今ならまだ数本しか生えてないから徹底的に駆除するのが吉かなぁ…と考えてるところです。
 我が家で繁殖しなくたって絶えることはない連中ですしね。

 ところでよく観察してみれば結構綺麗な花だったりもします。
 ヤマユリみたいにポツポツ控えめに咲いてたら人気が出たかもしれませんが、何せ他を圧倒してあの群落です。嫌われるのも仕方ないんでしょうか。


 …ま、私も会って話したこともない人から知らぬ間に嫌われてたりして、根も葉もない噂を流されたりすることがありますよ。
 一応、人でも動植物でも嫌う以上は「きっちりと確認を取った上で、自分で考え判断してからにした方がいいんじゃないかな?」と、個人的には想いますけどねぇ …(^_^;


 

スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/887-8890eb43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。