でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掘れば出てくるミミズ話

 そういや今までミミズの話を書いてませんでしたね。

 現在我が家の畑にはミミズが沢山生息してまして、土を掘れば何匹も出てきます。
 しかしそれは堆肥を入れるようになってからのことです。
 
 開墾時代は広葉樹の腐葉土や大きなススキの根(株が巨大になると根に腐った部分がある)に居るくらいで、それほど見かけなかった記憶がありますよ。
 元々カラマツやスギが多くあまり肥えた土地じゃなかったから、生息する場所が限られてたんだと思います。
 で、堆肥を入れた場所は沢山繁殖するようになりました。
 要するに餌があるからミミズが増えたわけですね。


 ミミズは有機物を食べて優秀な肥料に分解して糞として出すから「益虫」として知られてます。
 ところで植物は原則「無機物」しか吸収できないそうだから、ミミズや微生物の力で有機物を無機物に分解する必用があるわけです。
 ま、逆に言えば我が家の畑には植物の吸収できない成分が沢山あるってことですよね。
  
 「食物連鎖」ということなんでしょうが、結局は季節と植物のサイクルが連動してるのが基本で、それに微生物や虫類も含めた我々動物がからんでる形態なのかな?と考えてます。

 人間と植物(作物)のみで関係を進めれば、効率から化学肥料から水耕栽培へと進化?するのかもしれませんね。
 でも私は仕事(お金)で植物と付き合ってないから、微生物や他の動植物との関係の中で考えた方が奥深くて面白かったりします。
 その代わり暗中模索の日々で、好結果を速効で出すことはなかなかできませんが …f(^_^;


 余談ですがミミズって鳥類やモグラなどの好物みたいだし、死骸にはすぐにいろんな虫たちが集ってきますね。どうやら人間以外には非常に美味しい食べ物みたいです。
 なんて思ってたら「食用ミミズ」なんてのもあるそうで驚いたけど、話じゃ牛肉よりも高価らしいから貧乏な私が食べる機会は無いでしょうねぇ…。
 
 

スポンサーサイト

テーマ:ナチュラルスタイル - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/885-f17cb737
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。