でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪虫とカミナリ

 連休中は来客がありまして、昔の同級生でした。

 現在は歴史ある上場企業の営業職をしてますが、子供の頃から性格は地味でおとなしい人です。
 それでも異例とも言える出世をした理由を尋ねたら「決して悪口を言わずウソをつかないこと」だそうで、それは仕事に限らず「きっと人生の基本なんだろうなぁ?」と考えさせられましたよ …(^_^;



 ところで旅先の北海道で雪が降るまで何度か過ごしたことがありましたが、初雪の前に「雪虫(綿虫とも言うらしい)」が飛ぶ場面を見たものです。
 まるで粉雪みたいな虫が舞うように飛び交うわけで、それから1週間位で本当に初雪が降るから「雪虫」なんですね。

 軽く調べたところアブラムシの仲間だそうで、越冬させる卵を産むために羽が生えて飛び回るとか。
 そして以前テレビで観た話では、本州にも存在してるが夏に飛ぶから目立たず「雪虫」とは呼ばれないそうです。
 なので雪を告げる存在なのは北海道だけみたいですね。


 ちなみに我が家の地域じゃ雪虫は飛ばないけど、ちゃんと初雪を知らせてくれる現象がありまして、それは「カミナリ」です。
 カミナリが鳴ると数日中に初雪があるわけで、そうなるとまだ終わってない冬支度を慌ててやりますよ。
 ま、カミナリ自体は空気が不安定になると発生するらしく、春の訪れや梅雨の前後にも鳴るわけで、私に季節の変わり目を教えてくれますね。


 もちろん春は新緑や山菜、秋は紅葉といった具合に一目でわかる季節の変化もありますが、目に見えない部分だとカミナリや空気感の変化みたいに他の現象で認識する部分もあります。
 
 五感を(六感も?)働かせながら季節や時の流れを知る生活も「山暮らし」における楽しみのひとつですねぇ…。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/874-89c05650
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。