でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花で見る家庭菜園

 政治や思想ネタを書かないことにしてる私が、選挙の話題を2日続けて書いてしまいましたね。
 でも今日からはいつも通り「他力本願の政治」でなく、「自力+自然の恵みが頼り」の山暮らしネタです。


 昨日今日は野良仕事の合間に野菜の花を撮影してみました。
 日常の中で普通に見てるけど、観賞用には地味すぎるが味わいのある花達だと思ってます。

 そんな中で観賞用にイケるほど美しいのがオクラの花ですね(相変わらず雑草だらけの見苦しさはご容赦を)。



 写真じゃ白っぽく見えるが、実際は淡い黄色と赤の組み合わせがとても綺麗ですよ。
 それと1日しか咲かない花なんだけど、腐って散るような見苦しいまねをしないで几帳面に閉じるのが、花だけじゃなく生活態度も美しくて頭が下がりますよ…。
 

 こちらはニラの花です。小さくて地味だけど可憐な花だと思います。



 ニラは美味しいけど臭い野菜ってイメージだが、花は以外と人気みたいでハチ類はもちろん沢山の虫が訪れてますね。
 写真は昨日撮ったものだけど、カナブンみたいな大きな虫は今朝見てもまだ居ましたよ。…常連なのか、居心地がよくて寝泊まりしてるのか知りませんけど。
 

 今年のイチゴは夏以降も花を咲かせ続け、ランナーを出しながらも実を付けてます。



 だけど長雨の影響か、せっかく実っても色付く前に腐ってしまう状態でして、今年はまだ数個の実を食べただけですよ~。


 今年一番元気な野菜はインゲンマメでしょうね。
 「食いきれないからもらってくださいっ!」と人様にお裾分けしてる状態だし、豆の成長が早いから毎日収穫しないと追いつかない勢いですよ。



 全盛期は過ぎたけど新しいツルも伸びてることだし、もうしばらくは収穫が続きそうです。
 しかし私が植えたマメ科の花は、スミレみたいに地味なものばかりですね。


 インゲンと並んで元気なのがピーマンです。



 すぐ隣のナスはテントウムシとバトルをしてて(最近は負けなくなってきたなぁ)、ピーマンも付きまとわれてるけど相手にしてませんね。
 剪定とかの手入れを全くせず放任してますが(様子を見ながら支柱を立てたりはしてる)、雨や寒さにも負けない(雪が降るまで実ってるし)丈夫な野菜ですよ。
 その隣のシシトウも一時期弱ってヤバい状態だったが、最近は勢いを取り戻しつつあり虫にも負けなくなってきてます。

 ちなみにナス科野菜(ナス、トマト、ピーマン、シシトウ、ジャガイモ等)はテントウムシ(星が多くて羽にツヤのない奴)が「害虫」で、今年はさんざんやられました…。


 というわけで、野菜の花達を少しだけ紹介してみました。
 人の役に立つ実りの花は「おおむね地味で目立たない」ということが、今回お伝えしたかったテーマでした …f(^_^;

 


スポンサーサイト

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/838-5919b562
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。