でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅雨時期がシフトしたと考えてます…

 …ところで本当に梅雨明けしてるんでしょうか?
 今年は例年にない天候が続いてるから、最近ずーっと気になってることですよ。


 家庭菜園から考えてみるに、春は低温が続いて(突然暑くなる日もあった)種まきしてもなかなか発芽しないし、苗もさっぱり生長しない。
 梅雨入り宣言が出てもまともに雨が降らず、何となく弱って枯れてしまう野菜も結構ありましたね。

 それでもトマト、ナス、キュウリは順調に育ち収穫できてたんだけど、梅雨時に突然の猛暑日が続いたことがあって、それで一気にやられてしまいました。
 とにかく天気の変動が激しすぎて、野菜だけじゃなく人間の体調もおかしくなりそうな猫の目状態な日々ですよ~。
 …おかげで市販苗のトマトは全滅寸前だし、キュウリも一番貧弱だった奴を除いて枯れてしまいました。ナスも1本だけ元気なの以外は半分枯れた状態で復活のチャンスを伺ってるみたいな状況です。

 個人的な見解で正しくないかもしれませんが、例年なら梅雨時は雨の恩恵で体型を整えながらも地中ではしっかりと根を張り巡らせて(のんびり優雅に見える水鳥が水面下で忙しく足を動かしてるみたいに)梅雨明け後の猛暑に立ち向かう体力をつくってるのがパターンみたいな気がしてます。
 だけど今年はとても変な天候でリズムに乗ることができず、不足事態を乗り切れる能力の個体以外はダメージを受けてる感じですね。
 しかし結局「変化に強い?」個体は大丈夫だから、平凡で並以下の個性と能力な野菜には試練の年なのかもしれません。

 そういや雑草たちも生育が遅くて、おかげで草刈りを手抜きできてるんですけどね。


 ちなみに我が家から町におりる途中の林道端に「山の畑」が1カ所あって、いつも通りすがりに観察して参考にさせてもらってます。
 で、20本くらい植えてあるナスが当初は我が家と違いとても元気で「やっぱベテラン農家の作る野菜は違うよなぁ…」と思ってたが、やはり例の猛暑にやられてからは元気な株が数本だけになってしまいましたねぇ。
 ここでは毎年見事な実りを見せてもらってるけど、ナスとジャガイモが酷い目に遭ってる様を見るのは初めてのことですよ(もちろん我が家もです)。


 ところでこんな気候でも元気いっぱいな野菜(イチゴ、トウモロコシ、カボチャ類等々)もあるわけで、個別の生育状況は気が向いたら後日に書いてみる予定です。


 というわけで現時点で考えてることは、今年は梅雨が10日前後ずれてる上に例年にない展開の天候になってるのかなぁ?という感じですね。
 だから個人的にはまだ「梅雨明け前」だと思ってますよ。
 
 植物だけじゃなく山の生き物たちも(そしてたぶん私自身や世の中も)イレギュラーな溝にハマって、おかしくなってるみたいな気がします。

 うん、そんな時はお気楽に構えながらも「直感と思いつき」や、臨機応変に対応できる「いい加減さ」を温存しとくのが吉なのかもしれない。…などと「お馬鹿さん」なことを考えてるこの頃でした (^_^;


スポンサーサイト

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/792-fc1e479a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。