でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンニャクの葉をながめながら…

 今年初挑戦のコンニャク栽培です。
 個体差はあるけど無事に葉が出揃いました。


 ところでコンニャクの芽はこんな感じ。



 なんかピンクの豹柄模様みたいで、南国の派手さ妖しさを感じました (^_^;
 ちなみに原産地は東南アジアで、熱帯の植物なんですね。

 葉が開くとこんな感じで、初めて見る姿だから違和感がありますよ。



 ま、私が知るサトイモの仲間ってマムシグサとか妖しげなのが多いから(ミズバショウもそうでした)別に驚きませんが、奇妙な面白さがあります。
 あと見たところ沢山の葉が付いてるように思えるが、実はこれ全体が一枚の葉っぱなんだそうですよ~。

 今回は10個植えた全部に芽が出たんだけど、2本はある日ポッキリと折れてしまいそのままですが、復活するのでしょうか?
 たぶん勝手に折れたというより折られた感じだし、珍しいモンを見つけるととりあえずちょっかい出すアイツの仕業かもしれませんが、確かめようがありませんねぇ(日本語が通じない相手だし)。


 コンニャクは収穫まで数年かかるし、冬は掘り起こし暖かい場所に保管して春にまた植え直す必用があります。
 さらに食べられるように加工するのが手間だし(有毒なので生食できません)、どう考えても店で出来合い品を買った方が話が早くてお得だと思いますよ。

 だけど去年の秋に地元婆ちゃんの「自家製コンニャク」を食べさせてもらって以来、市販品と全然違う(別物と言っていいかも)あの味と食感に魅せられてしまいました。
 だから上手く出来るかわからないけど、何とかあれを我が家で再現してみたいっ!と考えてるわけです。

 もちろん、ちょっと変わったモンを作ってみたい好奇心もあるんですけどねぇ…(^_^)
 


 

スポンサーサイト

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/775-5ca9b4f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。