でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家庭菜園の近況

 今日は久々に野良仕事が一日できました。

 アオムシ対策に防虫ネットを掛けたキャベツは結球して、それらしい形になりましたね。



 もう小さな草には負けないから、ネットをはずしてタケニグサ等の大きな雑草だけを刈り取りました。
 初めてつくったキャベツは一部が虫にやられたり腐ってしまったのもあるけど、おおむね順調みたいです。

 キュウリは着実に伸びて実を付けはじめてますよ。
 


 実は写真の下にあと数日で収穫できそうなのが実ってまして、今週中には自家製キュウリの糠漬けが食べられそうです。
 この調子なら梅雨明け頃には食べきれないほどの量が連日収穫できるはずだけど、どうなることでしょう。
 そしてトマトやナスも開花して小さな実を付け始めてますが、低温障害?の影響を受けてる感じですべてが順調とは言えない状況です…。

 こちらは去年種まきしたアスパラ。



 鉛筆の芯くらいの細さだから、まだ食べられませんね。
 来年は収穫したいが、肥料をやると例のイモムシに食い荒らされてしまうのが悩みのタネです。

 で、こちらも2年目のニラ。



 種をまいた去年は糸みたいに細かったけど、やっとニラっぽい葉に生長してきました。
 大きな株は今年中に収穫できそうな感じで、自家製ギョーザと醤油漬けが楽しみです (^-^)

 ズッキーニは甲虫野郎の攻撃で次々と出てくる葉を全部食われてしまうから、負けないくらい生長するまでビニールで囲いをしてみました(写真は10日くらい前に撮影)。
 支柱は市販品を買うのがもったいないんで、去年頂いてきた竹を割って作ったものです。



 カボチャやメロンも被害が酷いから同様の対策をしてみたところ奴らも侵入しにくいみたいで、少しはやられるけど効果ありましたね (^o^)
 もう大丈夫だろうと思って囲いをはずして見たら、小さなつぼみ(雌花が実になる)がすでに出てましたよ。




 そういや例年にない出来事といえば、今年は今のところウリ科野菜に毎年恒例の「ウドンコ病」が発生しませんよ~。
 そのうち耐性がついてちゃんと実るから放置して無問題なんだけど、毎年出るものが出ないのは変な気分です。
 
 それと今年は天候不順というのか何とも中途半端な気候が続いてて、スカッと晴れたり雨が降ったりする日が少ない。
 気温の上がらない日も多くて今日も15℃は超えたけど20℃までいかない一日でした。だから作物の生育が思わしくない上に、何となく弱って枯れてしまう個体が例年より多いですね。
 それでも健全な個体は順調に生育してるから大丈夫だろう、とは思っています。
 

 ま、今年は人間だけじゃなく植物にも「弱者には厳しい」年なんじゃないか?と考えてるところですが …(^_^;

 
 

スポンサーサイト

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/745-95e8dbb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。