でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰痛から思い出話

 昨日は腰を痛めてしまったことを書きました。
 なので静養のため、今日は「完全休養日」です。

 今朝もいつも通り6時に目覚めたわけですが、2度寝3度寝して10時を回ったところで起きました。
 さすがにいつまでも寝てるのは飽きるし農作業はしないことにしてた(見廻りや苗の水やりはしたが)んで、今日は普段やらないまま放置してる雑用を腰に負担がかからない程度にボチボチ片付けることにしました。


 で、まずはPCですね。
 実家から持ってきたままで構ってるヒマのなかったメインPCを使用できるようにしました。
 山に戻ってからは面倒なんでサブのPCをずーっと使ってたが、せっかく昨年組んだ「クアッドCPUにデュアルモニタで、お気に入りのメカニカルキーボードにUSBオーディオの組み合わせ」を眠らせておくのはもったいないわけです。
 というわけで腰痛のおかげで、やっとメインPCを使ってブログが書けるようになりましたよっ (^_^;

 後はガスレンジの魚焼きグリルの掃除とか、普段できないわけじゃないが面倒で後回しになってることを思い出してはやってみました。


 そして夕方から暗くなるまで、外で久々の焚き火をしてみました。
 来客中は定番的行事だけど、考えてみたら独りで焚き火するなんて何年ぶりでしょうか。ま、薪ストーブがあるから寒い日は屋内で焚き火してるわけですが…。
 腐りかけでストーブの薪には適さないし、堆肥に入れるには太すぎる枝や廃材がけっこうありまして、それらを拾い集めては焼却処分って感じですね。

 

 昔、といってもテント生活から仮小屋時代の頃までだけど、毎晩のように外で焚き火をしてました。
 テントや仮小屋はとても狭いから外で自炊した方が効率的だし、敷地やログ建設の端材を片付ける意味もあって夜は焚き火と過ごすのが日常でしたね。
 
 そういやあの頃、毎夜の焚き火を観て独りで飲みながら「いつかこんな生活を懐かしく思い出せたらいいよなぁ…」と想ったものでした。
 もちろん手造りのログキャビンを完成させ、念願の文化生活を実現させた自分をイメージしてたわけです。
 …当時は電気も引いてなかったし、今みたいにポンプで水を引く水道システムもなく崖を降りてはポリタンクで水を運んでくる生活だったから、たかがドラム缶風呂だって入浴するまで半日仕事だったんですよねぇ。

 
 運良く当時の念願が実現したから、今の生活があるんですね。
 ま、腰痛のおかげで「あんな生活を懐かしく思い出せた」わけですし、たまには焚き火でボケーッとしてみるのもいいかな?と思った次第です …(^o^)
 



スポンサーサイト

テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/737-8b41a899
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。