でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もジャガイモ話

 今年植えたジャガイモですが、芽かきと土寄せ作業は終わってます。
 後は様子を見ながら再度土寄せするくらいで、何事もなければ収穫まで放任モードとなります。

 開墾しながらの植え付けだったけら、最初に植えた「メークイン」と最後の「インカのひとみ」では1ヶ月くらいの時間差になってしまいました (^_^;
 なのでメークインや男爵は花が咲き始めてますが、インカのひとみはまだ10㎝程で虫に食われて負けそうな状況ですよ~。
 ま、欲張って約百個の種イモを植えてしまったし、月の半分くらい人様の仕事に出てるから作業が思うように進まなかったわけです。


 しかしジャガイモって生育が早くて驚きますね。
 芽が出て1ヶ月前後で大きくなり花を咲かせてしまうし、2ヶ月くらいで新ジャガを試食できる。確かに肥料さえあるなら救荒作物のナンバーワンだと思いますよ。
 

 今年は6畝作ったうち男爵、メークインといった定番と紅イモ(レッドムーン)を1畝ずつ。残りの3畝は9種類のイモを分けて合計11品種も植えました。
 なんで多品種作るのか?と聞かれても「趣味なんですっ」としか答えようがありませんね。来年は品種をもっと増やそうかと考えてるくらいですし…。
 新たに種イモを買ったのは「レッドムーン(紅イモ)」と「はるか」で、「男爵」「メークイン」「シャドークイーン(紫イモ)」「インカのひとみ」「キタアカリ」は昨年作ったのを種イモにしてますから我が家の世襲議員で、メークインは3代目となります。
 他は旅先で買い求めた珍しい食用イモを種に植えてみました。

 特に期待してるのが「はるか」という北海道産の新品種?で、コピーによると「メークインより味が良く、男爵より多収穫!」で病虫害にも強いそうですよ~。…それが本当なら来年植えるメインになりそうだけど、どうなることでしょう?
 葉っぱ等の見た目は男爵にそっくりで、バランスの良い堂々とした姿ですねぇ。芽(茎)が数本しか出てこないから、芽かき作業がほとんど不要なのも手入れが楽ですよ (^_^)

 昨年植えた中で気に入ったのは「インカのひとみ」です。
 サツマイモみたいな色と風味が(キタアカリより)独特で、大きなイモにならないけど数は多くて独り暮らしで食べるには良いサイズでした。
 タヌキ(もしくはネズミ)どもも他のイモを荒らさずなぜかこればかり食ってたんで、動物にも好まれる風味かもしれませんね。
 今年は似たような?「インカのめざめ」って品種も植えたけど、現在どちらも虫にやられてピンチです…。

 それと紫イモも面白くて気に入ったんで、3品種植えてたりしますね。
 

 同じジャガイモでも品種によって芽の出方や花や葉、姿形が違ってて面白いもんです。
 特に紫イモはかなり独特で見てて楽しいですよ。

 でもやっぱ男爵がイモだけじゃなくその姿も「威風堂々」としてるように思えて一番好き、というか安心して見えるように思えますねぇ…。



スポンサーサイト

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/734-6d0652eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。