でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イモやカボチャを植える意味

 今年はジャガイモを百個くらい植えてしまいましたよ…。
 おかげで昨年までの家庭菜園スペースが足りなくなって、新たに開墾してる状況です。

 ナス、キュウリ、トマト等の定番野菜は例年どおり数本ずつしか植えてないけど(それで十二分です)、今年はイモ類やカボチャにトウモロコシ等の植え付けを大幅に増やすつもりでいます。
 …その理由は「主食になり得る作物」だからです。


 ジャガイモは収穫までの期間が短くて、男爵やメークインなら大きめのイモが多収穫できますね。
 サツマイモは無肥料でも良く育ち、ツルも食用になります。
 どちらも乾燥地を好むから雨が少なくても無問題で、昔は救荒作物として植えられたそうです(欧州ではジャガイモが麦と並ぶ主食だそうですが)。
 カボチャは食糧難の戦時中によく作られたそうで、無肥料でもそれなりに実ることを昨年目撃しましたよ。

 今年新たに植える予定のひとつがソバで、土地が痩せて気候が厳しくても育つ穀物だから(そんな信州の名物ですね)試してみたいと思ってます。
 トウモロコシ(北海道ではトウキビと呼ぶ)も主食となる穀物ですが、個人的には一般に売られてる甘味種より飼料用のデントコーンを植えてみたいですね(甘くないトウキビが好きなんで)。

 ところで先日仕事で遠出した時に「赤もろこし」ってのを、地元の物産センターで入手しました。
 アワ(粟)より粒が大きく効率的かと思い種として買ってみたけど、帰宅してよく見ると精白してある感じで蒔いても芽が出ない気がしてます…。
 そういや昔、実家にセキセイインコが居たんだけど、奴の餌が殻付きの雑穀でして鳥籠の下でアワやヒエが実ってたのを思い出しましたよ。
 …百円ショップで鳥餌を買って、蒔いてみようかとも考えてみました。


 ちなみに主食のナンバーワンはやはりコメだと思います。
 日本人だからかもしれませんが、毎日食べて飽きないのが不思議でなりませんよねぇ~。


 ところが我が家は自然落下で水を引けない環境だから、肝心のコメ(稲)だけは作れないわけです (^_^;
 陸稲(おかぼ)という畑で作れる稲もあるんだけど、不味くて収量が劣り連作障害もあるとか。それ以前にこの地域では作ってないんで種籾の入手ができませんよ…。
 もしも食糧危機の時代が来てもコメだけは知人のつてを頼って何とか手に入れるつもりですが、非常事態も考えて主食代わりになる作物を作れる体制にしておきたい希望があります。

 例えばジャガイモ一株から5個のイモが採れると仮定します。
 イモが5個もあれば、少食な私は一日分の主食になるから百個の種芋が百日分の食料となる計算ですね(予定どおりに行かないのが山暮らしの常ですが)。
 他のイモやカボチャにトウモロコシ等も合わせて作ることを考えれば、コメが食えなかったとしても一年分の食料が何とかなるんじゃないか?と考えてみるわけです。


 私は多額の退職金や厚生年金をもらえない身分だから、お金に依存する生活の老後は全く期待できません。
 ま、過去に定職を捨ててしまった自己責任だから仕方ないのですが、その代わりに自身が現物支給で生きる術を模索する必要があるのかな?と思ってるところです。

 それが山暮らしも含め、今の私が得られるかもしれない「安心安全」なんですよ…。

 
 

スポンサーサイト

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/726-3379ec6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。