でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年度の堆肥事情

 我が家で家庭菜園のメイン肥料は堆肥です。
 まじめに自給自足を考えるようになった一昨年から本格的に作りはじめました。

 堆肥を積んだら翌年に完成というパターンだから今年使うのは2度目の作品ですね。
 去年は家庭菜園全体に使うには量が足りなかったんで、今年の分は5倍くらいに増やしましたよ。
 それでも今年は開墾して面積を増やしてるから、さらに積む量を増やさなきゃと考えてます。

 材料は落ち葉に青草枯れ草と生ゴミ、ついでに木の枝や腐った廃材も入れてしまいます。それに鶏糞を投入してEM菌を加えながら発酵させてます。
 豚糞や牛糞でなく鶏糞を使うのは単に一番安いからという理由です。…20㎏の袋が150円くらいで買えますからね。
 鶏糞以外は身の回りにあるモンばかりで、手間だけでおカネがかからないのがメリットなわけです。


 で、堆肥の出来具合なんですが、3カ所積んだうち2カ所が雨漏りを起こしてグチャグチャになったり水分の足りない部分もあってムラがありましたね。
 濡れた所ははいいけど乾燥気味の部分は完熟してるか少々不安です(鶏糞独特の臭いがないんで大丈夫とは思うが)。
 経験上の話ですが未発酵の鶏糞は作物に障害が出やすく、最悪枯らしてしまうから直接使うのが恐ろしいんですよねぇ…。
 
 だけど残り1カ所は雨漏りもなくて、私がイメージしてた堆肥に近いものが出来ましたよ (^o^)
 それでも上部は乾燥気味で落ち葉等が原形をとどめてますね。やはりムラ無く仕上げるには定期的な切り返しが必要みたいだけど、1度やってみたが面倒な力仕事で結構大変でした。

 鶏糞の固まりが出てくると潰して様子を見るのですが、全く臭いもなくて砕くと土と変わらない状態になるから上々だと思いました。
 出来上がった堆肥はそのままにせず、後の野良仕事で使いやすいよう空の肥料袋に詰めておきます。



 それに堆肥を積んだ場所は土が肥えてると思われるから、さっさと撤去して跡地に野菜を植えない手はないと思いますしね。

 ちなみに木の枝や材木類は1年じゃ腐りきらないのも多いんで、選別して今年積む堆肥に再投入してます。


 理想的には無肥料不耕起の「自然農法」を最終目標にしたいのですが、先日書いた事情等もあって当分は堆肥作りが続きそうです。
 ま、いずれにせよトイレの人糞は処理しないといけないから、最終的でも人糞撒きだけはしないといけませんがねぇ…。


 ところで去年ジャガイモを堆肥で作った経験から考察するに、ジャガイモの時は良かったけど後作の野菜がチッソ不足気味になった気がしてます。
 もちろん見た目判断の素人考えなんですが、その経験から今年は鶏糞にプラスして「油かす(チッソ分が多い有機肥料)」他の投入も試してるところです。
 ところが油かすは20㎏袋が1000円くらいするんで鶏糞と比べたら非常に高価ですよぉ…。
 安く仕入れる店やルートを探すか、替わりになる安価なモノを考えなくちゃですねぇ。

 そういやこれは、たかが落ち葉やニワトリのクソが腐ったやつなんだけど、堆肥の袋がコケて地面にぶちまけたとき思わず「ウワァ~もったいねぇっ!」と叫んでしまいました (^_^;
 生まれ育った都会生活の感覚じゃ「土みたいなゴミ」にしか過ぎないのだけど、現在山暮らしの私にとっては今じゃ貴重で重要なモノなんですよねぇ…。


 そんな調子で堆肥を作るのに自分でいろいろ考えては試行錯誤するのが結構おもしろくて、このまま何年もハマりそうな「趣味」になる予感がしてますよ~ (^o^;

 


スポンサーサイト

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/704-b8380963
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。