でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糠床3年目の復活

 私は漬け物が好きだから我が家で糠漬けを作ってます。

 容器は25㎝×18㎝で高さが10㎝位の100円ショップで買ったバットで、独り暮らしだからこの程度の大きさで十分です。
 毎日かき混ぜるのが面倒なんで冷蔵庫に入れてますが、低温だと好みに漬かるまで2~3日かかってしまいますね。

 ところであまりに手入れをサボりすぎたせいか、去年の終わり頃には酸味がかなり強くなり苦みも出るようになってしまいました。
 しかもそのまま放置して実家に帰ってしまったから、「山に戻ったら糠床の作り直しだなぁ…」と思ってたわけです。

 でも一応念のために糠を食べてみたんだけど去年と状態が変わらず、腹をこわさないレベルでした。
 なので「こりゃ復活できるかも?」と考えて卵の殻と塩を多めに足してこまめにかき混ぜるようにしました。さらに野菜をどんどん漬け込んで回転を速くしたら1週間ほどで酸味もほどよい状態になり、苦みも気にならなくなりましたよ。
 やはりマメに使ってやらないとダメなわけで、サボると鈍ってしまう自分の身体と同じなんですねぇ。


 ちなみに調べたところでは、卵の殻は酸味を中和させる働きがあるとか。
 そしてかき混ぜることで不快な臭いや酸味等を出す嫌気性微生物の繁殖を抑え、旨みを出す好気性微生物の繁殖を促すそうですよ。
 あと、留守にする前に大粒ニンニクのぶつ切りを多めに入れておいたのが、抗菌作用が効いて良かったかもしれません。


 というわけで今年で3年目になる糠床が復活しました。
 手入れを怠らなければ100年たっても大丈夫らしいんで、私もあまりサボらずに使ってゆきたいと思います。
 ま、私が1週間以上食べ続けても腹を壊さないから、来客に出しても大丈夫でしょう。


スポンサーサイト

テーマ:食品・食べ物・食生活 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/692-763072b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。