でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道から来た山菜

 春の山菜のひとつにギョウジャニンニク(アイヌネギ)ってのがあります。

 ニラとニンニクを合わせたような香りがしまして、最近は栽培物が売られてるのを目にしますね。
 北海道は知床産のを羅臼の方から分けてもらい、我が家にも植えてあります。
 植え付けてから確か今年で3年目ですが、定着してそこそこ育ってきましたよ。



 枯れてもどこかが生き残るように4カ所に分けて植えたけど、湿り気のある地面が好みらしく畑に植えたのは絶えてしまい、結局3カ所で生育してます。
 そして一番成長が良いのはやはりミツバが生えてる湿った場所に植えたのでした。
 初夏にはネギボウズみたいな花を咲かせ、こぼれ種から少しは増えてるみたいだけど、今年は自分で種まきしてみようと考えてます。

 成長が遅くてまだまだ細いけど今年は初めての収穫をしてみました。
 でも絶えてしまうのは困るから、できるだけ太いのを選んで間引くように採ってゆきます。それでもザルに一杯の収量がありましたよ。

 まずは夕食時に試食したけど熱を通してもかなり強烈で、こりゃ朝昼やお出かけ前には食えませんねぇ …(^-^;
 施肥も手入れもせずに放置してあるから、野生と同じ状態なんでしょう。ウドなんかも栽培物はクセが少なくて食べやすいけど、野生の山菜の方が味や香りも濃厚ですしね。


 とりあえずさっと洗ってザルに盛って水切りしてる状態で、これから醤油漬け瓶詰めにする予定です。
 そうすると長期保存が利くし、漬けた醤油も料理に使え重宝しますね。

 秋になったら生筋子を買ってきてイクラを作り、刻んだギョウジャニンニクと一緒にイクラ丼にしたら最高で、小食な私でも何杯も食べられますよ。
 …うーん、イクラ丼を想ったら今から秋が待ち遠しくなりました (^-^)
 

 

スポンサーサイト

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/685-01e0cc31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。