でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔話27 困った時に福の神!

 先日は新居に引っ越した話を書きましたが、その続きです。

 居住空間はまだ2階(屋根裏)だけですが、初めてそこで目覚めた朝は「ああ、やっと定住できる拠点が出来たんだなぁ…」と感慨に浸ったものでしたね。

 だけど生活するにはすべてが足りない状態でした。
 まず手始めに一番使用頻度の高いキッチン回りを仮小屋から移植しました。
 トイレは野外に設置してあったものを(屋根と壁はついてます)を引き続き使い、風呂も仮小屋に通う銭湯感覚でしたね。
 確か我が家内にトイレを設置したのが翌年で風呂は翌々年だったと記憶してます。
 当時1階部分は外壁もほとんど張ってない状態でブルーシートの壁だったし、作業場兼資材置き場で足の踏み場もない風景でした。


 そして何より足りないのは家財道具ですよ。
 仮小屋のは2階に移植して一応不自由なく暮らせますが、1階の居間(予定地)に置くモノが何もありません。
 すでに電気を引くことは考えてたけど、たとえ開通しても使うべき家電品も無いわけです。
 一気に家1軒分の家財を揃える予算も無いんで中古や頂き物でボチボチ増やしてゆくつもりでしたが、そんな時に幸運が舞い込んできました。
 

 私の旅仲間でもある地元の友人夫妻が実家を建て替えることになったんですよ。
 当時は子供が増えて手狭になったから実家を出て近くの一戸建てを借りて住んでたけど、実家を大きく新築することで再び爺ちゃん婆ちゃんと同居することに決めたそうです。
 …つまり1軒分の家財道具がほとんど不要になってしまうわけですねぇ。

 あの頃私は軽トラに乗ってて、仮住まいへ引っ越しの手伝いに呼ばれてたから荷物を運んだあとに不要品を頂いては軽トラに積んで持ち帰ったわけです。
 なので家電品はもちろん家具やカーテンカーペット類等々が、あっという間に揃ってしまいました。
 律儀な爺ちゃんは「来てくれた分の日当を払う」と言ってくれたけど、さすがに家財道具一式頂いた上にお金までもらったらバチが当たるんで辞退しましたね。
 さらに引っ越しの終わった旧家は「どうせ捨てるか家と一緒につぶしてしまうから、欲しいモノがあったら取り壊す前に持ってゆきなさい」とさらにありがたい話をもらったんで、キッチン回りやユニットバス等を外して我が家に持ち込みました。
 
 そういやその頃、別の友人夫妻も実家へ戻ることになって、やはり不要になったモノ(楽器類もありました)をいろいろ譲ってくれましたねぇ…。


 しかし考えてみたら私にとって「友人の新築や転居話」はとても幸運でしたね。
 これが前年までだったら頂いても保管する場所がなかったし、数年後だったら私もある程度の家財は集めてたはずだから、非常にタイミングが良かったとしか思えません。
 この件以外にも沢山お世話になってるし、そういや地元で一番長くおつきあいしてる家族ですね。
 ま、元々が旅を通じて知り合った仲間だし、転勤でこの土地に移住した事情があるから私と同じ「ヨソ者」ということで、お互い都会人感覚で気楽に付き合える部分もあるわけです (^-^)


 余談ですが外してきたユニットバスは現在我が家で活躍してますが、持ち帰ろうにも当時バラし方がどうしてもわからずに困ってたんですよ。
 業者に依頼するほどの予算も無いし…なんて時にひょっこり昔の旅仲間がツーリング中に我が家を訪ねてきました。
 そして飲みながら話してたら、なんと彼は昔ユニットバスの取り付け工事のバイトをしてたそうですよ~!「天井回りにゴムが張ってあるはずだから、それをはがすとボルト類が出てくる。ボルトを取れば後は構造がわかるはずだよっ」と教えてもらった通りにやってみたら簡単にバラすことができました (^o^)
 ちなみに彼はその後家業を継いで長期の旅行ができなくなり、我が家を訪ねたのはあの一度きり(しかも一泊)でした。
 なんだか私としては「困ったときの救世主」だったよなぁ?という気がしてならないです。


 私は元々「孤独な隠遁生活」をしたくて山暮らしを始めたんですが、結局は人様とのつながりの大切さを実感させられる事ばかりなわけです (^-^;
 というわけで、私の山暮らしは決して良いことばかりじゃないけど、本当に必用な時や困った時に予想外の幸運が舞い込むこともあって「世の中って不思議だよなぁ…」と想わずにおれません。

 

スポンサーサイト

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

コメント

あやかりたい!

すごっ!
奇跡的なタイミングで度重なる幸運!
むてっぽーさんの人徳でしょうね。

今度、宝くじ買ったら「むてっぽー、むてっぽー」と拝んでみようかな
(こんな欲張りオババには、当たりっこ無いか)v-8

  • 2009/02/25(水) 06:50:38 |
  • URL |
  • まる #-
  • [ 編集 ]

むてっぽーさんは大事なときに声をかけてくれる友人が居るからこそ
独りを楽しめるのかもしれませんね。
ずっと独りだったり、人とあまり関わりを持ったことの無い人間は
意外と孤独に弱いように感じます。
誰かと関わり、感謝する気持ちを持ってるむてっぽーさんは
一人だけで暮らしてるけど、独りでは無いんですね。
幸運が舞い込むのだって偶然ではなくて、普段の行いから
必然的に舞い込んでくるのかもしれませんよ。
なんだか支離滅裂になってしまい申し訳ないっす。

  • 2009/02/25(水) 21:24:32 |
  • URL |
  • タカユキ #axJ3H2cE
  • [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

>まるさま
誰でも幸運な時期はあると思いますが、ありがたい出来事でした。
ちなみに私はジャンケンとクジ運は全くダメで、年に数回買う宝くじも全然当たらないから2年近く買ってません。
私の方が御利益を紹介していただきたいものですよ~(笑)

>タカユキさま
実を言うと私は話し下手で四六時中人と過ごすのが苦痛です。
だから用事がない限り自分から連絡をすることもないし、積極的に人と関わるのは避けてます。…相変わらず孤独が一番好きみたいですね。

ちなみに現在個人的に付き合いのある(滅多に会う機会もないけど)大半は旅先で知り合った人たちです。
もし可能であるなら長期の一人旅に出かけてみると面白いかもしれません。

  • 2009/02/28(土) 22:28:25 |
  • URL |
  • むてっぽー #g3xRiuA6
  • [ 編集 ]

トラックバックが優香のポロリ写真って出てるのが妙に笑えてくるんですが、駄ログスマソ。

  • 2009/03/02(月) 00:55:46 |
  • URL |
  • ヒューマンダスト #JalddpaA
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

あらま、ほんとだ!

コメント欄はエロサイトの広告だらけになるから承認制にしてるが、トラックバックは全く気にしてなかったわけで…。
管理がいい加減なんで気がつきませんでした(^_^;

情報どーもです。

  • 2009/03/02(月) 22:48:43 |
  • URL |
  • むてっぽー #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/662-1b5da107
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。