でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開墾話とプチ農家への道?

 今日はホームセンターへ買い物に出ましたが、そこでジャガイモの種芋が売られてました。

 温暖でほとんど雪の降らない南関東では、そろそろ植え付けの時期なんですねぇ…。
 植えたことのない品種がいくつかあったから思わず買いそうになったけど、そういや高層団地の実家では場所がありませんでしたよ (^_^;


 今の調子で温暖な気候が続くなら、来月中には山に戻ってジャガイモの植え付けをしたいものです。
 暑くなると枯れてしまう植物なんで、早めに植えて生育期間を延ばした方が大きなイモができるんですよね。
 もし来月中に帰れるなら早速開墾を始め、現在の倍以上に農地を増やしたいと考えてます。


 ちなみに我が家のように無農薬の家庭菜園はある意味「雑草との覇権争い」みたいな部分がありまして、特に開墾したばかりの場所は面倒だけど除草をしないことには先住民の草たちに負けてしまうのが現実です。
 …ところがジャガイモを植えてる間は回りにほとんど草が生えてこないんですよねぇ。
 例えばミョウガは葉が茂ると株元が暗闇状態になって除草いらずなのは理解できますが、ジャガイモの場合はそこまでは葉が茂らない。なのに他の草がほとんど生えてこないから不思議なもんで、収穫後もしばらくは草が生えてこなかったですねぇ。
 
 その理由はこれから調べてみるつもりですが、とにかく去年開墾した土地にジャガイモを植えた経験から「新しい畑にはとりあえずジャガイモかな?」と考えてます。
 あとはダイズも草に負けないし肥料もあまり必要ないから(無肥料でも収穫できるし)開墾地に向いてると思いました。


 ま、そんなに植えても私と親だけじゃ食いきれない現状で(お互い小食だし)友人にも分けて食べてもらったりもしたけど、去年の収穫分が我が家と実家にまだまだ在庫があるわけです。


 なので余った分は売ることも考えてみました。
 というのも我が家のお隣さんが小遣い稼ぎに自家製野菜を町の地元スーパーに出荷してるんですね。そこには地場野菜のコーナーがあって、農家が余った野菜を気軽に持ってくるそうです。
 お隣さんはそれで稼ぐ気もないから手間とお金のかかる農薬は使わないし、肥料も(本業が牧場だから)牛糞のみの有機栽培です。
 「お茶代くらいにしかならないけど、余ってる野菜を売る気なら紹介するよ」とのことなんで、試しにやってみようかなぁ?って考えてるところです。


 もちろんそれだけじゃ生活できる収入に全く届きませんが、自分独りと「生活する山や植物の恵み」で得られたものが人様の食卓の役に立つ、ってことを考えると何だか楽しそうな気がしてますよ (^o^)


 
スポンサーサイト

テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/656-ab83f0d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。