でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鋳鉄製の薪ストーブ その6

P7020421.jpg


 我が家にまた鋳鉄製の薪ストーブがやって来ました。これで6台目ですが、例によって「まともなの」は現在ひとつもありません。

 鋳鉄製の薪ストーブは良いですね。炎の熱を貯め込んでから遠赤外線で放出するそうで、鉄板ストーブと比べ心地よく柔らかい熱が出てきます。
 近くに干しておけば、どんな厚物でも一晩で洗濯物が乾く実用的な利点もあります。
 寝る前に薪をいっぱいに入れておけば、朝までおき火が残っていて、熱しにくく冷めにくい鋳物の性質を利用して火を絶やさないように番をすれば、真冬でも快適に過ごすことができます。

 今回のは、なんと本場ノルウェー製です。10年前のカタログで見たら定価46万円だそうです!
凄いことです。定価で見る限り、我が家での最高額商品ですよ~。あくまで定価での話ですけどね。


 ただ、これを引き取るにあたり、2つの条件がありました。

 一つ目は、もう一台の薪ストーブも一緒に引き取ること。…これはホームセンターで売ってる鋳鉄ストーブですが、これがまた錆だらけの上にガラスは割れて無くなってるし、扉のハンドルが折れて開かなくなっているしで、まぁ野外でのゴミ焼きくらいには使えるかなぁ、てシロモノです。

 二つ目の条件は、写真のノルウェー製なんですけど、鋳鉄のパネルが割れていて(鉄とはいえ鋳物は割れるんです)本体から煙が出るから、「決して室内では使わないこと」です。

 えーっと、薪ストーブって野外で使うものでしたっけ?
 まぁ、我が家に嫁入りに来る奴なんて、こんなんばっかしです (^-^;

 ついでに写真では、扉のガラスが付いていないような気もしますが、きっとこれは気のせいだと信じることにしましょうね。
ちなみにツバメの巣の下に保管してあったので鳥のクソだらけでしたが、拭いてキレイにしたら、良い見てくれになりました。
 
 ちなみにこのストーブ、昔からデザインが好きで「いつかは欲しいなぁ~」と思っていたのです。
 山の土地やジムニーの時もそうでしたが、本気で「欲しい」って思ってると、いつかは向こうからやって来るものなんですねぇ。貧乏な私には、それなりの形で来ますけど…。

  
 なんとか使えるようにして、2階の「寝室兼趣味の部屋」で、このストーブを焚いてみたいものです。
 
スポンサーサイト

テーマ:楽しく生きるコツ - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/64-99c1eeef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。