でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消えた勝手口

 我が家を建てるにあたり、絶対に作ろうと思って実行したのが屋根裏部屋と勝手口です。


 屋根裏部屋ってなぜか子供の頃から憧れてました。
 人様の仕事でたまに屋根(天井)裏に登ることがあるんですが、「ここに部屋を作りたいなぁ。構造は…」なんて今でも考えてしまいますよ。
 現在の寝室兼プライベートルームは希望どおりの屋根裏部屋です。でも妻屋根片側の勾配を変えたり(シェットドーマー?)内装もまともにやった(我が家で唯一完成してる部屋かな)から、屋根裏の妖しい雰囲気はなくなってしまいましたねぇ …(^-^;


 さて、本題の勝手口ですが、こちらもなぜか憧れてまして(出入り口が他にあるのが面白いと思ってた)キッチンの隅に扉だけはつけておきました。 
 将来的には小さなベランダと階段を作り、プロパンガスのボンベとかを置いておこうと考えてたのですが、優先順位の低い仕事なんでずーっと後回しの手つかずでした。
 で、最近考え直してみたところ必要性が全くないと気がつきましたよ。
 我が家は玄関のすぐ横がキッチンだから、わざわざ別の出入り口を作る必要がないし、扉のおかげでモノを置くスペースが犠牲になってる。しかも現在は扉の前に冷蔵庫を置いてあり、すでに出入り自体が不可能になってるわけです。

 そんな不要な扉に毎年冬囲いするのは面倒だから「塞いでしまえ~」となりました。
 アルミサッシの扉(もちろん廃材)だから、コーキングを切ったら割と簡単に外せましたね。

 こんな調子でやり直すことを想定して我が家のほとんどは釘を使わずにインパクトドライバーのビス留め作業です。これが釘だったらこうは簡単にバラせなかったでしょう。

 で、外したところでちょうど昼食の時間になったんですが、部屋の温度が一気に下がって(今日は寒い日でした)呑気に飯を食ってる場合じゃありませんよ。仕方ないから外壁を張り終わるまで食事はお預けになりました (^_^;


 本来はこのまま断熱材(早く使って処分したい在庫のひとつ)を入れて内壁まで一気に仕上げたいところですが、先日も書いたように雨が降ってもできる仕事はとにかく後回しです。
 午後からは表ベランダで基礎の続き、ベースの上に束石を立てるところまで済ませたかったから勝手口はしばらく放置ですね。


 というわけで憧れから作ってみた勝手口でしたが、結局は利用されないままに消えてしまいましたよ。
 確かに玄関とキッチンが離れてる家なら必要性があると思いますが、我が家には全く不要なシロモノでしたね。

 頭で考えただけですべてがわかる人は天才だと思います。だけど私は鈍才なんで実際に行動して考えないとわからないんですよねぇ。
 何年もかかったけど、今は勝手口に対する「憧れ」も完全に納得した上で消えてしまいました…。
 


スポンサーサイト

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/616-b87b6a87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。