でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石鹸一つで洗浄生活

 我が家の風呂場には定番のシャンプーやリンス、ボディソープに浴槽洗剤というモノががありません。
 固形の石鹸と食酢の瓶が置いてあるだけです。


 身体も髪も石鹸で洗って、少量の食酢をたらしたお湯でリンス代わり(アルカリ分の中和)に使うだけです。
 自然食やエコライフ等に凝ってる方なら普通の話ですが、一般の人からは「石鹸で洗髪して大丈夫なの?」って聞かれますよねぇ。


 でも石鹸ってのは実は万能な洗浄剤で、食器洗いや洗濯はもちろん風呂やトイレの掃除にだって使えるんですよ。
 我が家では一時期、洗剤関係をすべて石鹸にしてた時期がありました。石鹸クレンザーに石鹸歯磨きだって手に入りますし。
 トイレの頑固な汚れには、便器より柔らかく汚れより固い軽石みたいな物(軽石かな?)が市販されてまして、それで擦ると簡単に落ちますね。
 浴槽は石鹸と傷のつかないタワシで十分綺麗になりますし、特に手間もかかりません。
 セーターは今でも石鹸以外で洗ったことがなく、風呂の残り湯で押し洗いしてから形を整えて薪ストーブの脇に置いておくだけです。それで縮むこともないし、次の日には乾いて着られる状態になってますよ。


 だだ、石鹸にはちょっと面倒な部分がありまして、洗濯や洗髪だと酸(食酢やレモン汁)で中和させたり、食器洗いだとヌメリが残るからすすぎに手間がかかります。あと「石鹸カス」ってのが出るから櫛なんかは結構汚れますよねぇ(ま、外出以外は髪なんかとかしませんけど)。
 あと洗濯は水温が低いと汚れ落ち能力が下がるんで、風呂の残り湯を使うのが面倒です(粉石鹸だと溶かす手間もある)。


 そんなわけで最近は状況で合成洗剤(出来るだけ植物性を使いたいが)と併用してます。
 合成洗剤の毒性についてはエコ系の本でいろいろ書かれてますが、どこまで本当なのか私にはわかりません。
 ただ、タバコの葉を水に溶いて野菜の害虫にかけても平気な奴が多いけど、合成洗剤なら一発で死にますね …(^_^; (実験してみただけで、日常的に使ってないから念のため)


 ちなみに出稼ぎや旅に出るときは「ふきん洗い用」とかいう名で市販されてる純度の高い固形石鹸のみを持って行きます。
 これ一つで風呂や洗濯、食器洗い等がまかなえるんで、荷物を減らせるわけですね。
 さらに最近は無添加で純度100%の石鹸が普通に売られてるし、主婦の集まりが「廃油の手作り石鹸」を販売してるんで、そんなのも買うようになりました。

 …私も石鹸造りに興味はあるけど、我が家は(春の山菜天ぷら以外)揚げ物料理をしないから廃油が出ないんですよぉ。


 ところで石鹸をできるだけ使いたいのには大きな理由があります。
 石鹸は分解が早く、成分が残ったスポンジも2日もすれば泡が立たなくなりますが、合成洗剤だと1週間以上放置しても水を含ませたらちゃんと泡立ちしてくれます。

 我が家の水源は敷地から20mほど下に湧いてる、崖っぷちの天然水を利用してます。
 だから有毒な物を無節操に流すと、結局は自分の飲み水に還ってきてしまう恐れがあるわけです。

 「地球の二酸化炭素がなんたら…」とかいう壮大な話は難しすぎてよくわからないけど、「自分が毎日飲んでる水のしくみ」程度ならそれなりにイメージもできるんで、私もできる範囲で気を遣うことが可能なんですよ (^-^;


スポンサーサイト

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

コメント

はじめまして!
すてきなブログですね。

私は投資系サイトをやっています。
よかったら一度、遊びに来てください。

スキャルピング道: http://scalpingdo.com/

  • 2008/12/16(火) 11:23:28 |
  • URL |
  • スキャルパー #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

コメントありがとうございました。

私は貧乏なので投資はできませんが、身の振り方を考えるために経済には多少興味があります。

サイトを参考にさせていただきます。

  • 2008/12/16(火) 23:13:54 |
  • URL |
  • むてっぽー #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/607-5cc0a6fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。