でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自家製ピーナッツの始まり

 そういやピーナッツの収穫について書き忘れてましたね。
 ちなみに今年の家庭菜園で最も楽しみにしてた作物のひとつでした。


 酒好きの私はおつまみにピーナッツを食べることが多かったです。…表現が過去形なのは食べ過ぎるとてきめんに太るわけでして、後の減量が大変なんですよ。試しに豆を針で刺して火を付けると驚くほどの時間燃え続けます。…要するに油の固まりなんですよねぇ (^_^;
 なので最近は摂取を控えてますが時々買うのがオーストラリア産のでして、100gちょっとで200円もするんで私にとっては贅沢品?です。でも美味しいですよ。
 近ごろは国産落花生も出回る時期ですが、とにかく高価で驚きます。安い中国産の10倍はしてるから私のような貧乏人には全く手が出ませんよぉ~。

 というわけで「高いなら自分で国産ピーナッツを作ろう」ってなわけで、今年から栽培を始めました。


 ピーナッツはマメ科の作物でダイズ同様に根粒菌と共生して「チッソ肥料」を自ら調達できます。
 なので今回は薪ストーブの灰と米糠(カリ肥料)、骨粉(リン酸肥料)を植え付けと同時に少量撒いた以外は無肥料で様子を見ました(ダイズも同じです)。
 開花後のめしべが伸びて地面に潜り、土中で実を付ける変わり種のマメでして、それが「落花生」という名の由来なんですね。

 今年植えた野菜の中では最も収穫に月日のかかる作物で、収量を上げるためには地面に入りやすいよう除草や中耕が必要なんだそうです。
 ですが「でたらめ人間」の私は、夏に一度だけ草取りをして後は全くの放任で結果を待ちました。
 …で、収穫はこんな感じです。



 植え付けた時期が初夏になってしまい明らかに遅かったんでしょう。半分くらいは形になってなかったです。
 落花生の形になってるやつも、今ひとつ未熟なのが多かったようですねぇ…。
 来年はもっと早くに植え付けて、ほとんどのマメを成熟させてやりたいし、面積も増やして手入れもちゃんとしてあげようと思いました。
 それと無肥料でも十分にいけるけど、やっぱ堆肥くらいは入れた方が良さそうですね。


 ところで食べてみた感想です。
 薪ストーブで軽く炒ったピーナッツは柔らかく独特の食感で牛乳に似た風味があり、そのまま煮豆にしても美味しそうな感じですよ。
 グルメじゃないんで細かい説明はできないけど、個人的には和食的な素材だなぁって気がしましたね。 

 今年はバケツ1杯くらいの収量しかないので、大切に味わいながら少しずつ消費してゆきたいと思いました。
 
 



スポンサーサイト

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/577-b28a21ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。