でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜか元気なズッキーニ

 連休最終日の今日は屋内や家庭菜園の片付け、それと果樹の冬囲いをしてました。


 夏野菜のほとんどはすでに枯れたり収穫を終えてまして、残ったトマトもほぼ終了でシシトウはまだ実らせてるけど終了間近って感じですね。
 最後まで元気なのはバナナピーマンとズッキーニだけで、雪に降られたけどまだまだ収穫が続きそうな勢いですよ。

 

 これはおなじみの緑色じゃなく、黄色い実の品種です。
 写真に写ってる横ではヘチマみたいに巨大化した実がなってますが(30㎝オーバー)、これは種子用にと考え放置してます。



 メキシコ原産で寒さに弱いそうですが、調べて知るまではてっきり北ヨーロッパあたりの寒冷地野菜かと思ってたほどです。


 ところで我が家のズッキーニは苗を植えて1ヶ月くらいはさっぱり成長せず、こりゃダメじゃないかと思ってました。
 それが梅雨明けあたりから突然勢いづいてみるみる大きくなりましたよ。でも続けて収穫できるようになったのは秋になってからですね。
 肥料は元肥に堆肥をふた握りくらい、でもあまりに成長しないから1度だけ化成肥料を少量撒いたみたいな気もするけどよく憶えてません。
 大きくなったので支柱を立ててみたけど、隣のトウモロコシを荒らしに来たタヌキ?に踏みつけられて倒壊。でもそれからは地面を這って成長するようになり、1本の苗が1坪近くを占領するようになりましたよ。

 ちなみに支柱以外は全くの放任で何も手入れしてません。
 初期はウリ科お約束のウドンコ病にやられてたけど、勢いづいてからまるで問題にしてないって感じで、病虫害の耐性はカボチャ以上だと思いました。


 余談ですがこの野菜の存在を知ったのは、10年近く前にオーストラリアを旅したときです。
 当時はキュウリの西洋種だと信じてて(実はカボチャの仲間ですが)、「生食が美味しいのに加熱して食うとは変な連中だなぁ」と思ったものでした (^-^;
 最近はスーパーの店頭で普通に見かけるようになったけど、興味がないから買うこともなかったです。
 今年たまたま苗が安く売ってたんでおもしろ半分に1本植えてみただけのことでしたよ。だから我が家で収穫して食べたのが生まれて初めてのズッキーニ経験でしたねぇ。


 なので炒めて食べる以外の料理法を知らないし、でも簡単元気に育つ野菜だから来年も植えて料理の仕方もいろいろ調べてみようと考えてるところです (^-^)
 

 
※写真は雪が降る直前に撮影したものですが、雪の後も成長してます。大きな実は現在じゃ40㎝くらになってます。


スポンサーサイト

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/575-840114b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。