でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山の吟遊詩人?


 コジュケイという鳥が居ます。鳴き声が「チョットコイ」とか「カアチャンコワイ」などと聞こえる、キジの仲間の帰化鳥です。個人的には「カアチャンコワイ」の方が、表音的に正しいと思いますが(笑)。

 ネットで調べたら温暖な地域に生息してて、環境の厳しい雪国には居ないそうです。
でも、ここって毎冬3m前後の積雪がある地域なんですけど居ますよぉ。少なくとも私が山に来たときからずっと…。

 ちなみに、この山で一番鳴き声が気に入っている鳥です。というかファンですね。
例の「チョットコイ」で鳴くのはほんの一部で(これもいろいろな編曲パターンがありますよ)、他の鳥と違って様々な鳴き声のバリエーションを持っています。落語家や浪曲師みたいに、喜怒哀楽の表現豊かな芸達者です。
 私は近くで鳴き始めると、鑑賞したくて外に出るほどです。
単なる鳴き声というより、歌って語っているように聞こえるから聴いてて飽きません。
 朝早くから暗くなるまで鳴いていて、ホトトギスと(私と)どちらが道楽者か争っているような奴ですねぇ。

 ところでこの鳥、長年のファンだけど実は今まで、一度も姿を見たことがありませんでした。
今回ネットで調べてみて、初めてその姿を知りました。
 魚でいえばイトウやウグイのような、美しい身なりを想像していたのですが…。
まぁ、愛嬌のある姿ですし、そのうちと声と姿が一致するようになるでしょう (^-^;



P6185758.jpg

スポンサーサイト

テーマ:癒しと潤いのある生活 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/52-23acebd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。