でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間界の「けじめ」について

 先日バタバタしながら旅から戻ったのは、実はこの三連休に旅仲間の結婚式があったからです。

 原則私は葬式以外の冠婚葬祭はパスしてるんですが、去年の夏と今回は出席してきましたよ。
 というのも参加費さえ払えば、それ以外のご祝儀も面倒な形式も一切ない「人前結婚式」だからなんですね。


 ちなみに北海道では一般的な形式で、会費制のパーティー(飲み会)を開いて結婚式とする方法が珍しくないそうです。
 それなら友人たちに広く声をかけられるから、招待状を出す相手に悩むこともないわけだし、新婚で物入りの時期に負担が少なくてすむ(集めた会費で収まる程度の予算規模で開く)から合理的だと思います。

 仲間も最近は定職や家庭を持ち多忙な人も多いから、これだけまとまった人数が集まる機会がなかなかありません。
 だから新郎新婦をネタにして久々の馬鹿騒ぎができる、こちらとしても低負担で遠出する良い口実となるわけです (^-^;


 今回は新郎新婦(と仲間)のアウトドア趣味を生かした、野外で行うオリジナルの催しで、参加者たちも自主的に楽しめました。
 ちなみに去年参加した結婚式では動物の着ぐるみで新郎新婦が登場し、お色直しでは新郎がウエディングドレスで新婦がタキシード等々、既存の式をパロディにした感じで大受けでしたよ (^o^)


 ま、参加する我々としてはお気楽に馬鹿騒ぎができて、後々まで語りぐさになるような宴会(じゃなかった、結婚式)の方が印象に残って良い気がします。

 結婚したことない私にはわかりませんが、それは神仏に誓うほどに神聖なものらしいですね。
 でも人間の俗世界に無縁な「神様仏様」にしてみたら、勝手に神仏の名を出して誓われても、実は迷惑なのかもしれません。
 
 人間界のことは、同じ世を生きる人間同士で納得できる「けじめ」をつけるのが、一番良いことなんじゃないだろうか? …と思ってみたりもしたわけです。
 
 
 
スポンサーサイト

テーマ:ナチュラルスタイル - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/503-4deaf453
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。