でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羅臼で経験したトレッキング

 知床半島で実際に行った場所で、個人的なお気に入りは「知床岬」と「羅臼湖」ですね。どちらも過去に3度訪れてます。

 羅臼湖は当時メジャーな観光ガイドにはまず載ってなく、私も口コミで知り、看板も何もないんで入り口を教わってから出かけたものです。片道1時間程度の距離ですから半日コースのトレッキングです。
 終点の湖もきれいでしたが、途中に点在する名もない池が大好きです。
 2年前に久しぶりに訪ねたら木道が整備されて気軽に歩けるようになってましたし、観光バスのツアー客も大勢来てました。
 最近は入山者が多すぎるので人数を制限する話も出てるそうですが、昔のようにほとんど人を見かけることもなく「知る人ぞ知る」存在の方が良かったのかもしれません。

 一方、知床岬は行ける道がないので本格的なトレッキングとなります。
 ウトロ側からのアプローチは断崖絶壁が多いので、経験者達の話じゃ基本的に海を泳ぐのを前提とした装備が必要だそうです。羅臼岳から縦走して到達した強者もいましたが、羅臼の相泊から海岸線を歩き時々山を巻いて行くのが一般的でしょう。
 いずれにせよ日帰りはまず無理なので、キャンプで2~3泊分の装備は必要です。
 ただし、当時は入山名簿に書き込めば行くことができたのですが、現在は立ち入り禁止と聞いています。

 その他では「相泊沼(途中いくつもの滝があるそうな)」「知床岳と知床沼」「ルシャ川、ルサ川を通る半島横断」「羅臼岳縦走」等を考えてたのですが、頓挫したままです。
 というか世界遺産になってマスコミに取り上げられる機会が増えるのと比例するように規制が増え、それと反比例するように私の知床に対する興味がなくなってゆきました。たぶんもう挑戦することはないと思います。
 
 それらは元々登山やトレッキングをする人には魅力のつきない土地ですが、一般観光客が行くような場所じゃないし、その筋の書籍でしか紹介されてなかった。さらにヒグマと遭遇するリスクも多いから、ごく少数の人しか行くこともなかったわけですね。

 
 人でも店でも自然でも、あまり有名になると面倒なことが増えてしまうようです。
 「知る人ぞ知る」程度にこっそりと過ごすのが、一番楽なのかもしれませんね。
 

スポンサーサイト

テーマ:北海道 - ジャンル:旅行

コメント

昔、昆布漁の 漁師にバカ扱いされて低気圧が向かって来てるのに、こんな所に居るなんて怒られ番屋に泊めてもらい、翌日波が治まるまで乾した昆布の皺を伸ばしながらロールにして箱詰めの手伝いさせられたのを思い出します。
相泊から岬の先端まだ20km良く歩いたもんだ。
世界遺産も良し悪しかな、ウトロの集落とか世界遺産になって生き返ったみたいだね、ラウスの町も道の駅とか出来てぱっと見華やかになったような・・・・・・・、後は北の国からの影響か。
横断道路の駐車場で酒飲みながら星を見て朝日を迎えるなんてこと今はもう出来ないなかもね。

  • 2008/08/31(日) 11:03:33 |
  • URL |
  • ヒューマンダスト #JalddpaA
  • [ 編集 ]

Re:岬

あのとき知床岬へ向かう途中で食らったのは台風でしたよ。
確か念仏岩手前の番屋に拉致されて、昆布巻きの強制労働させられたよねぇ …(^_^;
今となっては笑い話ですが。

今でも知床岬は私にとって北海道最高の場所だから、あれから性懲りもなく2度も行ってしまいました。

羅臼の町は随分変わったと思います。旅行者の質も変化して我々のような連中の行く場所でなくなったような…

あと、当時お互いお世話になった棟梁は転落事故に遭い大変なことになってた。
さすがに顔だけ出して去るわけにもいかず、見舞いということで2泊しました。
もしよかったら連絡してあげてくださいな。

  • 2008/08/31(日) 20:21:46 |
  • URL |
  • むてっぽー #g3xRiuA6
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/490-35803e82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。