でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理想のキッチン …給水栓と周辺の仕上げ

 現時点でシンク(流し台)関係で最も手間と時間とかかり、考えが二転三転して悩みまくった(楽しみまくったともいう)のが給水栓周りの処理でした。


 給水栓を仕込むアイテムに使ったのは、先月17日に書いたオンコ(イチイ)の木を加工したやつです。その時は使い道を明かしませんでしたが、当時から配管を繋ぐように加工済みでした。
 台座にはヒノキを使ってます。当初はカリンかアサダを使う考えでしたが同系統の色なんで、他に予定してる材料の一部を切り取ってしまいました。


 煉瓦風タイルはレッドシーダー(たぶん)を丸ノコで製材して作りました。材料は野外に設置してた梯子を解体したものです。使い道がなくなったから再利用というわけですね。
 しかし並べてみたところ単調な雰囲気なんで、適当にバーナーであぶったりサンダーで磨いてみたりしてランダムな感じにしてみましたよ。きっちり寸法を測らず適当に切断したから個々のタイルの大きさも微妙に違ってたりします。

 目地は白セメントでラフに仕上げたかったけど施工に自信がないので、使いかけの変成シリコンシーラントをいい加減に詰めて代用としました。
 以前、薪ストーブの炉台煉瓦をきっちりと並べ、目地ゴテで白セメントを丁寧に仕上げたのですが、この手のモノは「少々荒っぽくていい加減」な方が良いんじゃないか?と、思ってたんですよねぇ…。


 ちなみに今回新たに購入した資材は、給水栓(蛇口)と一番下に使ったレッドシーダーの1×4材だけです。

 オンコ、ヒノキ、レッドシーダーといった水や腐れに強い材料ばかりで特に必要ないんですが、汚れがしみ込んで固着しないよう、一応ニス替わりの防腐塗料を塗っておきました。


 というわけで細かな仕上げはこれからですが、とりあえず形になって安心しました (^-^) 
 そしてながめてたら「シンクはステンレスじゃなく、半割丸太をくり抜いてFRPで固めて…」とか、「アルミサッシは見苦しいんで、木製の窓を新たにつくって…」とか、次々と構想(妄想)が沸いてきますねぇ …(^_^;

 

スポンサーサイト

テーマ:ハンドメイド - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/472-6ac3ea75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。