でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クワの木を考えてみた

 北海道の知人から「クワの木を送ってほしい」と依頼がありました。
 知床の羅臼に住んでる方ですが、近所にクワが見あたらないそうです。

 で、今日はクワの木を掘り起こしました。


 クワは強靱な生命力と成長の早さを持つ木でして、じゃまな場所に生えてきたら根ごと抜いておかないと後々大変なことになります。
 根本を切るだけだと再びその回りからワサワサと生えてきて、かえって面倒なことになります。
 子供の頃「攻撃するほど強くなる怪獣」ってのをテレビで観た記憶がありますが、まさにそのタイプですねぇ。

 ベランダ前のクワは背丈は50㎝くらいと小柄ですが、掘ってみて驚きました。
 毎年刈り取って3年ほど放置しただけですが太い根があちこちに伸び、しっかりと根付いてましたよ。
 
 そして敷地の隅の林道端には相当な数が自生してました。

 

 写真じゃわかりにくいですがクワの木だらけでして、道端だけでなく林道内に進出してるのもありますよ。
 というわけで迷惑でじゃまな木を優先に掘り起こしてゆきました。
 収穫はこんな感じです。



 このままじゃ発送できないので剪定をしました。剪定の仕方はよく知りませんが、とにかく何にをやっても死なないような丈夫な奴ですから大丈夫でしょう。
 で、とりあえず送れる状態になりました。



 ポット(植木鉢)には籾殻と腐葉土、それに細かい木炭を混ぜた土を使ってみましたが、それが正解というわけでなく私の気分的なものです (^-^;
 ちなみに山のクワは雌雄があるそうなので、頼まれた数の倍の本数を送っておきました(食用が目的だそうなので)。
 

 ところで林道と敷地の境に垣根を作りたいと以前から考えてました。
 で、今日の作業で思ったのは「丈夫なクワの木をきちんと植えて剪定しながら手入れをしてゆけば良い"生垣"になるかもしれない」ということでした。
 
 ま、いつ行動を起こすかわかりませんが、一応アイデアとして持っておこうと思った次第です。


 
 そういや余談ですが、林道やクワの根元にミツバがたくさん自生してましたよ。



 野生のミツバは香りが強くて、食べ慣れると市販の栽培種が物足りなくなります。…もちろん今晩の食卓に並びました (^o^)



スポンサーサイト

テーマ:ナチュラルスタイル - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/383-4a767379
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。