でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガスストップ

 昨晩、炊事中にガスが切れました。
ま、プロパンガスですから、ボンベを持って行き充填してもらえば済む話です。
我が家の水道と違い、止まったところで騒ぐ内容ではありませんし。

 ところがです…

 お店に行って驚いたのですが、本日6月1日から改正法が施行され、ボンベだけ持って行っても充填してもらえなくなっていたのです。
 消費設備(要するに調整器、ガス管、ガス台の一式)を持参して検査を受けてパスしなければ、ガスを入れてもらえないとのこと。
 しまったぁ、おととい切れてりゃ良かったのになぁ… 一日差の手遅れでした (^^;

 私はほとんどテレビも見ないし、新聞も配達してくれない(以前、申し込んで断られました)山ん中に住んでいますから、そんな世間様の話は全く知りませんでした。
 きっと未検査が原因で一般家庭に重大事故が多発し、多数の死者や負傷者が続出したのでしょう。遺族の悲しみは想像に絶えません。
 それが社会問題になって世論が盛り上がり、国民の生命と財産を守る目的で改正された法律なのでしょうね。

 ま、なんだかんだのすったもんだで充填はしてもらいました。
で、これまた法律で義務づけられたとかで氏名と連絡先を書かされ、サイン(または押印)して書面を渡されました。
 家に帰って、その書面とやらを読んでみましたが、消費設備はあくまで客の持ち物だから、客側に管理責任があるという当たり前のことが書かれています。なので消費設備の検査料は客の負担になるという、これまた当たり前のことですね。
 要は、私のように持ち込み充填者はそのたびにガス設備一式を持ち込んで、検査を受けることが義務化された、ということが改正事項なわけです。もちろん検査費はこちらの負担です。

 なんだか車検制度みたいになってきましたね。
ちなみに我が家のガスボンベに限って言えば、公道を暴走して電柱を折ったり、人をひき殺したりするような凶暴性は全くなく、引きこもりだけど、とてもおとなしい奴なんですよ。
 車と違って調整器とホースしかない単純構造ですし、ガス台の異常なんて使ってみりゃわかるし、心配なガス漏れも数千円で売ってる報知器を付ければ済みます。ちなみに使わないときは元栓を閉めてますしね。

 ところで今日からは、一般家庭でも火災報知器の設置が義務化されたそうです。
我が家にもガス台と薪ストーブがありますし、ついでに喫煙者ですから火災の原因となる危険なものだらけです。こりゃ更なる法改正が必要ですよ!
 そのうち薪ストーブにも車検のような制度ができ、喫煙は免許制になるかもしれませんね。

 便利だからと導入したプロパンガスですが、こんな調子で面倒になってゆくなら、昔みたいに灯油コンロや七輪たき火生活に戻ろうかなぁ…と考えてしまいました。






スポンサーサイト

テーマ:いなかぐらし - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/35-0b6abe55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。