でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春分の日と着道楽

 今日は春分の日ですね。
 
 山暮らしを始めてから季節を肌で感じ、意識するようになったのは収穫だったと思ってます。
 雪がまだ2m近く積もってても、ある朝突然緊張した空気がゆるんで「春が訪ねてきた」のを実感でき、とても嬉しい気分になれるんですねぇ。

 それから日の長さと昼夜の温度差、空気の質感なんかを日々感じながら「自分で季節を計る」ようになりました。
 今は出稼ぎの都会暮らしですが、先日目覚めて寮の窓を開けたら「春が来た」のがわかりましたよ。
 そしてまだちょっと寒いけど「喜びの表現」ということで上着を羽織らずに会社に行ったわけです。


 で、気がついたのは通勤途中に街を歩く人々を観てると、この時期は惰性で冬服のままの人もいれば、早速薄着になって闊歩してる人やらが混在しています。
 今回初めて気がつきましたが、空気を観ながら臨機応変に装いを換える「季節に敏感な人」は都会にもたくさんいたんですねぇ…。


 余談ですが今回は不思議と「得意の物欲」がほとんど起きず、趣味の買い物もごくわずかです(しかも1万円以下のモノを数点だけ)。
 その反面衣類は、着るものに興味がない私としては異常なほど買い込みましたね(一般の方には全然たいした量でないでしょうが)。
 ま、投げ売りの古着ばかりでセンスもないのですが、最近は気分や気候に合わせて自分なりに「着せ替え」したりして楽しんでますよ。

 今まで意識したこともなかったけど、その日の寒暖の差や外出する時間帯等を考慮しながら着るものを選ぶのって結構難しいものなんですねぇ。
 ファッションなんて馬鹿にしてた面がありましたが、やっぱその道の奥は深い気がします。これも自分の感性を表現する一手段なんでしょう。


 そして他人に見せるためじゃないけど、自分が楽しむための「着道楽」ってのも面白いよなぁ、と近ごろは考えてます (^-^;


スポンサーサイト

テーマ:季節を感じる - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/348-df51c8d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。