でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の「でたらめ金銭哲学?」

 職場の同僚から「パチンコで12万負けた~っ!」なんて話を聞くとゾッとします。
 そりゃあ大勝することもあるでしょうし、その記憶が消えないから止められないんでしょうが、約半月分の労働対価を数時間で飲まれるなんて恐ろしい話ですよ…。

 堅実なサラリーマン生活を送ってる友人のひとりは、預金に金利が付かない状況にいらだち、有利な投資先を探してるそうですが、ノーリスクハイリターンな話はなかなか見つからないそうです。
 あと株にハマってる知人もいます。ネット等を駆使して情報を集めてるけど「損してさっぱり儲からない」と愚痴ってましたねぇ。

 ちなみに私はカネとは「貯め込んだり増やしたりするものでなく"使うもの"」だと思ってます。
 使い方の上手な人は「天下の回りもの」と言うとおり、ちゃんと高利子が付いて戻ってくるんでしょう。…私は下手くそなんで「自分のためだけに消費しておしまい」ですけどね (^-^;

 
 今は給与振り込み口座の「数字」が増える一方です。しかしこれは使う前提のものですから、次の出稼ぎ前にはさっぱりと消えていますし、それでいいんですよ。
 無くなったらその都度働いて、また稼げばすむ話ですから…。

 「もし怪我や病気をしたらどうするんだ?」と人様から説教されますが、今のところ健康なもんでして、実体験しないと真面目に考えることも知恵も付かない馬鹿者だから困ったもんです。

 確かに「イザという時」のために蓄えがあった方が良い、とは思いますよ。
 しかし私のような独り暮らしで最下層の貧乏人に「そんな甲斐性は必要ないだろ?」と思ってみたりもします。
 余裕がない身分ですし、使うかどうかわからないカネを貯め込むために働く暇を、何もせずに「ボケーッ」とする時間を持った方が有意義に思えるんですけどねぇ…。

 「いずれは野垂れ死にするだけ…」とあきらめがつけば気楽なもんですよ。


 …こんな調子ですから嫁も来ませんけど、怖い人も来ませんねぇ。
 昔、怖い人からインネンをつけられたことがありましたが、私を逆さにしても小銭しか出てこないことを理解していただいた途端に去って行きました (^_^;
 「我が身を守るために蓄えを持つ」のは一般的な考えでしょう。しかし「カネを持たないことで我が身や精神を守る」という生き方を考察してみる価値はないのでしょうか?
 

 「持つ資格のない人間にカネや権力を与えてはイカン。…私は資格のない人間だから大金と関わりたくない」ようなことを先日書きました。


 そして山暮らしを始めた頃から持ってる、私の「金銭哲学?」があります。

 「カネはあるうちに使うべき。なくなってからでは使えませんっ!」
 

スポンサーサイト

テーマ:自分らしさ - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/336-2272f0ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。