でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔話6 初めての出稼ぎ

 というわけで思いつくまま、できる範囲で開墾を始めたわけですが、夏になると困った事態になりました。


 第一に私は暑さが大の苦手でして、猛暑になると苦痛で動けなくなります。…寒くなると動きの鈍るゴキブリと正反対ですね。

 第二、というかこれが最大の問題なんですが、とうとう所持金が底をついてきましたよ。
 もともとお金自体に興味がない?から「貯金」などという概念を持ち合わせてませんでしたしね… (^_^;

 余談ですが「貯蓄」だの「利殖」だの「安定した収入」とかをもっともらしく語る人達って、私から見れば「単にお金が好きな人」としか思えなかったりするんですよねぇ(たぶん私の考えは間違ってるんでしょうが、要は興味ないことには関心もないってだけのことです)。


 で、開墾はともかく生きてゆけないのは困るので、カブ号で出稼ぎに出発しました。

 …行き先は本州より涼しい北海道です。

 去年のツーリングで、北海道は旅行者でもすぐに使ってもらえるアルバイトがたくさんあることを知ってましたし、経験もしてました。
 こちらは切羽詰まって干上がる寸前ですから「履歴書、面接→採用待ち」なんて面倒なことをしてる暇はありません。
 とにかく本州を北上して「青森→函館」のフェリーに乗りました(カブの低燃費と安い船代には助かりました)。…そして北海道の地に立って、いきなりバイト探しの情けなさです (^^;

 …ま、いろいろとあった末に(良いバイトが見つからず、食いつなぐために農家で日給千五百円なんてのも、しばらくやりました。時給じゃなくて日給ですよ…念のため)道内で一番稼ぎが良いと言われる水産関係のバイトを見つけました。

 しかし今までの経験でベスト3にランクインする重労働でしたよ。一緒に入った人達は音を上げてあっさり辞めてしまいましたが、こちらは帰りの交通費もない状況なので残念ですが辞められませんっ (^_^;
 ま、そのおかげで帰りの旅費はもちろん、当座の生活費を持ち帰れたわけです。

 で、この経験から学んだのは「必用な予算はあらかじめ稼いでおくべき」という当たり前の事と「目的があれば大抵の重労働にも耐えられる」という自信でした。…なんか全く自慢になってないというか、自分の馬鹿さ加減を暴露しただけみたいな気もしますが f(^-^;

 というわけで一応学習したから、その冬は「キツいけど稼ぎの良い仕事」を選んで出稼ぎに行きました。北海道(と沖縄)は労働の割に本州より賃金がかなり低いので効率よく稼ぐのには向いてませんしね。


 現在も収入の大半を出稼ぎ時期に得る生活パターンです。
 つらい仕事は時期を決めて一気に稼いだ方が、後が楽ですからねぇ…。

 
スポンサーサイト

テーマ:快適な生活のために - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/301-974bef23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。